プリンターの導入はリースではなくプリント革命のレンタルプリンターがおススメ

リース契約の場合は、新品の場合はメーカーも機種も自由ユーザーが選択することが出来ます。
しかし多くの場合、事務機器販売の営業マンが提案してくる機種は、例外なく大型複合機コピー機の最新機種になります。
SOHOから大企業まで、この基本は変わりません。

それに対してレンタルプリンターサービスは、用意されている機種が限定されています。
レンタルプリンターに対して、短期で使うか、規模の小さいオフィスで使うときに利用するイメージを、お持ちの方も多いと思います。

それは、大きな誤解です。
「プリント革命」のレンタルプリンターサービスは、繁忙期の短期利用や、小規模オフィスでも利用されていますが、むしろ長期的な利用や、大量印刷ニーズの利用が多く、大企業にも数多く導入されています。

プリンターの導入はリースではなく、「プリント革命のレンタルプリンター」がおススメな理由を解説します。

リース契約の大型複合機は確かに高性能

リース契約で導入される大型複合機コピー機に限らず、プリンター全般の性能指針の基準になっているのは、1分間にどれだけの枚数を連続して印刷出来るか?です。

枚数の多いプリンターは当然価格も高くなり、月々のリース代に反映されます。

一般的にオフィスに導入されている大型複合機コピー機のスペックは、概ね以下の通りです。

連続印刷枚数 月額リース料相場 推奨月間印刷枚数
20枚/分 10,000~18,000円 1,000~3,000枚
30枚/分 12,000~18,000円 3,000~6,000枚
40枚/分 16,000~23,000円 6,000~10,000枚

月々に支払うリース料×支払い回数=機種代にはなりません。
本体価格に加えて、リース会社の金利経費等を総金額として、期間月数で均等に支払っていくのがリース料です。

連続印刷を普段からコンスタントに必要とするオフィスでは、連続印刷枚数の多い高性能機種を選択する価値はありますが、1枚から数枚を印刷する事が大半のオフィスでは、高性能に見合ったコストを支払う意義は殆ど有りません。

たとえば、月額リース料18,000円×5年(60回)=1,080,000円の費用を支払っている事になります。月々に支払うリース料だけでなく、使い方に見合ったコスト性能であるか?オフィスごとに見直す必要が有ります、

また、これは本体のみでランニングコストは入っていません。
リース契約の大型複合機コピー機の導入では、カウンター料金保守サービス契約を結ぶのが一般的で、概ねモノクロ1枚2円・カラーで1枚20円程度のカウンター料金を、印刷した枚数分だけ支払う必要が有ります。印刷枚数が少ない場合でも、最低料金が設定されていて、概ね3,000円程度は支払う約束になっています。

プリント革命のラインナップは中型機がメインだが高性能機

プリント革命のラインナップは、中型の複合機がメインです。

大型機を扱えば、設置にプロを利用する必要が出てきて、配送料も高額になり、その分のコストはレンタル料に反映せざる得ません。
利用しやすいレンタル料と、配送料無料を堅持するためでもありますが、オフィスの限られたスペースを有効活用出来るのは、大型複合機コピー機には無い中型複合機のメリットです。

自信を持って中型機をオススメ出来るのは、大型複合機コピー機にも遜色ない性能を、持ち合わせているラインナップに有ります。

たとえば、「プリント革命」の「CL-B30」は、大型複合機コピー機を利用していたユーザーが乗り換える事が多くなっています。毎分31枚印刷出来るスピードは、通常多く導入されている大型複合機コピー機にも劣りません。

コスト的にも大きなメリットが有ります。

月額18,000円のリース料を支払い、カウンター料金がモノクロ1枚2円・カラー1枚20円で契約している事業所で、モノクロ1,000枚+カラー2,000枚印刷した場合の料金は、18,000円(リース料)+1,000枚×2円+2,000枚×20円=60,000円になります。

「CL-B30」のライトプランなら、同じ枚数に掛かる費用は、月額レンタル用の20,000円のみで、月々の費用は1/3に経費削減することが可能です。

1台の比較では劣るが中型機を2台導入した方が効率的

普段から大量印刷をしているオフィスでは、印刷中にコピーをしたい・FAXをしたい・プリントアウトしたい等の他の利用者は、印刷作業が終了するのを待つしかありません。
どれだけ印刷スピードが早くとも、一台のリース契約の大型複合機コピー機を交代で使っていては不便です。

業務効率を上げるには、大型複合機を一台導入するのであれば、中型複合機を2台運用する方が効率的です。

中型複合機コピー機を2台運用する事で、全く別のタスクが同時進行出来る事で、利用したい時に利用出来る効率的な環境が実現するだけで無く、印刷速度も向上します。

1分間に40枚の印刷能力の有る大型複合機コピー機に、中型複合機コピー機は単体では及びませんが、2台導入することで、30枚の連続印刷能力のある中型機なら、1分間に60枚の印刷能力を有する事になります。

さらに、経費削減にも効果が有ります。

コンスタントに大量印刷するオフィスには、カウンター料金が安く設定されるケースが有ります。
たとえば、1分に40枚程度印刷出来る能力のある、月額リース料20,000円の大型複合機コピー機で、カラーのカウンター料金が1枚10円の場を計算してみましょう。

〇リース契約の大型複合機コピー機

(カウンター料金)100,000円+(リース月額料金)20,000円=120,000円が印刷経費として掛かります。

〇「プリント革命」のレンタルプリンター 2台導入

「プリント革命」<CL-B30プラン>の月額レンタル料は30,000円です。

(月額レンタル料)30,000円×2台=60,000円です。他にはトナー等の消耗品代や、カウンター料金も一切掛かりません。60,000円が印刷経費になります。

費用だけでなく、<CL-B30プラン>は、カラー印刷を1分間に31枚こなす能力が有り、2台で分散して行えば、合計1分間に62枚の印刷能力になり、同じ大量印刷を行った場合の、印刷終了までに掛かる時間も短くなります。

プリント革命なら7日間無料でお試しできる!(まとめ)

大型複合機と中型複合機を比べると、やはり大型複合機のほうが安心できる気がして、リース契約かプリント革命の利用かで迷っている人もいるでしょう。

そのような人でも使いながら検討ができるよう、プリント革命では7日間無料でお試しできるようになっています。ひとまず1週間使ってみて、中型機でも高性能であれば問題ないと判断できれば、そのままレンタルを続ければOK。

リース契約を結ぶには、リース会社による審査があり、審査が通らなければリース複合機の導入は出来ません。
実績を示すことが出来ないスタートアップ企業では、審査は簡単に通りませんし、仮に通っても、リスクを考えた金利が上乗せされ、高額のリース料率が設定されることが大半になります。

レンタルプリンターサービスでは審査が不要で、初期費用もリースと同様に掛かりません。月々に掛かるレンタル料以外は、カウンター料金も掛からず、それでいて別料金無しに、消耗品のインク・トナーの供給が受けられます。

今すぐだせる!
30秒でカンタンに無料お見積り!

プリンター/複合機を入れ替えることはコストの見直しの第一歩です。

ご担当者様情報とご希望のプランを選択するだけですぐにお見積りをメールでお送りします。