レーザープリンターのトナー漏れの原因と対処法

レーザープリンターで印刷したところ用紙が汚れていた、ということはありませんか?
印刷時の用紙の汚れは、トナー漏れが原因かもしれません。
プリンターはオフィスには欠かせないほど、様々な業務で実用性が高い備品です。
プリンターは細かく繊細な部品が数多く使われているため、なんでもないような衝撃でも不具合が発生してしまいます。

この記事では。レーザープリンターのトナー漏れの原因や対処法について解説してます。
記事を一通り内容をご確認いただければ、トナー漏れに遭遇しても落ち着いて対処できるでしょう。
日々レーザープリンターをお使いの方は不具合対応のため、ぜひ内容をご確認ください。

レーザープリンターのトナー漏れの原因

トナー漏れは、トナーカートリッジに衝撃が加えられたときに起こります。
トナーカートリッジの搬送中や、交換のとき等、意図しない衝撃を与えてしまうとトナー漏れの原因となります。
トナーカートリッジは繊細な機械のため、衝撃を与えてしまうとそのまま利用不可となってしまいます。
余計な出費を抑えるために、トナーカートリッジは丁寧に扱うようにしましょう。

トナー漏れの確認方法

トナー漏れかな?と思ったらプリンターの内部の汚れ具合を確認してみましょう。
もしプリンター内部でトナーが漏れている場合は、様々な箇所がトナーで汚れていると思います。
そんな状態を確認できたら、ほぼカートリッジからトナーが漏れていると断定してもいいでしょう。
プリンター内部の汚れだけで判断しにくい場合は、トナーカートリッジを取り出し、軽く振ってみましょう。
トナーが飛び散るようであれば、カートリッジからのトナー漏れ確定です。

レーザープリンターのトナー漏れの対処法

頻繁にトナー漏れが起きる場合、プリンターの内部に原因があるかもしれませんので、メンテナンスを検討しましょう。
カートリッジは消耗品なので、交換することで症状が改善されることもあります。
交換しても改善されない場合は、何度かテスト印刷してみましょう。
汚れの状態から、プリンターのどこに問題があるのか、切り分けることができますし、何度か印刷しているうちに紙に汚れが付着してキレイに印刷できるようになることもあります。
搬送ガイドを掃除することで、改善されることもありますので状況を見ながら、色々試してみるのがよいでしょう。

ドラムカートリッジの清掃

ドラムカートリッジを取り出すことができれば、紙と接する部分をアルコールで濡らしたタオルなどで拭き取ってみると、改善することがあります。
トナー漏れ以外にも、紙と接する部分になにかしらの汚れがついていれば印刷面の汚れとしてあらわれます。
印刷面の汚れは、プリンターの不具合の中では、よく発生しますので慌てずに対処しましょう。

一度漏れたトナーのクリーニングは大変なので予防しよう

トナー漏れの原因は、トナーカートリッジへの衝撃が原因で発生します。プリンターの部品は、壊れやすく繊細なものが多いので丁寧に扱うようにしましょう。
トナー漏れの対処法は、カートリッジを交換してしまうのが最も手っ取り早いです。
実際にはトナー漏れが原因でないこともあるので、テスト印刷などを繰り返して原因の切り分けを行います。
カートリッジを交換しても改善しないことがありますが、その場合は、紙と接する部品の汚れを確認し、不具合を見つけることができなければメンテナンスに出すしかありません。
漏れたトナーは、色々な所に散らばってしまい、片付けがとても大変なので漏れてしまう前に定期的にカートリッジを交換する、プリンター本体の点検をするなどして未然に防止しましょう。
定期的なカートリッジ交換やメンテナンスにより、結果的にプリンター本体を長く使うことができ、コストを抑えることができます。