連続インク供給装置CISSとは、メリットデメリットを紹介

今では、詰め替えインクを使っていましたが、詰め替えるときに手が汚れるし、めんどくさいと思う人も少なくありません。

そこで、連続インク供給装置CISSについての解説とそれを使うメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

連続インク供給装置CISSとは

簡単に説明すると連続インク供給装置CISSとは、プリンター外部にインクタンクを取り付け、管を通してカートリッジにインクを供給する方式のことを指します。
基本的には家電量販店などで安価で手に入り、商品によっては価格が純正インクの半額以下という商品もあります。

メリット

ここからは連続インク供給装置CISSのメリットについて紹介、解説していきます。

まずは、先ほども紹介しましたが、安価で手に入れることができます。プリンターを使っていると、インクは消耗品です。そのインク代を節約することにより、ランニングコストを下げることができます。

次に、純正品のインクとほぼ同じクオリティという点です。
安いからと言って、純正品よりもクオリティが下がってしますと、業務に支障がでたり、インクの色が薄いとその分濃く印字しないといけなく、結局すぐ新しいのに交換する場合、純正品よりも高くなってしまう場合があります。
しかし、互換インクは純正品とほぼ同じ品質をもちますので、オススメのポイントです。クオリティが高く、純正インクのように使え、純正インクよりも安価な場合、当然こっちのほうがいいですよね。

そして、次にあげられるのが、インクの交換やメンテナンスがしやすい点です。
交換すること自体は、純正インクの変え方とほとんど変わりません。
そのため、純正インクじゃなく、互角インクを使ったからと言って、交換やメンテナンスなどに新たな手間がかかることはありません。

デメリット

次に、デメリットの部分を紹介していきます。

純正インクより安く、クオリティもほとんど同じなので絶対に互角インクのほうがいいじゃないかと思う人もいると思いますが、もちろんデメリットもあります。
ここからはデメリット部分について紹介します。

一番起こりえる現象の一つとして、プリンターの故障が挙げられます。
純正品ではない為、互角インクを使うとつまってしまったり、その影響でプリンターが故障してしまう場合が多々あります。

そして、純正インクではなく、互角インクを使うことで、性能はほぼ変わらないですが、印刷の劣化が早く、すぐに色あせてしまう場合があります。
使っているメーカーによってはすぐ故障してしまったり、色あせてしまう場合もありますので、互角インクを使う場合は注意が必要です。

さらに、取りつけ方に苦戦してしまう人が多いという点もデメリットとして挙げられます。商品によっては知識があっても個人で取り付けることはほぼ不可能な商品もありますので、取りつけの際は業者に取り付けてもらうことをオススメします。

最後に、CISSはプリンターに工事をして取り付ける増設タンクです。
つまりプリンター本体を傷つけ穴をあけ、さらにそこにタンクを取り付けるのでプリンターが大きくなります。
これがとても邪魔になるケースがあります。

最後に

連続インク供給装置CISSは使い慣れると非常に良い製品になっています。インクも安価で変える為、会社にとっても良いと言えるでしょう。
しかし、いい点だけではなく、デメリット部分もありますので、注意が必要です。

更に、連続インク供給装置CISSは比較的どの商品も取り付け方法が難しい場合があります。
自己責任で取り付け、万が一壊れてしまっても、交換などはできない場合もりますので注意しましょう。さらに、対応しているプリンターも決まっていますので、購入する際はこちらの確認も劣らないようにしましょう。