プリンタ―レンタルサービス「プリント革命」は高品質プリンター、高水準サービス!

プリント革命では高品質プリンターのレンタルができて、なおかつ高水準サービスを受けられます。

またレンタルできるプリンターは、数多くのラインナップから選ぶことができます。
契約体系と料金体系は、分かりやく迷うことなく契約できます。

今回は、プリント革命のラインナップ、契約体系と料金体系、高水準サービスについて紹介します。

プリント革命の高品質ラインナップ

プリント革命では、高品質プリンターをレンタルすることができます。

レンタルできるプリンターの種類は、ビジネスインクジェット複合機とレーザー複合機があります。
それぞれについて紹介していきます。

ビジネスインクジェット複合機のラインナップは、BIJ-E25、BIJ-B18、BIJ-C15、BIJ-C12、BIJ-C8の5台です。
なおビジネスインクジェット複合機は、コスト重視の機種やA3印刷可能な機種があります。

BIJ-C8は、コスト重視を重視しており格安料金でレンタルすることができます。

なお機能は、フルカラー印刷、両目印刷、コピー、スキャンが備わっています。
格安料金でレンタルできて、経済的に印刷ができることが特徴です。

続いてレーザー複合機のラインナップは、CL-B30、ML-C15の2台です。
なおレーザー複合機は、ビジネスインクジェット複合機と比べると印刷スピードが速いことが特徴です。

ML-C15は印刷スピードが速いですが、格安料金でレンタルすることができます。

モノクロ印刷に限定したコンパクトな筐体設計になっていて、カラー印刷が必要とされない現場で数多く利用されています。

モノクロ印刷に限定したコンパクトな筐体設計になっていて、カラー印刷が必要とされない現場で数多く利用されています。

印刷スピードは、モノクロ27 枚 / 分のスピードで印刷できます。
そのため、印刷スピードが重要とされる業務に最適な機種です。

プリント革命は分かりやすい契約体系と料金体系

契約期間

〇プリント革命の契約期間

プリント革命の契約体系は、最低契約期間が1カ月、解約は1カ月ごと可能になっています。
開始6ヵ月以内の解約は、6ヵ月分の料金が掛かります。
また、途中で複合機の変更や追加も可能です。

契約プランの追加は「新規申し込み」、契約プランの台数変更は、電話かお問合せフォームから簡単に行えます。
【お問合せ電話番号】 0120-479-312(受付 10:00〜18:00 / 土日祝日除く)

印刷速度や発色などの印刷品質は、実際にプリンターを自分の環境で利用してみるまで解りません。
プリント革命では、本格的な導入前に実際に利用してお試しできる、7日間フリートライアルを行っています。

実際に利用してみて思惑と異なった場合は、トライアル期間の最終日正午までに、上記の電話に連絡することで、解約手続きが行われて、費用は掛かりません。

〇リースの契約期間

リース契約は、基本的に契約期間が5年から6年程度が多くなっていて、契約期間中に解約することは基本的に出来ません。
残りの契約期間分に月額リース料を掛け合わせた金額を、一括で支払う義務が生じます。

月額リース料20,000円で、期間5年で締結しているリース契約を、1年で解約する場合には、20,000円(月額リース料)×4年分(残りのリース期間である84回分)=168万円 の支払いが発生します。

リース契約には、お試し制度が基本的にありません。
実際に納入されるまで、プリンターの印刷速度や印刷品質などを、利用して確かめることが出来ません。

実際に導入してみたものの、印刷速度が利用実態に合わない場合や、印刷品質に納得がいかない場合でも、締結したリース契約を反故にすることは出来ません。

我慢して利用する事は大きなストレスが溜まり、利用実態に合わないプリンターは、業務効率を下げることにも繋がります。
かといって途中解約には、前述の様に大きな金額負担を強いられる事になります。

これは、リース料金は借りるための対価ではなく、機器代金にリース会社の手数料を加えた総金額を、分割で毎月支払っていく形態だということにあります。
所有権がリース会社にあるため、売却や譲渡も一切出来ません。
金額の張る大型複合機コピー機の初期費用が不要なのと、自社で保有しないため資産計上する必要が無く、リース料は支払経費で全額落とせる事がメリットです。

