スタートアップ企業やこれから起業する人にはレンタルプリンターが最適!

スタートアップ企業やこれから起業する人は、オフィスで必要なものとしてプリンターや複合機のレンタルを検討するはずです。

「新しい事業を始めるし、新品を購入しよう!」と思うかもしれませんが、経費を削減したいなら購入よりレンタルするほうがおすすめ。

では一体なぜレンタルプリンターが最適なのか、購入時との費用の差やメリットをご紹介しましょう。

プリンターを購入するよりレンタルの方が初期費用がかからない

プリンターや複合機は、家庭用のものであれば1台あたり1万円以下と比較的安い価格で購入できます。

しかしオフィス用となると家庭用のものでは機能や容量が足りないため、使い勝手が悪く感じます。

そのため、快適に仕事ができるようさまざまな機能が搭載されたプリンターが必要となるわけですが、そうなると数十万円以上と価格が高いのがネックです。

レンタルプリンターであれば本体を購入する必要がなく、初期費用と月額料金のみの費用で済むため、プリンターにかかるコストダウンが可能。

ただし所有権はレンタル業者にありますから、不要になったときは必ず返却しないといけません。壊れるまで使いたいのであれば、買取可能なリース契約や購入のほうが良いでしょう。

さてでは、プリンターを購入した場合とレンタルした場合の費用の差は一体どれくらいなのか、相場価格を見ていきます。

プリンターの購入費用とレンタル費用の相場価格

購入 レンタル
初期費用 中古20~30万円
新品50~150万円
無料〜50,000円
月額費用 なし 5,000~15,000円

※2021年6月現在

レンタルの初期費用に関しては、導入するプリンターのサイズやレンタル業者によって大きく異なります。

初期費用がたとえ50,000円かかったとしても、2年、3年と長期間レンタルし続けなければ、中古もしくは新品のプリンターを購入するよりレンタルしたほうが安いことがお分かりいただけたでしょう。

長年にわたって事業を営んでいる起業であれば、中古のプリンターを購入できるくらいの利益はすでに獲得できているかもしれません。

しかしスタートアップ起業や今から起業を始める人たちは、利益がゼロの状態からプリンターを導入することになるので、費用が抑えられるレンタルがおすすめというわけです。

プリンター契約の増減も自由!1台だけ増やしたい・減らしたいもOK

プリンターがオフィスに何台必要かは、正直なところ実際に事業をスタートしてみないとわからない部分が多いものです。

そこでプリンターを購入してしまうと、「もう一台増やしたい」と思ったときに必要な費用の金額が大きいでしょう。2台購入したけれど使わないので減らしたいとなったら、購入したときの価格より安い値段で売りに出すことになるのでマイナスです。

その点、レンタルであればプリンターの契約の増減は自由。1台増やしたいなら契約数を1台分プラスすれば良いだけですし、減らすときは「来月から1台減らして欲しい」とレンタル業者に依頼するだけで済みます。

プリンターレンタルは購入よりもこまわりがきき、不要な費用や費用面でのマイナスを発生させにくいのもメリットの一つです。

まとめ

オフィスでの作業に必要不可欠なプリンターは、利益がまだ少ないスタートアップ企業やこれから起業する人には、購入よりレンタルがおすすめです。

レンタルであれば初期費用と月額費用を支払うだけでなので、何十万円も支払う必要はありません。

好きなときにプリンターの台数を増やせますから、オフィスの規模や作業量にあわせて都度調節できます。

プリンターのレンタル費用はレンタル会社によって異なるので、いくつか相見積もりを取り、自分のオフィスにとって最も安いと感じる業者からレンタルしましょう。