トナーの廃棄方法って?使用済みでも安全に処理する方法を解説

プリンターを使用すると必ず出てくるのが、使用済みのトナーです。どうやって処理したらいいかわからず、困ったことがある人もいるのではないでしょうか。
トナーは一見燃えないゴミに捨てても問題内容に思えますが、決められた方法で廃棄しないと危険なのです。今回はトナーの廃棄方法や注意点について、わかりやすく解説していきます。

トナーの廃棄方法

トナーを廃棄する際は、他のごみと同じように袋にいれてゴミ捨て場に置けばいいわけではありません。トナーは一般ごみには含まれないため、特殊な方法で処理する必要があるのです。

なぜかというと、トナーは使用済みでも、中には少量の粉が残っています。この粉が空気中に舞ってしまうと、粉塵爆発を起こすかもしれません。また爆発せずとも、トナーの粉を人が吸い込んでしまうと、気管支に影響を及ぼすことがあります。

そのため、トナーは燃えないごみとして捨てるのではなく、産業廃棄物の処理やトナー専用の回収サービスを利用することが必須です。手間はかかってしまいますが、そのまま捨てることは大変危険なので、処理する際には気を付けてくださいね。

回収する場合の窓口

トナーを捨てる際は、回収窓口に頼むことがもっとも簡単です。それぞれの方法を紹介しますので、試しやすいものを見つけていただければと思います。

産業廃棄物として捨てる

一つ目は、企業の産業廃棄物としてゴミ処理を頼むことです。自社のオフィスがある自治体の専門業者に依頼して、トナーを廃棄してもらうことになります。コストはかかりますが、確実で安全に処理できる方法の一つです。

メーカーのリサイクル回収

二つ目は、トナーを販売しているメーカーに依頼してリサイクルトナー用に回収をしてもらうことです。新しいトナーを配送してくれる際に、使用済みのものを引き取ってくれるところもあるので、そういったサービスを活用すれば、毎回処理の依頼をする手間が省けます。

家電量販店のトナー回収ポスト

三つ目は、家電量販店に設置されている回収ポストに持ち込むことです。無料で処理してもらえるため、コストを抑えたい人にはおすすめの方法です。ただ毎回店舗に持っていく必要があるため、移動に時間をかけたくない場合は不向きでしょう。

不用品回収サービス

最後に紹介するのは、不用品回収の業者に依頼してトナーを廃棄してもらう方法です。コストはかかりますが、使用済みのトナーが溜まってしまっている場合は、すべて回収してもらい、在庫を一掃できます。

使用済みトナーを廃棄する際の注意点

使用済みトナーを廃棄する際に注意したい点は主に二つです。一つ目は、使用済みトナーを入れる箱はメーカーや業者指定のものを利用することです。自分たちで用意したものにしまう場合、粉塵が飛散するリスクがあります。廃棄する際は、必ず業者にトナーを入れる箱がないか確認しましょう。

また、廃棄する際はメーカーの説明書に一通り目を通すことも欠かせません。どの廃棄方法であっても、メーカーの説明書通りになっていて問題はないか、事前に確認することで、自分たちの安全を確保できます。

まとめ

トナーの廃棄方法や、回収してもらう際の窓口を紹介しました。トナーの廃棄は一般ごみと同じようにはできないため、必ず専門の窓口に頼んでくださいね。処理方法は産業廃棄物としての処理や、メーカーの回収などさまざまなものがあります。コストや手間を考慮して、自分たちに合ったものを選択しましょう。