料金体系

〇プリント革命の料金体系

プリント革命の料金体系は、「プリント放題プラン」と「ライトプラン」の2種類があります。

「プリント放題プラン」は、事実上の無制限印刷し放題である月に10,000枚まで、「ライトプラン」は、一般的なオフィスで利用する一台あたりの枚数としては充分な、3,000枚までという規定になっています。

カラーやモノクロを問わず、規定の印刷枚数までは月額レンタル料のみで利用出来ます。
別途、印刷ごとに発生するカウンター料金は発生しません。

プリント革命では、月額料金の中に以下の全てが含まれます。

「初期費用」「インク代やトナー代」「保守代」「運送料」

毎月の印刷コストが、安価に固定化することが可能になります。

〇リース契約の料金体系

リース契約では、毎月決められている月額リース料が発生します。

月額リース料は、導入費用総額×リース料率 で計算する事が出来ます。
たとえば、総額1,000,000円×一般的な5年リース料率0.02で計算すれば、月額リース料は20,000円になります。

リース契約は機器をレンタルする契約とは異なり、所有権をリース会社に置いたまま分割支払いを行う形態であり、トラブルによって利用出来ない期間が発生してもリース料は免責されません。

修理が必要になればプロのサービスマンを呼ぶ以外に方法は無く、修理代は数十万円単位の高額になり、消耗品であるトナーなども高額であるため、支出を均一化してプロのメンテナンスを受けやすくした、「カウンター料金保守サービス契約」を結ぶ事が一般的です。

カウンター料金は1枚あたりの印刷単価で、印刷枚数に応じてリース代とは別に支払う必要が有ります。
カウンター料金の単価は決まっていません。メーカーや機種、それまでの付き合いや導入台数等によって変わって来ます。
印刷枚数が多く望める事業所には比較的安価に、そうでない事業所には比較的高めに設定される事がおおくなっています。
一般的な単価としては、モノクロ1枚2円・カラー1枚20円程度です。

印刷枚数に応じて支払費用は大きく変化します。

たとえば、上記のカウンター料金単価とリース料で、月にモノクロ500枚・カラー500枚を印刷した場合、支払料金はリース料の20,000円に加えて、モノクロ500枚×2円+カラー500枚×20円=32,000円になります。

印刷枚数が増えると、月にモノクロ5,000枚・カラー5,000枚を印刷した場合の支払料金は13万円になり、大きな差が出ます。

プリント革命は安心の保守サポート

プリント革命では、安心の保守サポートかつ高水準サービスが受けられます。

平日の12時までにプリンターやインク/トナーを注文すると当日中に発送を行ってくれます。
なお当日中に発送が行われると、インク/トナーが急に必要になった場合でも安心して使うことができます。

分からないことやトラブルが発生したときは、メールか電話で連絡すると専門スタッフが対処方法などを丁寧に説明してくれます。

なお、メールか電話で連絡したときの解決率は、90%以上を誇っています。
解決率が高いと安心して使うことができます。

また、メールか電話で連絡しても不具合が解決しなかった場合は、代替品の手配を行ってくれてプリンターごと交換になります。

また、プリント革命では、有料になりますが専門スタッフが実際にトラブルの対処を行ってくれる、出張サポートサービスがあります。

出張サポートサービスを利用すると、実際にトラブルの対処を行ってくれるため、トラブルの対処方法が分からないという方でも安心して使うことができます。

プリント革命では、上記で紹介した様々な高水準サービスを受けられることが特徴です。

プリント革命なら印刷品質や消耗品も高品質

 

レンタルプリンターサービスは、安価にレンタル料を設定する必要性から、純正インクや純正トナーを使用していない事が大半で、「再生インク」や「互換トナー」など純正品以外を消耗品に利用しています。

この分野の値段はピンキリで、品質にもバラツキが多い事は否めません。

「プリント革命」を運営する株式会社シーコネクトは、以前から「インク革命」という互換インクや再生トナーを販売している企業であり、その品質の高さには定評があります。

販売実績本数は1,200万本に上り、利用している会員巣は40万人以上に上ります。

品質マネジメントシステム(ISO9001)、環境(ISO14001)を生産工場にて取得しており、純正類似率90%以上の色合いと、不良品率0.1%以下を実現している品質の高さが、そのまま「プリント革命」の印刷品質の高さと、トラブルの少なさに繋がっています。