複合機/プリンターリースの口コミを紹介

一般的には「コピー機」と総称されることも多いですが、リース契約をする機種の大半はA3対応のデジタル複合機です。コピーするだけではなく、カラー・モノクロのプリンターとしての機能やFAX・スキャナー機能を有しています。

機種の金額は100万円前後することが普通なので、主に導入はリース契約になります。
リースは初期費用が掛からない事や、全額経費計上できる良さはあります。使い方によっては割高になったり、途中解約すると違約金がかかったり、残債一括返済などとデメリットもあります。

実際のユーザーの声を通して、リースにするポイントを検証してみましょう。

プリンターリースして良かったこと

リース契約をする場合は、中古品では原則出来ません。
契約期間も5年前後になりますので、新規契約は最新機種になることが基本です。
古いものを大事に使う事はもちろん大事ですが、最新の機種の進歩は機能やスピードなど隔世の感があります。効率が上がり、費用対効果も期待出来ます。

手間が掛かるとおっしゃるのは、単に性能の高いコピー機を知ならないか、そもそもそ弁護士本人がコピーしますかね?大体秘書がやってますんで弁護士さんは特に時間取られないと思うのですけどね。トナーについては、詰め替えトナーが認められて、一時ビジネスモデルが崩れかけました。ま、リースですし。

1枚1枚の原稿を手で入れ替えて、読み取りもゆっくり・印刷もゆっくりでは、仕事の効率が著しく落ちて仕事にならない!というユーザーさんの声ですね。高額な最新機種でもリースなら現実的な月額料金で使う事が出来ます。

事務機器を扱うお店の中には、少々酷いところもある様です。

PTAの話もうしないでおこうと思ったんですけど複合機を学校に入れようとなった時専業主婦の人が多いもんだから業者さんにめちゃくちゃ足元見られて超高額機種買わされていたことが判明、リースに切り替えたら年間70000円も節約出来たのでお金使う役員さんはちょっときをつけてほしい

使い方によっては、リースにすることによって大幅にコストを削減できた実例です。
機器自体ははどこで入手しても同じで、差はありません。しかし、どこから導入するかは、大きな差になる事があります。

リース契約にすることで、保守の充実に満足しているユーザーさんは多い様です。
“サポ-トも充実しており、印刷時に不具合があるとすぐにメッセ-ジが届き対応してもらえる。“
仕事上で印刷できない状況は、大きなストレスだけでなく実害が出る事も。スピーディーに対応してもらえる事で、最短のリカバリーが期待出来てビジネスを止めません。

プリンターリースして悪かったこと

悪かった例も見ていきましょう。

それほど多くのプリントをする環境でなければ、毎月発生するリース代とカウンター料(トナー代と解釈している方もいらっしゃいます)に割高感を感じるユーザーさんは多い様です。

オフィスの業務用コピーFAX機のリースをやめた。コピー取ることもほぼないし、FAXもメーカーからの宣伝と見積くらいにしか使ってないから、このままFAXなしにしようかと思っている。たまのコピーは複合機でまにあっている。

レーザー複合機の契約が今年で切れます。リース料が12000円とトナー代が月に8000円ぐらい(600枚ぐらい印刷)毎月2万は流石に高い気がする。もうちょいリーズナブルな家庭用レーザーか、大容量タンクのインクジェットでも良い気がしてきた。次の更新どうするかなぁ

そのように感じているユーザーさんは、リース期間の終了と共にやめる方が多いです。A4サイズの複合機を購入・レンタルでの対応を考えた方がトータルで安いと言う判断です。

変わったところでは・・・

「白紙ばかりだから時間かかるだけじゃない?」と思ってる人もいると思うけど
大抵の会社とかにおいてある業務用プリンター(複合機)は印刷枚数等に比例して課金されるリース契約なので、この手のを何度もされると経費がヤバいことになるぞい

リース契約ではカウンター料金と言われる、1枚あたりのプリント単価をリース料と別途にメンテナンス料・消耗品料として支払います。Excelを印刷する時に思いもよらない離れた場所にあった一文字の為に、大量の白紙印刷をした経験が筆者もあります。ただ紙を送っただけなのに、リースの場合は全面印刷と同じ料金がかかってしまいます。特にカラー印刷を選択していた場合は目眩がしますよね。

プリンターリースをする場合のポイント

リースする場合に一番大事なのは、月に印刷する枚数を把握することが重要です。

機器本体の価格はメーカーによっても違いますが、主に速度性能によって大きく変わってきます。月にどれくらいの量を印刷するかが、機種を選ぶ時の目安になります。
それほど印刷しないのにオーバースペックの機種では、割高な料金を支払うことになりますし、コンスタントに大量印刷する環境では遅い機種だと効率が悪すぎます。

印刷枚数による機種選びの目安
1分間に印刷可能枚数目安 20枚程度 30枚程度 40枚程度 50枚程度
月々の印刷枚数目安 2,000枚 4,500枚 8,000枚 20,000枚
5年リース時の相場目安 12,000円/月 17,000円/月 20,000円/月 23,000円/月

一概に言えませんが、月に数百枚程度の印刷ではリース複合機よりも、購入・レンタルの方がお得な事が多いです。レンタルでは印刷枚数を気にしないで使える、「サブスク」型プランも登場しています。

ABOUTこの記事をかいた人

enblo

名古屋在住のIT・通信・格安SIMライターです。 プリンターはDOS時代のドットプリンターから使い始めて 初期のインクジェット、モノクロレーザープリンター カラーレーザープリンターを使ってきて モノクロ複合機を経てカラーデジタル複合機リースに到達。 業務用テキスタイル熱転写プリンター 業務用テキスタイルインクジェットプリンター見学に 国内・海外工場に何度も足を運ぶマニアで 日夜情報収集に励んでいます。