プリント革命はカウンター料金を廃止します!コスト削減で快適に印刷

ペーパーレス化が進んでいるとは言え、まだまだ紙の書類が必要なオフィスは多いはずです。

印刷には欠かせないプリンターですが、実はカウンター料金を0円にし、コスト削減できる方法があることはご存知でしたか?

今回はレンタルプリンターサービス「プリント革命」なら、カウンター料金を0円にできる理由をご紹介します。

印刷で必要なカウンター料金とは?

印刷に必要なカウンター料金とは1枚印刷するごとにかかる料金で、主にリース契約をしている場合に発生します。

たとえば、毎月モノクロ印刷を3,000枚行うオフィスで使うプリンターのカウンター料金が、1枚あたり10円だったとすると、3,000枚x10円=30,000円がカウンター料金です。

さらにリースの場合は別でリース契約料が必要なため、トータルの印刷コストが高めという特徴があります。

プリント革命の場合はカウンター料金が0円!

ではプリント革命はどうなのでしょうか。プリント革命はレンタルプリンターサービスですから、リース契約とは違います。

必要な印刷コストは、月額料金のみでカウンター料金は必要ありません。プリント革命のプランのうち「プリント放題」プランを選べばどれだけ印刷しても定額ですから、リース契約よりも印刷コストが削減できるのです。

プリント革命なら月間どれぐらい削減できる?カウンター料金と比較

では具体的に、リース契約からプリント革命に変更した場合、月額料金はどれくらい削減できるのか見ていきましょう。

今回はモノクロ印刷を月に5,000枚印刷したと仮定して計算します。リース契約料と印刷コストはそれぞれ相場料金で計算しました。

リース契約の場合

  • リース契約料・・・11,000円
  • モノクロ印刷5,000枚にかかる料金・・・モノクロのカウンター料金10円x5,000枚=50,000円

合計61,000円

プリント革命の場合

  • プリント放題の月額料金・・・8,000~30,000円

合計8,000~30,000円

このように、リース契約より31,000~53,000円のコスト削減に成功することがわかります。月3~5万円の印刷コスト削減は、オフィスにとってかなり大きいのではないでしょうか。

プリント革命に変えたい!でもリース契約を解約できないときは?

リース契約のリース契約料金はプリンター本体を購入し、購入費用を分割で支払っていると同じ意味合いになります。

そのため、契約期間が決まっており、期間内に解約すると違約金や解約手数料がかかるケースが多いのです。

では一度リース契約をしてしまうと、カウンター料金が0円で印刷コストが下げられるプリント革命に切り替えることができないのでしょうか?

実は「裏技」的な方法があるので、ここでみなさんにご紹介します。リース契約の場合、印刷さえしなければカウンター料金はかかりません。

そこで、リース契約を解約せず、印刷はしないでリース契約料金だけを支払い、新しくプリント革命でプリンターを契約し、そのプリンターのみで印刷をすればコストを削減できるのです。

カウンター料金よりプリント革命の月額料金のほうが安く済む場合が多いので、「リース契約だと印刷コストが高いかも」と感じている人は、一度併用する方法を検討してみてください。

まとめ

カウンター料金は印刷1枚につき発生する料金なので、印刷すればするほど印刷コストは高くなります。

カウンター料金は基本的にリース契約で必要になるもので、プリント革命でプリンターをレンタルすれば0円です。

リース契約は途中で解約すると違約金などが必要なため、契約満了のタイミングでなければ、プリント革命との併用を検討してみてはいかがでしょうか。

印刷コストを削減し、今以上にオフィス全体の利益を上げていきましょう。