プリンターレンタルと複合機リースで、故障したときの保守サポートの対応はどう違うのか

レンタルとリースは、所有しないで利用するという部分では同じですが、全く異なる形態です。プリンターだけでなく、自動車や工場に導入する機械等にも、レンタルとリースの使用形態があります。

サポート面から、プリンターのレンタルとリースを比較してみましょう。

レンタルとリースの違い

リースプリンター

リースは金融会社であるリース会社に、対象の物品総支払額全てを肩代わりしてもらって、契約者に代わり購入した上で物品は契約者に納入します。
ユーザーは法定耐用年数(一例として大型複合機コピー機は5年・自動車は6年です)をベースとしたリース期間を設定して、支払総額にリース会社の金利手数料をプラスした金額を月々均等に支払っていきます。

購入するよりも、金利手数料分だけトータルでは余分な支払いがリースでは発生しますが、全国のオフィスに導入されている大型複合機コピー機は、リース契約で導入されているケースが大半です。

その理由としては、初期費用が掛からない・所有権を持たない事で税法上の資産管理や減価償却を行わないで済む事が挙げられますが、リースを選ぶ大きな要因の一つが、精密機械でトラブルが避けられない大型複合機のメンテナンス保守・高額になるトナー等の消耗品まで全てカバーする、「カウンター料金保守サービス契約」の存在です。

レンタルプリンター

レンタルは文字通り、必要な時だけ借りるという意味合いで用いられ、機器の購入金額は契約時には出てきません。基本的には利用期間のみ、月々レンタル料を支払います。
しかし、プリンターのレンタルサービスは、単純に一般的に考えられるレンタルの枠組みに収まっていません。

「プリント革命」のレンタルプリンターサービスは、リースとレンタルの「いいとこ取り」です。
初期費用が掛からず、インク・トナーの消耗品供給が定額のレンタル費用だけで受けられ、リースには存在する保守契約のカウンター料金が、「プリント革命」には存在しません。そのため、必要な時期だけの短期利用だけでなく、印刷コストの安さを理解した多くの企業に、メインプリンターとして多数導入されています。

「プリント革命」のレンタルプリンターサービスが選ばれる理由は、印刷コストの安さだけではありません。
多くの企業がメインプリンターとして、安心して導入出来るのは、手厚く親身な保守サポートが評価されているからです。

プリント革命の保守サポート

プリンターレンタルを提供するプリント革命の保守サポートをご紹介します。

機器トラブル発生時

「プリント革命」では、多様なニーズに応える、豊富なラインナップを揃えていますが、同様のタイプ機種を多様なメーカーで揃える事はしていません。
そのため、機種について固有の症状まで知り尽くした専任スタッフが対応する事で、解決率90%を誇る遠隔サポートで、多くのトラブルが解決しています。

プリンターの稼働が止まって、仕事が停滞する事を最小限に抑えるノウハウが有ります。

また、遠隔サポートで対処出来ないケースや、機器の故障に対しては、正常に作動する代替品を、交換品として速やかに発送するサポートを行っています。
これも仕事の停滞を最小限に抑える保守サポートです。送料も発生せず、レンタル料以外の料金は発生しません。

消耗品補充

レンタカーでは走行距離と共に、ガソリンを消費します。このガソリン代はレンタル料とは別に支払うか、費用を支払って自分で補充する必要が有ります。

プリンターでは印刷利用と共に、インク・トナーを消費します。
「プリント革命」では、プランの規定枚数内(プリント放題プランで10,000枚・ライトプランなら3,000枚)であれば、インク・トナーの補充が簡単に行えます。その場合でも、規定の月額レンタル用以外に、別途料金は発生しません。送料も掛かりません。

複合機リースの一般的な保守サポート

リース契約した大型複合機コピー機は、その多くがカウンター料金保守サービス契約を結んでいます。

カウンター料金保守サービス契約とは?

カウンター料金保守サービス契約は、1枚印刷する度に料金が加算されるシステムです。カウンター料金は、モノクロ1枚2円・カラーで1枚20円程度が一般的で、メーカーや過去の付き合いや、様々な事情等で変わり、明確にはなっていません。
この金額は、月々に支払うリース料とは別途で支払います。

カウンター料金保守サービス契約で出来る事と掛かる費用

カウンター料金を支払う対価として、トナー等の消耗品の供給が、別途費用無く受けられます。
また、サービスマンが定期的に訪問してメンテナンスも行われ、不具合が有れば修理も行われ、必要な部品代や出張費・技術料も含めて別途の支払いは不要です。

カウンター料金保守サービス契約では、大型複合機コピー機の管理を、外部に丸投げできます。
1枚あたりのカウンター料金自体は、数円から数十円単位のため、気にしないまま契約を結ぶケースもありますが、実際に支払う金額は小さく有りません。

たとえば、前述の契約で月にカラー印刷を3,000枚行った場合のカウンター料金は、
3,000枚×20円=60,000円になります。
全く印刷しなかった月でも、カウンター料金は0円になりません。最低基本料金が設定されていて、一般的には2,000円から3,000円程度です。
カウンター料金の設定は、リース契約時に決められて、リース期間中の変更は出来ません。

修理が必要な際にその都度依頼するスポット契約で、コスト重視のサポートプランを選ぶことも可能ですが、部品代だけで数十万円になる事も現実として有り、あまり選択されません。

プリンターレンタルと複合機リースではどちらのサポートが優れているのか

プリンターレンタルと複合機のリースでは、どちらのサポートが優れているのでしょうか。ニーズに合わせたサポートの選び方をご紹介します。

コストパフォーマンスならプリント革命

まず、少しでも高いコストパフォーマンスを重視するならプリント革命の保守サポートが優れています。

プリント革命の場合、出張での修理サービスを利用する場合には有償となりますが、人手を必要とする修理が必要になるケースは滅多にありません。

定期的にメンテナンスし、適切に扱っていれば、遠隔サポートで十分その恩恵を受けられます。

消耗品の供給も、規定枚数内の印刷であれば別途費用の発生無く、月額レンタル料のみで利用する事が出来ます。

ローリスクを追求するなら複合機のリースを

複合機をリース契約して、カウンター料金保守サービス契約を結べば、手間の掛かる大型複合機コピー機の保守管理の一切を外部に丸投げして、利用するだけに徹する事が可能です。

定期的なメンテナンスはサービスに含まれており、トナーの補充やトラブル時の修理も電話一本で行われて、その管理に追われることはありません。

ただ、ネックとなるのがコストの問題です。月額リース料金よりも、多くの事業所やオフィスでは、カウンター料金の支払い金額の方が多くなっています。

コストはどれだけかかっても良いから、管理一切の丸投げを希望するなら、リース契約時にカウンター料金保守サービス契約を結ぶ価値があります。

おわりに

プリンターレンタルと複合機のリースは、使い所に応じて活躍してくれるサービスです。サポート対応の違いから、自身に適したものを選ぶという方法も悪くないでしょう。

 

今すぐだせる!
30秒でカンタンに無料お見積り!

プリンター/複合機を入れ替えることはコストの見直しの第一歩です。

ご担当者様情報とご希望のプランを選択するだけですぐにお見積りをメールでお送りします。