プリンターをレンタルプリンターサービス「プリント革命」に変えることのメリット【コスト編】

「プリンターをレンタルするとリースよりも費用がかかる」とこのように思っている人にはぜひ、プリンターレンタルサービス「プリント革命」をおすすめします。

初期費用が0円なだけでなく、プリント革命はインク・トナーにかかる送料も無料です。プリント放題プランなら枚数にかかわらず印刷コストは定額ですから、プリントにかかる費用を削減できます。

今回はプリント革命のメリットをコストの面から見てご紹介していきましょう。

プリント革命なら初期費用もインク・トナー代・送料も無料

プリンターをレンタルする場合、月額費用のほかに導入時のみにかかる初期費用が必要です。初期費用に含まれるのは設置費やプリンター本体の配送費なのですが、レンタル業者によっては50,000円以上かかる場合もあります。

その点、プリント革命なら初期費用が無料。初月から月額費用のみの支払いでよいので、導入時の費用負担を軽減できます。

レンタル業者によっては初期費用と月額費用のほかに、インク・トナー代とその送料が必要になるケースも少なくありません。

インク・トナーはプリントするほど減っていくので、有料だと毎月かかるプリンター代金の合計額はどんどん高くなってしまうのです。

プリント革命は月額費用以外に料金が発生しないよう、インク・トナー代と送料は無料となっています。「今月はいくらになるのだろう?」と料金を気にする必要はありません。

プリント革命は印刷枚数に関わらず印刷コストは定額に!

プリンターをリース契約すると印刷する度に枚数がカウントされ、カウント数に応じて「カウンター料金」というものが発生するのですが、たくさん印刷をすればカウンター料金は高くなります。

プリント革命は、

  • ライトプランなら月3,000枚印刷上限
  • プリント放題なら印刷上限なし

なので、1枚ごとに印刷枚数を気にすることはありません。

定額なら毎月の料金を把握しやすいですから、経費の管理に手間がかからないのもプリント革命のメリットです。

「定額だと割高なのでは」と心配する人もいるかもしれませんが、プリント革命のプランごとの料金の目安は以下となります。

プリント革命のプラン料金の目安

  • ライトプラン・・・5,000~20,000円
  • プリント放題プラン・・・8,000~30,000円

このように定額であっても料金は安く、プリント枚数が多い企業ほどお得に利用できます。

利用料は経費で計上できる!ぜひプリント革命でレンタルしよう

「レンタルだったら経費に計上できないのではないか」と心配する人もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。

たとえ借りているものであっても、レンタル料金は「賃借料」として計上が可能です。購入すると資産として計上しなければならず、会計処理に少し手間がかかります。レンタルであれば毎月の月額費用を賃借料に仕分けるだけですからシンプルです。

また、インク・トナー代が有料だった場合、その代金を消耗品費として計上しなければなりません。インク・トナー代が無料なプリント革命はその必要がないため、プリントにかかる料金が節約できるだけでなく、経費に関わる処理に手間がかからないのも魅力です。

まとめ

プリンターのレンタル会社によっては、月額料金のほかに初期費用やインク・トナー代などがかかり、合計すると意外と料金が高かったというケースもあります。

プリント革命なら月額費用以外は一切かからないので料金体系がシンプルでわかりやすく、会計処理の手間も軽減できる点がメリットです。

プリンターのレンタルを検討している人は、ぜひ一度プリント革命に問い合わせをしてみてください。相談だけなら無料ですので、自社のオフィスの場合はいくらかかるのかだけでも聞いてみてはいかがでしょうか。