複合機の自動原稿送り装置(ADF)とは?使い方と紙詰まり時の対処法も

オフィスに設置されている複合機(プリンター)には、自動原稿送り装置が搭載されていることが多いです。
一方で自動原稿送り装置のことがよく分からず、使いこなせていない人もいるでしょう。

そこで本記事では、自動原稿送り装置の使い方や、紙詰まり時の対処法を解説します。自動原稿送り装置のことがよく分かっていない人は、ぜひ参考にしてください。

複合機の「自動原稿送り装置(ADF)」とは

自動原稿送り装置とは、コピー・スキャンしたい原稿が複数枚あるとき、重ね置きするだけで自動読み込みしてくれる装置のことです。「ADF(=Automatic document feeder)」と呼ばれることもあります。

自動原稿送り装置を用いるメリットは、コピー・スキャンのスピードが向上する点です。ガラス面へと1枚1枚原稿をセットする必要がない分、たくさんの原稿を短時間でコピー・スキャンできます。

自動原稿送り装置が搭載されている複合機は、中型〜大型機種がほとんどです。機種によっては、原稿の両面を自動でコピー・スキャンできる場合もあります。

自動原稿送り装置(ADF)の使い方

自動原稿送り装置の使い方は至ってシンプル。原稿をセットし、コピーもしくはスキャンのスタートボタンを押すだけです。原稿は読み取りたい面を上向きにして、原稿ガイドに沿って真っ直ぐセットします。複数サイズの原稿用紙に対応する機種の場合、原稿ガイドが横方向にスライドするため、原稿用紙のサイズに合わせて調整しましょう。

なお自動原稿送り装置でコピー・スキャンできる用紙は、普通紙に限ります。上質紙や再生紙を原稿送り装置で読み取ろうとすると、紙詰まりを起こす可能性が高いです。普通紙以外をコピー・スキャンする場合は、ガラス面で1枚1枚行いましょう。

またホッチキスやクリップなどが付いた原稿も、紙詰まりの原因です。事前に原稿に余計なものが付いていないかどうか確認してください。

自動原稿送り装置(ADF)が紙詰まりしたときの対処法

万が一自動原稿送り装置が紙詰まりした場合は、以下の手順で原稿を取り除きます。

  1. 自動原稿送り装置の上部カバーを上に引き上げる
  2.  原稿を送るためのローラーを回し、原稿を取り除く
  3. 上部カバーを元に戻す
    ※細かい手順は機種によって異なるため、必ず取扱説明書を確認してください。

自動原稿送り装置は正しい使い方をしていれば、基本的に紙詰まりしません。頻繁に紙詰まりするようなら、以下を確認してください。

  • 原稿を真っ直ぐセットしているか?
  •  使っている原稿は普通紙以外ではないか?
  • ホッチキスやクリップなどの異物が付いていないか?

頻繁な紙詰まりは複合機の寿命を縮める可能性もあるため、正しい使用を心掛けましょう。

まとめ

複合機の自動原稿送り装置は、コピー・スキャンのスピードを一気に向上させてくれます。使う場合と使わない場合では、業務効率が段違いです。

注意点やトラブル時の対処法を理解したうえで、自動原稿送り装置を使いこなしましょう。