プリンターのランニングコストを大幅削減!最適解は購入よりもレンタル

印刷コスト削減をお考えなら、プリンターから見直してみませんか?

プリンターや複合機はランニングコストが高めの備品です。大量に印刷する部署であればほぼレンタルのほうがお得になり、年間通してみると大きなコスト削減が実現可能です。
プリンターのランニングコストなんて大したことないだろう、とお思いかもしれませんが、1枚あたり意外と費用がかかっています。月間、年間とみるとかなりの費用がかかっている場合も見受けられます。

この記事ではプリント革命でのレンタルに対して、プリンターを購入して純正インクで利用した場合のコストを比較しています。コスト削減をお考えの方は参考にしていただけると幸いです。

レンタルと購入どっちが安い?ランニングコストから比較

プリンターのランニングコスト比較を、購入、プリント革命でのレンタルとそれぞれのケースから見ていきたいと思います。

プリント革命のプランBIJ-E25に対して、対象機種はエプソンのPX-M781Fです。
一枚あたりのランニングコストは、エプソンの公式ページを参照しています。今回はカラープリント1枚あたり7.3円で計算を行います。
https://www.epson.jp/products/bizprinter/pxm781f/feature_3.htm
※今回は消費税はないものとして計算します。

プリント革命の「プリント放題プラン」とエプソンのPX-M781Fの比較

プリント放題プランは印刷枚数の上限は10,000枚/月となっているので月間10,000枚を印刷する想定で比較してみます。

エプソンのPX-M781Fを月10,000枚印刷した場合は7.3✕10,000=73,000円。
プリント革命なら10000枚印刷をした場合は25,000円。

月間だと73,000円(PX-M781F)-25,000円(プリント革命)=48,000円もの削減になります。
年間だと48,000円✕12ヶ月=576,000円もの印刷コストの削減が可能です。

プリント革命の「ライトプラン」とエプソンのPX-M781Fの比較

ライトプランは印刷枚数の上限は3000枚です。

エプソンのPX-M781Fを月3,000枚印刷した場合は7.3✕3,000=21,900円。
プリント革命なら3000枚印刷をした場合は16,000円。

月間だと21,900円(PX-M781F)-16,000円(プリント革命)=5,900円もの削減になります。
年間だと5,900円✕12ヶ月=70,800円もの印刷コストの削減が可能です。

印刷枚数が増えるほどレンタルが割安に

プリント枚数が増えるほどレンタルが割安という結果が鮮明になりました。

実際印刷する時はカラープリントとモノクロプリントはどちらがおおいでしょうか?
プリント革命ではカラー印刷でもモノクロ印刷でもレンタル料金は同じという点もうれしいポイントです。
それなりの規模の部署であればプリンターはレンタルしたほうが、コスト削減に大きな効果を発揮するという事がわかりました。

コスト削減をお考えのご担当者さまは、プリンターのランニングコストから見直してみてはいかがでしょうか。

プリント革命は保守サービスも万全です

https://printing.ink-revolution.com/

プリント革命は大幅に印刷コストを削減できるだけではなく、保守サービスも万全です。

  • 複合機もインク/トナーは、平日12時までのご注文で当日中に発送
  • プリンターの不具合には電話やメールにて専門スタッフが対応
  • 不具合が解決できない場合は出張サポートで対応(優良)
  • 修理が必要な場合は代替品を迅速にお届け

備品の発注やトラブルにも即座に対応できる点がプリント革命の強みです。
プリント革命の遠隔サポートは90%以上もの解決率で安心してお使いいただけでなく、コスト削減や利益拡大化を図りつつも、レンタル中に安心してお使いいただけることも合わせて重視しています。
プリント革命の複合機で安定運用しつつ、コスト削減を実現してみませんか?