コンビニ印刷のコストはどれくらい?コスパに優れるプリンターの使い方

コンビニではオフィスで使用する業務用の複合機が扱えるため、普段使いからビジネスまで、幅広い活用が可能です。

最近ではプリンターをコンビニ印刷で済ませてしまう会社や事業主も増えてきていますが、実際のコストパフォーマンスはどれくらいなのでしょうか。比較してみましょう。

コンビニ印刷のコストと強み

まずはコンビニ印刷にかかるコスト、そして強みを見ていきます。

質は高く、場所も取らないコンビニ印刷

コンビニ印刷の最大の魅力は、常に最新の複合機が導入されていることで、質の高い印刷を手軽に利用できる点です。

セブンイレブンなどでは自宅のPCからデータを転送し、そのままコンビニのプリンターで印刷できる機能も搭載しています。この利便性は他にないメリットです。
また、コンビニはどこにでもあるのでいつでもどこでも利用できるだけでなく、オフィスにプリンターを設置する必要がないので、省スペース運用も実現してくれます。

コンビニ印刷のコスト

魅力的なメリットが揃うコンビニ印刷ですが、ネックとなるのがコストの問題です。

コンビニ印刷は、その利便性ゆえに印刷費用は高めに設定されており、白黒コピーで一枚あたり10円、コピーだと50円の料金になっています。
また、どんな理由があっても印刷の際に必ず料金が発生するので、お試しで印刷したい場合もコストがかかるだけでなく、ミスプリントの場合は大きな無駄が生まれてしまいます。

日常的に数百枚を超えるコピーを行っている場合、割高な選択肢と言えます。

プリンターリースのコストと強み

続いては、プリンターリースのコストとメリットを見ていきましょう。

大量の印刷が必要な場合に活躍

リース契約を結ぶことで、初期費用を安く抑えながら自由にプリンターを利用する事ができるため、多くの企業がこの手段を採用しています。

資料作成などで大量の印刷物が発生していても、周りを気にする事なく好きなだけ印刷できるのは、リース契約の魅力です。

審査と長期契約が必要になるプリンターリース

一方、リース契約は事前に審査が必要なため、希望者全てが契約できるというわけではありません。
また、初期費用は安価に抑えられますが、印刷量に応じて料金が変わってくるため、使い過ぎには注意が必要です。

最終的な費用を考えると、結果的にコンビニ印刷と変わらないコストがかかってくるケースもあり得ます。
コストパフォーマンスを考慮すると、初期費用を抑えられる以外は大きなメリットはないと言えます。

プリント革命のコストと強み

https://printing.ink-revolution.com/

最後に、レンタルサービスを展開するプリント革命のコストについてもご紹介しておきます。

レンタル料金のみで運用可能なプリンター

プリント革命はリース代こそ発生しますが、プリントし放題プランでランニングコストを大幅に抑える事が可能になっています。

リース契約にはカウンター料金が発生しますが、プリント革命では定額制を採用しています。
どれだけ印刷しても常に料金は定額なので、安心してプリンターを利用する事が可能です。

契約期間は一ヶ月から

リース契約では数年単位での契約が前提となり、結果的に費用がかさんでしまう懸念もあるものです。

プリント革命では契約期間を一ヶ月から設定する事ができますし、複合機の変更も行う事ができます。業務に合わせて、柔軟なプリンター運用を進めていきましょう。

おわりに

コンビニ印刷は確かに便利ですが、印刷を無駄に行うことは許されず、他の利用者との兼ね合いで満足に印刷することが難しいものです。

本格的なプリンター導入を考える場合は、リース契約やレンタルでの利用も検討すると良いでしょう。