プリンターに紙が詰まっていないのに紙詰まりのエラーが出る!そんなときの原因と対処法

プリンターのトラブルのうち、起こりやすいのが「紙詰まり」です。文字通り印刷中にプリンター内部へ紙が詰まるトラブルですが、ときには見た目的に紙が詰まっていないのにエラーが消えない場合もあります。

そこで今回は、プリンターが紙詰まりを起こす原因と、起こったときの対処法をご紹介。あわせてエラーが消えないときの対処法なども説明するので、紙が詰まってお困りの方はぜひ参考にしてください。

プリンターが紙詰まりを起こす原因

プリンターが紙詰まりを起こすのは、主に以下の6つの原因が考えられます。

1.プリンター内に用紙が2枚以上入り込んでいる

プリンターは1枚ずつ印刷するよう作られているので、2枚以上の紙がプリンター内に入ってしまうと紙詰まりを起こします。

給紙トレイに印刷用紙をセットしますが、ここに入れる紙の枚数が多すぎたり少なすぎたりすると、紙が静電気でくっついたりして2枚以上同時にプリンター内に取り込まれてしまうのです。

プリンターによってはトレイに置く紙の上限が決められています。ぴったりの枚数でセットすると紙詰まりを起こす場合があるので、5枚ほど少ない枚数でセットしてみてください。

2.印刷設定をしたサイズと違うサイズの用紙をセットしている

パソコンやスマホで設定した用紙サイズと、実際に給紙トレイへ入れた紙のサイズが違うことも紙づまりを起こす原因の一つです。B5で設定したなら用紙もB5をセットする必要があります。

ありがちなのが、前回印刷したときの印刷設定のまま印刷をスタートさせてしまうミスです。たとえば、前回B5で設定したのを忘れて、A4に設定済だと思ってA4用紙をセットして印刷すると、設定と給紙トレイのサイズが違うので紙詰まりを起こすときがあります。

印刷するときは都度、印刷設定と給紙トレイにある用紙のサイズをチェックしてください。

3.節約のために裏紙を使っている

試し印刷をするときは特に白い用紙を使うのがもったいないので、節約のために裏紙を使用する方は少なくないはずです。

しかし、裏紙はすでに文字や写真などが印刷されているので、インクによって静電気が起きたりゴミがついたりして、紙詰まりを起こしやすくなります。紙詰まりだけでなくノズルの詰まりの原因にもなるので、できれば裏紙は使わないほうが良いでしょう。

節約のために裏紙を使うのをやめられない場合は、紙をさばいて静電気が起きにくい状態にし、ゴミがついていないかよく確認してから使用してください。

4.プリンター内にゴミや紙片が残っている

プリンターは印刷の際にゴミやホコリを巻き込んでしまうときがあります。また、印刷時に用紙の一部が破れてしまうと、プリンター内に紙片が残ってしまう場合もあるのです。

プリンター内に異物が残ったままだと、スムーズに印刷できず紙づまりを起こします。この場合、プリンター内に残った異物を全て取り除かない限り、紙詰まりのトラブルは解消されません。

5.印刷用紙が湿気を含んでいる

印刷用紙が湿気を含んでヨレていると、まっすぐに給紙されないので紙詰まりを起こします。ヨレていなくても、湿気を吸った紙は乾いた紙よりふくらんでいるので紙詰まりの原因に。

梅雨の時期はとくに、紙が湿気を含んでいないか印刷前に確認しましょう。給紙トレイに紙を置きっぱなしにするのは避け、封を開けた用紙は密封して湿気が入らないよう対処が必要です。

6.給紙ローラーの摩擦力が低下している

印刷用紙がプリンター内に送られるのは「給紙ローラー」が回転するからです。このローラーの摩擦力が低下していると、紙が上手く送られず紙詰まりを起こします。給紙ローラーの摩擦力が低下する原因は、ローラーの劣化もしくは汚れの蓄積です。

