プリンターのインクとトナーはどんな種類があるの?用途別に解説します

「プリンター選びに迷ってるんだけど、インクってどんな種類があるんだろう。インクとトナーってどう違うの?」

このような迷いをお持ちの方もおられるかと思います。
プリンター選びでお迷いの方は、ぜひインクにも注目してみてください。

プリンターにもレーザープリンターやノーマルなプリンターがあります。タイプによって使われる着色の違いもあるんですよ。
インクによる着色とトナーによる色の定着方法は異なりますし、インクにも2つの種類があります。
それぞれ明確な違いがありますので、用途によって使い分けましょう。
この記事では、インクとトナーの違い、インクの種類と用途の解説をしています。プリンター選びにお迷いの方はインクで選んでみてはいかがでしょうか。

写真向けの染料インクとビジネス文書に適した顔料インク

プリンターのインクには2つの種類があります。染料インクと顔料インクそれぞれの強みがありますので、以下に解説してみたいと思います。

染料インク

染料インクは紙の繊維の内部までインクが深く浸透するため、発色がとても鮮やかに仕上がります。紙に染み込む特性上、光沢紙などで印刷しても光沢感を失わないことが強みです。染料インクは写真印刷のためのインクといってもいいでしょう。

印刷スピードが早く、インクが安いという点も嬉しいポイントです。
デメリットは、印刷してからインクが乾くまで時間がかかる、光や水に弱いという点が挙げられます。染料インクは劣化が早く保存性があまりよくないです。

顔料インク

顔料インクは、粒子が大きく水に溶け切らず残っているタイプのインクです。染料インクと違い、インクが紙の上にとどまる性質があります。
そのため文字や絵を鮮明にくっきり映し出し、乾きが早いのが強みです。コントラストを高めに、はっきりと見せる必要があるグラフなどのビジネス文書、レポートの作成に向いています。

色の再現性や階調の豊かさ、保存性の高さから写真や絵画、イラストなど作品の印刷にも使われることが多くあります。
デメリットは、染料インクに比べて色の鮮やかさが劣る点です。写真の印刷は染料インクに任せましょう。

レーザープリンターで使われるトナーとは?

トナーとはレーザープリンターで使われる、粒子素材です。
レーザープリンター、コピー機の仕組みは、熱で感熱紙に粒子(トナー)を定着させる方法で色や階調を表現します。
コピー機が光を発しているのは、トナーを定着させるためなのです。

トナーの強みは、インクのようなにじみが発生せず、高品質な印刷ができることです。印刷物1枚あたりのコストも安くすみます。一般的にオフィスで使われている印刷方法は、トナー方式が多数を占めます。大量印刷に適していて、場所の確保もオフィスであれば問題ないため多く採用されています。

デメリットは消耗品の価格が高い、レーザープリンター本体の大きさや重さのため、置き場所の確保が大変という点です。大量印刷に向いていますので、オフィスで本格的に使うための機材です。小規模運用は割にあわない可能性が高いです。

大量印刷、写真、ビジネス文書の用途で分けられます

プリンター、インク、トナーの用途は以下、3点にまとめることができます。

  • 染料インクはお手軽な写真印刷に最適
  • 顔料インクはビジネス文書、展示用の作品向け
  • トナーを使うレーザープリンターは大量印刷、大規模オフィス向け

処理速度の速さなどでプリンターを選ぶことも大事ですが、迷うようであればインクの種類や用途で選んでみると分かりやすいです。
印刷素材はインクが2種類、トナーだけなので分かりやすいです。用途に合わせて適切な素材を選ぶようにしましょう。