レンタルプリンターの保守は不安?プリント革命なら安心できます!

プリンターの保守の内容はリース契約とレンタルで内容に差があります。一般的にリース契約のほうが手厚いとのイメージがありますが、やはりレンタルの保守内容では心許ないのでしょうか?

たしかに、レンタルの場合はリース契約に比べると保守内容が劣る場合が多いのですが、プリント革命なら手厚いサポートが受けられます。

今回はリース契約とレンタルの基本的な保守内容と、プリント革命ではどんな保守内容になっているのかを説明しましょう。

プリンターの保守でイメージするのはリース契約の保守?

「プリンターの保守」というと、おそらくほとんどの人がリース契約時の保守をイメージするはずです。

保守契約は長い期間、リース契約したプリンターを良い状態で使い続けるために必要なメンテナンス費用のようなもの。リース契約の場合は年単位で契約するため、トラブルが起きたら修理し、トラブルがなくても定期点検をする必要があるのです。

しかし、プリンターのレンタルは通常そこまで長期間使うことを想定していないので、ほとんどのレンタル業者が保守らしい保守を用意していません。あっても不具合が起きたときに電話で相談に乗ってくれる、ぐらいでしょうか。

スポット的にレンタルを利用する場合が多いですから、保守までは必要ないと考えているのでしょう。

とは言え、中にはある程度長い期間レンタルでプリンターを利用したいと考えている人もいるはずです。そのような人にとっては、リース契約に比べてレンタルの保守内容は「不安」と感じるのは無理もないでしょう。

プリンターのリース契約の保守はどんな内容?

内容が濃いイメージがあるリース契約の保守ですが、具体的にどのような保守内容なのか見ていきましょう。リースの場合の保守には「カウンター保守」「キット保守」「スポット保守」の3種類あり、内容は以下のとおりです。

カウンター保守

定期的にメンテナンスが受けられ、トナーは無料で提供される。

キット保守

トナー使用期間中は修理費用が無料。ただし、トナーがなくなると再び購入が必要。

スポット保守

契約時にトナーを購入。修理代や部品代、トナー、消耗品費は有償。その代わり、継続的な保守料金は不要。

このうち、最も多く契約されているのが「カウンター保守」です。カウンター保守契約を選ぶと、印刷1枚につきカウンター料金が発生しますが、メンテナンスとトナー料金が無料なので、料金を気にすることなく常に快適な状態でプリンターが使用できます。

プリント革命の保守内容は?リースより不安?

レンタル業者は保守を用意してない場合が多い中、プリント革命であれば以下の内容が保守に含まれています。

プリント革命の4つの安心保守サポート内容

  • 当日発送可能
  • 遠隔サポートあり
  • 代替え品手配OK
  • 出張サポート対応あり

プリント革命は契約すれば最短当日に発送してくれるので、なるべく早く利用したい人にとっては助かる保守内容でしょう。

万が一プリンターが不具合を起こしても遠隔でサポートしてくれますし、それで直らない場合は代替え品を送ってくれます。もちろん出張サポート対応もあるので、リース契約に劣らない保守内容となっているのです。

先ほどご紹介したリース契約のカウンター保守契約料は、利用しなくても毎月支払わないといけません。その点、プリント革命なら必要なときに費用が発生するだけなのでムダな出費を防げます。

まとめ

一般的にはレンタルよりリース契約のほうが保守内容は充実していますが、プリント革命ならリース契約に匹敵するほど充実した保守内容となっています。

基本的に支払うのは月額費用のみで、サポートが必要になったときに保守費用を支払えばOKなので費用削減にもつながるでしょう。

保守内容が少ないと不安でレンタルの利用を迷っているなら、ぜひ一度プリント革命の契約を検討してみてください。