プリント革命のレンタルプリンターの性能はリース機よりも劣るのか

リース契約の場合は契約期間が長期なので、長い期間使うことを考えて高性能なプリンターを用意しているリース会社は多いものです。

それに対してレンタル会社は、どちらかと言えば短期で使うか、規模の小さいオフィスで使うときに利用する場合が多いので、高機能なプリンターは用意されていないことは少なくありません。

では、レンタルプリンターサービス「プリント革命」はどうなのでしょう?ほかのレンタル会社と同じく、リース機よりも性能は劣っているのでしょうか。

リース契約の大型複合機は確かに高性能

リース契約は本体代を購入し、分割払いするという意味合いでリース契約料を支払います。そのため、長い期間使えるよう、高性能で本体代が高めの大型複合機が用意されているケースがほとんどです。

そもそもリース契約は規模の大きいオフィスが利用する場合が多いので、中型機や性能の低いプリンターでは業務に支障が出てしまいます。

その分、リース契約料金は月額10,000円オーバー、そこにプラスしてカウンター保守料金が毎月50,000円前後必要なため、毎月の印刷コストが高めなのがデメリットです。

プリント革命のラインナップは中型機がメインだが高性能機

ではプリント革命の場合はどうなのでしょうか。短期的に利用する人や小規模なオフィスが利用することが多いレンタルなので、プリント革命のラインナップも中型機がメインです。

しかし、中型機のわりに高性能なプリンターが多いため、機能性を求める場合でも、大規模なオフィスでなければそこまで不便とは感じないでしょう。

1台の比較では劣るが中型機を2台導入した方が効率的

プリンター1台の機能性を見ると、高性能ではあってもやはり中型機しかないので、規模の大きいオフィスではプリント革命は合わないと思うかもしれません。

しかし、中型複合機を2台以上レンタルすれば、実は大型複合機1台の導入よりも業務が効率よく進む場合もあるのです。

先ほどご紹介したとおり、大型複合機は1台あたりの価格が高いため、ある程度規模が大きいオフィスであっても、2台以上導入するのは費用的に厳しい場合もあるでしょう。

大型複合機が1台しかないと、順番待ちによってなかなか印刷ができず業務効率が低下してしまうことも。

そこでプリント革命で中型複合機を2台以上レンタルすれば、デスクの各島ごとに設置することも可能なので、印刷の待ち時間がカットできて業務効率が上がります。

「中型複合機でも2台以上レンタルしたら、それなりに費用が高くなるのでは?」と心配される人もいるでしょう。でも安心してください。

プリント革命なら、大型複合機を1台リースする料金で同等のスペックの中型機を2~3台分レンタルできます。これは1台あたりのレンタル費用が安いプリント革命ならではの魅力と言っても過言ではないでしょう。

プリント革命なら7日間無料でお試しできる!(まとめ)

大型複合機と中型複合機を比べると、やはり大型複合機のほうが安心できる気がして、リース契約かプリント革命の利用かで迷っている人もいるでしょう。

そのような人でも使いながら検討ができるよう、プリント革命では7日間無料でお試しできるようになっています。ひとまず1週間使ってみて、中型機でも高性能であれば問題ないと判断できれば、そのままレンタルを続ければOK。

もし「やっぱり大型複合機がいい」と思っても、お試し期間が終わる前なら無料で解約できるので安心してください。

実際に使ってみないとわからない部分もありますから、まずはお試しだけでも利用してみてはいかがでしょうか?ネット見積もりは無料なので、ぜひ問い合わせてみてください。