プリンターのWi-Fiダイレクトとはどんな接続方法?仕組みやBluetoothとの違いを解説します!

パソコンやスマホに入っているデータをプリンターで印刷する際、ケーブルを使う方法だと、いちいちケーブルを挿してパソコン・スマホとプリンターを繋がないといけないため手間に感じます。

Wi-Fiのルーターがあればパソコン・スマホとプリンターを無線接続できますが、なければケーブルを使うしかないと思うかもしれません。

しかし「Wi-Fiダイレクト」を使えば、Wi-Fiルーターがなくても無線接続できます。ただし、どんなプリンターでも使えるわけではないので注意が必要です。

今回はプリンターで使えるWi-Fiダイレクトの接続の仕組みやメリット・デメリット、Bluetoothとの違いを解説します。Wi-Fiルーターなしで無線接続を利用したい方はぜひ参考にしてください。

プリンターのWi-Fiダイレクトとはどんな接続方法?

プリンターとパソコンを接続する際の方法は、無線接続と有線接続の2種類があります。

有線接続はUSBケーブルなどを使い、プリンターとパソコンを接続する方法です。無線接続はWi-FiやBluetoothを使って、ケーブルなしでプリンターとパソコンを接続する方法となります。

無線接続のうちWi-Fiを使う方法は、Wi-Fiルーターを使う方法と使わない方法の2通りあり、Wi-Fiを使わない方法が「Wi-Fiダイレクト」です。

Wi-Fiダイレクトは「Wi-Fi Alliance®」が開発した、無線設定方法の一つ。パソコンだけでなく、AndroidやiPhone、iPadなどでもプリンターで印刷したい際に利用できる接続方法です。

Wi-Fiダイレクトの接続の仕組み

Wi-FiダイレクトはWi-Fiダイレクトの機能が搭載されている機器と、Wi-Fiが利用できる機器同士でつながります。

パソコンやスマホにはWi-Fiダイレクトの機能は搭載されていませんが、プリンター側に搭載されていればWi-Fiダイレクトが利用可能です。

先程説明した通り、Wi-Fiルーターなしでプリンターとパソコンなどを無線接続するのがWi-Fiダイレクトの接続の仕組みとなります。

プリンターをWi-Fiダイレクトで接続する際に必要なもの

冒頭でも説明したように、どんなプリンターでもWi-Fiダイレクトが利用できるわけではありません。

そこで、Wi-Fiダイレクトを使って印刷を行うために必要なものについて説明します。今後利用したいと考えているなら、事前に必ずおさえておきましょう。

Wi-Fiダイレクトに対応しているプリンター

全てのプリンターがWi-Fiダイレクトに対応しているわけではなく、中には非対応のものもあります。

Wi-Fiを使って印刷できればWi-Fiダイレクトが利用できるわけではないので、Wi-Fiダイレクト機能が搭載されているかを購入前に確認しないといけません。

対応しているかはプリンターの機能一覧などに書かれていますが、わからなければ家電量販店のスタッフに質問するか、ネットを使ってプリンターの公式サイトで調べてみましょう。

Wi-Fi環境

ここで言うWi-Fi環境というのは、印刷するためのデータを出力する機械がWi-Fi環境化で利用できることを指しています。

たとえばWi-Fiを使えるノートパソコンはWi-Fiダイレクトを利用できますが、有線接続でないとネットにつなげないノートパソコンではWi-Fiダイレクトは使えないということです。また、スマホはOKですが、ガラケーでは利用できません。

近頃はWi-Fiが使えるパソコンやスマホから印刷データを出力することが多いでしょうから、Wi-Fi環境については特別準備する必要がない場合がほとんどです。

Wi-FiダイレクトとBluetoothとの違いは何?

無線接続にはBluetoothを使った方法もありますが、Wi-Fiダイレクトとどのような点が異なるのでしょうか?

どちらも仕組み的には似ていますが、Bluetoothは近い距離で少ない量のデータを通信する目的で作られています。

反対に、Wi-Fiダイレクトは遠距離の接続が得意でスピードも早く、大きなデータも通信しやすいのが特徴です。

プリンターの利用頻度や印刷データの重さにもよりますが、いつ・どんな時でも快適に印刷したいのなら、BluetoothよりWi-Fiダイレクトのほうがおすすめと言えます。

プリンターでWi-Fiダイレクトを使うメリット

プリンターでWi-Fiダイレクトを使うメリットは主に3つあります。

まず一つが、Wi-Fiルーターを持っていない場合でも、無線接続でプリンターを利用できることです。Wi-Fiダイレクトがないと、Wi-Fiルーターを新しく購入するか有線接続で利用することになります。

Wi-Fiルーターはすぐに設置できるものではなく、導入までに時間と費用がかかります。優先接続は専用ケーブルさえあれば使用できますが、いちいちコードをつなぐのを手間に感じるなら、はじめからWi-Fiダイレクトが使えるプリンターを導入したほうが良いでしょう。

二つ目は手軽に利用できることです。Wi-Fiダイレクトが使えるプリンターがあれば、設定を行うだけですぐに利用できます。接続方法は後ほど詳しく説明しますが、やり方は簡単なのでパソコンに詳しくない方でも使いやすいでしょう。

三つ目はBluetoothよりつながりやすいことです。Bluetoothは距離によってつながりにくく、容量が大きなデータを印刷しようとすると時間がかかる場合もあります。

プリンターでWi-Fiダイレクトを使うデメリット

では次に、プリンターでWi-Fiダイレクトを使うデメリットを見ていきましょう。

まず一つ目は、Wi-FiルーターがあればWi-Fiダイレクトの機能は必要ないことです。Wi-FiダイレクトはあくまでもWi-Fiルーターがない環境で無線接続したい場合に利用するものなので、Wi-FiルーターがあればWi-Fiダイレクトの機能は使用しません。

二つ目は、利用できるプリンターが限られていることです。Wi-Fiダイレクトを使用したくても、持っているプリンターに機能がついていなければ新しく購入しなければなりません。場合によってはプリンター本体を購入する費用が発生するのもデメリットと言えるでしょう。

Wi-Fiダイレクトでプリンターとパソコンを接続する方法

Wi-Fiダイレクトを使って印刷する際の接続方法はだいたい同じですが、プリンターごとに若干異なります。

また、iPhoneを使うのか、Androidを使うのか、Windowsを使うのかでも異なるため、今回は代表としてMacを使った一般的な接続方法を説明しておきますので参考にしてください。

  1. Wi-Fiダイレクト機能があるプリンターで、SSIDと暗号キーを表示させる。
  2. Macで「システム環境設定」を開き、「ネットワーク」を選択する。
  3. Wi-FiがOFFになっている場合、左のメニューから「Wi-Fiを入りにする」をクリックする。
  4. ネットワーク名の中から、つなぎたいプリンターのSSIDを選択する。
  5. パスワードを入力し「接続」をクリックして完了。

まとめ

Wi-FiダイレクトはWi-Fiルーターがなくても無線接続で印刷できる便利な機能です。利用するにはWi-Fiダイレクトが使えるプリンターと、Wi-Fiが使えるパソコンやスマホが必要となります。

これからプリンターを購入する方でWi-Fiルーターをお持ちでない方がいたら、ぜひ便利なWi-Fiダイレクト機能付きのものを選択してはいかがでしょうか。