プリンター、複合機はインク1セットでどれぐらいの枚数を印刷できるの?

プリンターを買った後や新しいものに買い替えたばかりだと、インク1セットでどのくらいの枚数を印刷できるのか気になることもあるでしょう。

値段が高いインクだと、使用方法によってはプリンター本体よりもコストがかかることも。
プリンターを効率よく使うためには、容量と印刷可能枚数を把握しておくことがポイントです。

本記事では、インクカートリッジの容量や印刷できる枚数を解説します。

インクカードリッジ一つの容量

インクカードリッジ一つの容量はものによって違いますが、大体10ml~20ml前後です。
インクによっては大容量、標準、小容量の3つにわかれており、印刷枚数によって使い分けできます。同じインクでも、たくさん枚数を印刷するのなら大容量を使ったほうがお得です。

具体的にどのくらいの容量が入っているのか、キャノンのインクカードリッジの容量をいくつか見てみましょう。

メーカー インクカートリッジ 容量
Canon BCI-380XL PGBK 約25.7ml
BCI-380PGBK 約18.5ml
BCI-381BK/C/M/Y/GY 約8.3ml
BCI-381XL BK/C/M/Y/GY 約11.7ml
BCI-380sPGBK 約11.2ml
BCI-381sBK/C/M/Y/GY 約5.6ml
参考:キャノン 【インクジェットプリンター】インクカートリッジの容量について

キャノンのBCIシリーズを見てみると、インクカードリッジ380の標準は約18.5ml、XL(大容量)だと約25.7ml、です。
381シリーズは写真印刷向きの染料インクであり、少し容量が少なく標準だと約8.3ml、XL(大容量)だと約11.7mlです。

1セットで印刷できる枚数

ではインクカードリッジ1セットで具体的にどのくらいの枚数を印刷できるのでしょうか。実際のところ、印刷できる枚数はインクの種類やプリンター性能に大きく左右されます。

しかし、プリンターメーカーは型番ごとの印刷可能枚数をオンラインで公開しています。A4文書で通常印刷に設定した場合の、各社の公表数値は以下のとおりです。

機種 ブラック シアン マゼンタ イエロー
Canon XK90 2,280 519 466 519
EPSON EP4004 815 339 339 339
brother MFC-7400J 850 410 410 410
参考:
キャノン【インクジェットプリンター】インクカートリッジ1本で印刷可能な枚数について
エプソン 各プリンターにおけるイールド枚数(各色での印刷可能枚数)情報
ブラザー よくある質問 インクカートリッジ1個で、何枚印刷できますか?

色ごとの印刷可能枚数は300から2,000枚と、ばらつきがあることがわかります。
さらに顔料インクで大容量のインクカードリッジを使えば、ブラックのみで7,000枚以上印刷できるものもあります。

使い方によっては、色が偏ると特定のインクカートリッジの減りが早くなることもあるので注意しましょう。
使用しているプリンターの印刷可能枚数が気になる方は、メーカーの公式サイトで公表値をチェックしてみてください。

計画的なインクの購入がおすすめ

インク1セットで印刷できる枚数は各メーカーが公表しているとおりですが、使い方によっては数が減ってしまうこともあります。
なぜなら、時間がたつとインクは劣化してしまうからです。一般的にインクの使用期限は製造から2~3年、開封後は半年以内に使い切ることが推奨されています。

インクは購入する種類によって、コストが高くつくものもあります。まとめて買っても使用期限内に使えなければ、性能を最大限発揮できません。
使用期限を守って機能を損なわずに使うためには、計画的な購入を心がけましょう。

まとめ

インクカートリッジの容量や印刷可能枚数について紹介しました。インク一つあたりの容量は5mlから20ml前後と、型番によってまちまちです。印刷可能枚数は数百枚から数千枚と幅がありますが、詳しい数値はメーカーのホームページで確認してみるといいでしょう。最終的にはインクの寿命もあるので、自社に合ったインクの数量を管理して、使用期限内に使い切れる分を購入することをおすすめします。