プリント革命ならSDGsを推進しながら印刷コストカットや業務効率UPができます

SDGsは持続可能な世界を実現するために国連で採択された、17の目標です。

その中でも特に注目されているのが、地球をこれ以上汚染しないような環境に対する取り組みです。

そのため、世界的にビジネスの世界においても環境問題に関するアプローチが重視され、SDGsに反するような活動に厳しい目が向けられてしまいます。

しかしSDGsは単に環境に優しい行動だけがそのメリットというわけではありません。

取り組むべき活動に伴い、コストカットや業務効率の向上も可能なのです。

ではそんなSDGsは、プリンターや印刷に関しても何か良い影響があるのでしょうか。

今回はそんなプリンター、印刷とSDGSの関係について見ていきましょう。

印刷やプリンターに関するSDGsとは

一見するとプリンターや印刷とSDGsと言われても、直接的に関係がないように感じるかもしれません。

しかしエコやコストカットという視線から見ると、プリンターや印刷はSDGsと切っても切れない関係があることが見えてくるはずです。

プリンター本体について

まずはプリンター本体に関して見ていきましょう。

もしプリンターを自社で購入する場合は、購入コストがかかるのは当然ですが、トラブルの時に修理しないで買い替えしてしまうことも多いのではないでしょうか。

そうなると今まで使ってきた機種は廃棄することになり、結果としてゴミが増えてしまいます。

SDGsで特に注目されているのがプラスチックゴミで、自然界で分解されないプラスチックゴミは環境に大きな負担をかけることになります。

そのため、使えなくなったからといって安易に買い替えしてしまうのは、SDGsのポリシーに反するということができるでしょう。

印刷量について

印刷量をコントロールするというのも、SDGsのためには必要なアクションです。

仮に1枚あたりのプリントコストがそこまで高くないと考えていたとしても、無駄にプリントすることは大きなロスを生み、環境に対して負担をかけることになります。

用紙のロスはもちろんインクやトナーの無駄遣い、そして本体の劣化を少しでも減らせるように、必要最低限の印刷量に抑えることが求められています。

業務効率について

プリンターの配置もまた、SDGsに関係するとも言えます。

本体価格の安いプリンターをオフィスのあちこちに置くことは、資源の無駄遣いと同時に業務効率が悪いと言えるでしょう。

用途にあった機種を適材適所で導入すれば、無駄なくプリンターを配置でき、プリントの効率もアップ可能です。

プリント革命の導入でSDGsに貢献できること

このようにプリントはSDGsと密接に関連していますが、実際のアクションとしてどのようにプリンターを利用すればいいのかは、すぐにはわかりにくいかもしれません。

そんな時に利用したいのが、プリンターレンタルの「プリント革命」です。

ではこのプリント革命は、どんな特徴を持っているのでしょうか。

用途にマッチした複合機の導入で不要なエネルギーや資源の削減ができる

プリント革命は一般的にイメージされるオフィス機器のリースとは異なり、レンタルの契約となります。

そのためオフィスでのプリンターの用途にベストマッチする複合機を自由に選べますから、業務とのミスマッチによるロスを防げます。

さらにぴったりな複合機を選べれば、無駄に電気を消費したり消耗品をロスしたりという無駄を防げますから、総合的にSDGs的な運用が可能となります。

定額制なので必要に応じた印刷量のコントロールができる

複合機のリースといえば、カウンター制で使っただけ費用がかかるイメージがあると思いますが、プリント革命はリースではなく「レンタル」のためカウンター代は必要ありません。

プリント革命は定額制のため、必要な分だけを印刷できるようになり、印刷量のコントロールも可能です。

セクションごとの設置で取りに行く手間が省ける

広いオフィスで1台のプリンターを共有すると、プリントするたびにスタッフがオフィス内を移動しなければならず非常に効率が悪くなってしまいます。

そんな時に利用したいのがプリント革命です。

1台あたりの設置コストが安いため、オフィスのセクションごとにプリンターを配置できるようになり、無駄な移動を防いで業務を効率化します。

複数台の設置で資料が混ざらない、待たない

オフィスでプリンターを共有するデメリットには、同時に複数の人がプリントした場合、印刷物が混ざってしまうというものがあります。

こうなると後から印刷物を再度えりすぐらなければならなくなり、効率が悪いどころか場合によっては間違えて大きなトラブルにもなりかねません。

そんな時にレンタルプリンターのプリント革命のシステムを使い、複数台のプリンターを設置しておけば、無用なトラブルを避けられるようになります。

プリント革命の導入でSDGsの推進をしながらコスト削減と業務効率UPを目指そう

このようにきちんと計画的に、そして持続可能なプリンターの利用をお手伝いするのが、レンタルプリンターを提供するプリント革命です。

SDGsを意識するのであれば極力無駄を排したプリント革命の仕組みを活用して、コスト削減と業務効率アップを目指してみてはいかがでしょうか。

リースや他社からの乗り換えでコスト削減が見込めます

SDGsに貢献するプリント革命ですが、コスト面もしっかりチェックして見てください。

もし現状のリース契約やその他のレンタルプランの料金に満足できないのであれば、ローコストにおさえられるプリント革命がおすすめです。

もちろんプリンターを自社で購入するコスト、さらには消耗品コストなどを合算していれば、いかにプリント革命がリーズナブルかが理解できるはずです。

契約に面倒な書類や審査はございません

一般的に複合機やプリンター、コピー機などをリース契約する場合には、様々な審査が行われます。

審査の内容には、例えば会社が設立3年以上経っているかとか、代表取締役に滞納歴があるかどうかとか、場合によっては連帯保証人が必要となるケースすら考えられます。

このようにリース契約には何かと条件が厳しい審査があったり、さらに契約時の書類も様々な項目を記入捺印して提出しなければならないなど、手続きに手間と時間がかかりがちです。

その点プリント革命は契約に面倒な種類や審査なしで利用可能です。

経営者の無駄な労力を割くことなく、簡単にSDGsに貢献できるシステムが利用可能というメリットがあります。

最短翌日からご利用開始ができます

プリンターや印刷物が必要となるケースの多くが、急に大量のプリントをしなければならない状況ではないでしょうか。

しかし急にコピー機や複合機のリース契約をすることは難しいですし、契約が済んでも即対応して自社に機器が届くこともほとんどないと考えて良いでしょう。

そんな時に活躍するのがプリント革命です。

最短翌日から利用可能となりますから、急にプリンターが必要になった時にもしっかり対応可能。

もちろんそこまで急ぎでない場合でも、すぐにプリンターが使えるようになるメリットは大きいはずです。

SDGsなビジネスをサポートするのがプリント革命です

SDGsは現代のビジネスの中では無視できない存在です。

しかし実際にどのように取り組めばいいのか、具体的なアクションがわからないことも多いかもしれません。

そんな時はまず印刷物の節約から始めてみてはいかがでしょうか。

プリント革命を利用して効率的なプリンターの運用をすることで、SDGsはもちろん、業務のコストダウンも実現できます。

今すぐだせる!
30秒でカンタンに無料お見積り!

プリンター/複合機を入れ替えることはコストの見直しの第一歩です。

ご担当者様情報とご希望のプランを選択するだけですぐにお見積りをメールでお送りします。