保守について「複合機ナビ」と「プリント革命」を比較します

同じプリンターを使っていても、毎日頻繁に大量印刷して常にフル稼働する事業所もあれば、殆ど使わないけど無いと困る程度の事業所もあります。
頻度だけで無く使われる紙も色々で、接続方法や環境も異なります。

プリンターは精密機械でありながら、不特定多数の方が毎日使う機器です。使っていく中でトラブルが起こる事は避けられない宿命にあります。

プリンターの稼働が止まる事で起こる仕事の停滞は、極力短くする必要があります。

プリンターを使う中で、保守は避けて通る事が出来ません。
「複合機NAVI」と「プリント革命」を軸に、様々な保守サービスの形態について解説します。

一般的な保守サポート

プリンター・複合機を一括購入やローンで購入した場合の保守は、保証期間内にならば無償でメーカーサポートが受けられます。
機種によって、メーカーに送る場合とサービスマンが来訪して処置するケースがあります。

別途の費用が掛かりますが、購入時に延長サポートに加入できる場合もあります。
購入店が独自に設定しているものや、ヤマトロジスティックス等の第三者の請負サービスを紹介されるケースの他、メーカーが独自に設定している場合もあります。
保証内容もサポート金額も、独自に設定されていて様々です。

注意が必要なのは、保証期間中であっても、メーカー純正品以外の消耗品(リサイクルトナー等)やパーツ交換を行っている場合は、保証が受けられなくなる事が大半です。

保証期間が終了した後は、有償修理・サポートになります。
メーカーによって対応は様々ですが、サポート期間が終了した後は、電話サポートも有償になる事があります。

通常時のサポート

リース契約している大型複合機コピー機を扱っている「複合機NAVI」とレンタルプリンターサービスを行っている「プリント革命」の、通常時の保守サポートを見ていきましょう。

リースの場合

複合機NAVIが扱う大型複合機コピー機は、その大半がリースで導入されています。
リース契約時に保守契約を結ぶ事が一般的で、保守契約の内容形態は色々あります。
最も多いのは、カウンター料金契約保守サービスです。

カウンター料金保守サービスは、使用中のプリンター全ての管理を任せる事が出来ます。
トラブル時の対応やメンテナンス・トナーなど消耗品の手配まで対応していて、使用する契約者は使う紙だけ準備すれば良くなります。

カウンター料金はモノクロ・カラー別に1枚出力ごとに別途費用が掛かり、例えばカラー1枚20円の契約では、1,000枚/月の印刷時に支払うカウンター月額料金は20,000円/月になり、500枚/月の印刷時には10,000円/月の様に、使った分に合わせて月々の支払いが変動します。最低基本料金が設定されていて、使用しなかった月にもカウンター料金は掛かります。カウンター料金は、リース料とは別途の支払いです。

レンタルの場合

プリンターレンタルは、サービスを行う企業によって保守内容は異なります。
プリント革命では、保守について別途の契約や支払いが発生せず、月額料金に全て含まれています。

契約プランによって上限は異なりますが、規定の枚数までは消耗品のインク・トナーも月額料金に含まれています。
マイページからインク・トナーの数量を入力するだけで、簡単に追加注文を行う事が可能で、送料も無料です。

トラブル時のサポート

 

リースの場合

複合機NAVIの保守メンテサービスは、メーカーが担当しています。
基本的に電話一本で別途費用が掛からずに、サービスマンの来訪を受けられますが、メーカーのサービス拠点が設置場所の近くに無い場合には、対応に時間が掛かる事があります。

レンタルの場合

プリント革命では、トラブル時に豊富なノウハウを持つ専門スタッフが、電話で丁寧な遠隔サポートを行っています。
提供するプリンターを限定している事から、使用する中で出てくる、機種特有の持ち合わせるクセの情報も豊富に持っているので、ポイントを押さえた的確な対応が期待出来ます。
そのため、遠隔電話サポートでトラブルの解決率は9割を超えています。

万が一解決出来ない場合(機器故障等)では、正常に作動する代替品を無料で即手配します。
月額料金に保守料金も含まれているので、別途料金は発生しません。

まとめ

プリンター複合機を使っていく上で、保守は不可欠です。
導入前に保守についても、しっかり考慮しておく必要があります。

合理的にプリンターを使うなら、カウンター料金よりも安価に保守を受けられる、プリント革命のレンタルプリンターがお勧めです。

今すぐだせる!
30秒でカンタンに無料お見積り!

プリンター/複合機を入れ替えることはコストの見直しの第一歩です。

ご担当者様情報とご希望のプランを選択するだけですぐにお見積りをメールでお送りします。

ABOUTこの記事をかいた人

enblo

名古屋在住のIT・通信・格安SIMライターです。 プリンターはDOS時代のドットプリンターから使い始めて 初期のインクジェット、モノクロレーザープリンター カラーレーザープリンターを使ってきて モノクロ複合機を経てカラーデジタル複合機リースに到達。 業務用テキスタイル熱転写プリンター 業務用テキスタイルインクジェットプリンター見学に 国内・海外工場に何度も足を運ぶマニアで 日夜情報収集に励んでいます。