プリンターの紙詰まりが起こったときの対処法

プリンターが紙詰まりを起こしたときは、用紙が途中で止まっていればまずそれを取り除きます。このとき、挟まった紙が破れてプリンター内に残らないよう、慎重に取り除くようにしてください。

詰まった紙を取り除いたら、

  • 給紙トレイに用紙が正しくセットされているか
  • セットされた用紙の量は適切か
  • 設定とセットした紙のサイズは合っているか

この3点を確認してから再度印刷してみましょう。

給紙トレイに置かれた紙はまっすぐセットされているか、用紙の量が多すぎることはないか、設定とセットした紙が同じかを確認すれば、多くの場合は紙詰まりを起こすことなく印刷できるはずです。

紙詰まりが起こったときの対処手順まとめ

  1. 給紙カセットや側面を取り外し、詰まった紙がないか確認する。
  2. 紙が詰まっていたら、破れないよう慎重に取り除く。
  3. 紙を正しくセットし、セットした紙の量を確認してから再度印刷する。

プリンターが紙詰まりを起こしたときにチェックすべき箇所

プリンターが紙詰まりを起こしたときにチェックすべき箇所は、

  • 給紙トレイ
  • 給紙トレイに置かれた紙
  • 給紙ローラー
  • 給紙カセット

この4点です。

先程説明した対処法でも紙詰まりが解消されないときは、再度上記4点も異常がないかチェックしてください。

給紙ローラーはゴミが詰まっていないかを確認し、ゴミがついていればアルコールをつけた布で拭き取りましょう。ひび割れて劣化をしているときは新しいものに取り替える必要があります。

それでもプリンターの紙詰まりエラーが消えない場合の対処法

自分でできる対処法を試しても紙詰まりエラーが消えない、もしくは頻繁に紙詰まりを起こしてしまうときはどうすれば良いのでしょうか?

中には分解して掃除しようと考える方もいるかもしれませんが、下手に修理をすると故障の原因につながります。すみやかにメーカーやカスタマーセンターなどに問い合わせて、必要に応じて修理をしてもらいましょう。

保証期間内なら、保証書を手元に用紙して問い合わせるとスムーズにやりとりできます、

プリンターは定期的な清掃をすることで紙詰まりの頻度は下げられる?

プリンターは定期的に清掃をすると紙詰まりの頻度を下げられます。紙詰まりを防ぐためにやっておきたい清掃と方法をまとめましたので、快適に利用するためにもぜひ今後に取り入れてください。

原稿送り装置ローラーの清掃方法

  1. 原稿送り装置のカバーを開く。
  2. 水で濡らし、硬く絞った布を用意する。
  3. 布をローラーに当て、ローラーを回しながら拭く。
  4. 汚れが落ちきらない場合、布に中性洗剤を少し含ませて再度拭く。

給紙ローラーの清掃方法

  1. プリンターの電源を切り、コンセントを抜く。
  2. プリンターについているケーブルやプラグを全て取る。
  3. 手差しトレイを開くか、トレイ内にある紙を取り出す。
  4. 水で濡らし、硬く絞った布を用意する。
  5. ローラーを回転させながら布で汚れを拭き取る。
  6. 汚れが落ちきらない場合、布に中性洗剤かアルコールを少し含ませて再度拭く。

クリーニングシートを使う

クリーニングシートとは、専用のシートをトレイにセットし、排紙させることでプリンター内部の紙粉を掃除できるもののことです。紙の粉も紙詰まりの原因になり、自分で掃除するのは難しいのでクリーニングシートを使うのをおすすめします。

クリーニングシートは家電量販店やネット通販などで購入できますから、ぜひこの機会に何枚か購入してみてはいかがでしょうか。

まとめ

紙詰まりはプリンターのトラブルの中ではとても多く、適切な対処をしないと頻繁に起こってしまいます。印刷用紙がムダになるだけでなく、起こるたびにプリンターに負担を与えてしまうので注意してください。

正しい対処をして定期的にメンテナンスも行い、できるだけ紙詰まりを起こさないようにしましょう。

× コピー機リースはもう古いデキる経営者が使っている印刷サービスとは?