プリンターのコスト削減ならリースよりもレンタルを選ぶべき理由

複合機を社内で使う場合、リース契約を結ぶのが一般的ですがプリンターも同じようにリース契約していませんか?

数百万円もする高額な複合機であればリース契約が有効かもしれませんが、本体価格がさほど高額でない場合は、リースよりもレンタルのほうが安く、かつ都合よく使うことができます。
プリンターはコピー機ほどではありませんが、比較的ランニングコストがかかる備品です。部署内のコスト削減を考えるなら、まずは複合機まわりから見直してみませんか?この記事ではリースとレンタルのランニングコストを比較し、より適切なプリンターの使い方を提案していと思います。

プリンターのランニングコストをできるだけ安く上げたいと思っている担当者の方は、ぜひご参考にどうぞ。

リース契約はリース代金のほかにカウンター保守代金がかさむ

リース代金が思いの外高いなぁと思ったことはありませんか?ご存知の方も多いかと思いますが、リースには本体のリース料の他に、カウンター保守代金といって、メンテナンス、と印刷1枚あたりのランニングコストが加算されているのです。

このカウンター保守代金の相場は、モノクロで一枚あたり1円~2円、カラーで1枚あたり10円~20円となっていますので、カラー1000枚ほどの印刷で10000円~20000円のカウンター保守代金が発生します。

リース代金の相場は、8000円~20000円といわれていますので月1000枚程度印刷する場合は、18000円~30000円位はかかることになります。枚数が増えると当然、料金も加算されていきますので、枚数が多ければ多いほどランニングコストがかさんでいくということになります。
月1000枚の印刷はそれほど多い枚数ではないと思いますが、プリンターレンタルは定額10000円からありますので、月1000枚程度の印刷でもリースよりレンタルのほうが割安ということになります。

リースは5年以上の長期契約が前提。途中解約には違約金も

リースは基本的に5年以上の長期契約を前提としています。
リース料金だけでも5年の月日をかけてかなりの金額を支払うことになっています。
リース会社が購入にあてた本体の代金を回収し、プラスにする必要があるのでこのような長期契約が前提となっているのです。カウンター保守代金も合わせてようやくプラスになる、といった具合です。

そのような事情のため、途中解約は基本できないようになっています。もし途中解約をする場合は、残りの残金を支払うことで契約解消できることもあります。

大きなプリンターが必要ない小規模運用で、かつ長期利用の前提がない場合、リース契約のメリットはほぼ無くなるといってもいいでしょう。
プリンターはリース契約よりもレンタルのほうがコスト削減の観点からみても分がありそうです。

プリント革命はプリンターレンタル料のみで運用できます

リース代金やカウンター保守料金など、ランニングコストがかかりがちなリース契約ですがプリント革命ならプリンターレンタル料だけで運用することができます。
ライトプランは月3000枚、プリント放題プランは月30000枚までの印刷が可能です。

月額5000円からレンタルでき、高画質、高速印刷のBIJ-E25プランでも月額16000円からレンタル可能です。レンタル料だけでなくサポート体制にも力をいれており、本体、インクの注文は当日12時までの発注で即日発送します。

不具合対応は基本電話やメールで行っており、解決率90%を維持しているのも見逃せないポイントです、プリンターのランニングコスト削減には、ぜひプリント革命のレンタルプリンターをお選びください。確実なコスト削減を実現することができます。