メンテンナンスボックスとは?交換サイクルや廃棄方法を解説

日頃何気なく使っているプリンターですが、メンテナンスボックスというパーツをご存知でしょうか、
プリンターの運用には欠かせないメンテナンスボックスの役割は、廃インクを貯蔵することです。
昔は、廃インクは引き取ってもらっていましたが、現在はメンテナンスボックスというものが発明され、自分で交換できるようになりました。

この記事では、メンテナンスボックスの概要と、交換サイクルや廃棄方法について記事にしています。
メンテナンスボックスの取り扱いに疑問をお持ちの方は、この記事を参考にしてみてください。

メンテンナンスボックスとは?

プリンターの印刷時にインクが目詰まりしてうまく出ない時に、ヘッドクリーニングで排出された廃インクを一時的にためておく容器のことをメンテナンスボックスと呼びます。
メンテナンスボックスはプリンター内部に収納されており、廃インクが溜まった時はエラー表示され、昔はメーカーへ修理に出す必要がありました。

2016年にはエプソンから取替可能なメンテナンスボックスが搭載された、プリンターが発売されました。これにより、自分でも、メンテナンスボックスを交換できるようになったのです。

互換性のあるサードパーティ製も販売されており、純正品よりも高いコスパを誇っています。
主なメーカーは、アスクル、サンワダイレクトで、エプソンの交換式メンテナンスボックスに対応しています。
アスクルは、メンテナンスボックスとあわせて、文房具なども届けてくれるので使い勝手がいいかもしれませんね。

メンテナンスボックスの交換サイクルの目安

廃インクが貯まることでメンテナンスボックスの空き容量がなくなるとエラーが出て、印刷ができなくなります。
メンテナンスボックスの容量は、インクの残量を同じ画面で確認することができます。印刷できなくなる前に対処したほうがスマートですので、容量が少なくなってきたら交換したほうが良いでしょう。
交換方法
メンテナンスボックスの交換時期を知らせるメッセージが出ても利用することはできますが、余計なトラブルを防ぐために早めに交換してしまいましょう。
手順は以下の通りです

  1. 新しいメンテナンスボックスを用意しておく
  2.  プリンターの排出ボタンを押して、ユニットを取り出す
  3. 満タンになったボックスを出して、新しいものが入っていた袋に入れる
  4. 新しいメンテナンスボックスをセット
  5. 本体パネルの「クリーニング」または「ヘッドクリーニング」のボタンを押して洗浄する

機種によってやり方は様々ですが、基本はとても簡単です。
事前に新しいメンテナンスボックスの用意を忘れないようにしましょう。

メンテナンスボックスの捨て方

使用済みメンテナンスボックスは、一般家庭で使っている場合は、袋に入れて法令や自治体のルールに沿って正しい方法で廃棄します。
事業所などの業務で使う場合は、産業廃棄物処理業者へ廃棄物処理を委託しる方法で廃棄します。
メーカーの保守標準サービスとして、引取回収サービスを活用できることがほとんどなので、基本はメーカーへ回収の依頼をするのが一般的です。

まとめ メンテナンスボックスの交換は早めに

メンテナンスボックスは、廃インクを貯蔵するための容器です。
満タンになるとエラー表示が出て、印刷ができなくなりますので早めに交換してしまいましょう。
純正品のほかに互換性のあるサードパーティ製も販売されており、コスパが気になる方はサードパーティ製を検討するのもいいでしょう。
回収は基本的にメーカーが行いますが、自分で捨てる場合は、決められたルールに則って正しく廃棄しなければいけません。
思わぬ不具合が出ることもあるので、メンテナンスボックスは早めに交換しましょう、