プリンター・複合機のレンタル・リースは途中解約できる?解約の流れを解説

プリンター・複合機をレンタル・リースするにあたり、「途中で解約したくなったら、どうすればいいのだろう?」と不安になることもあるでしょう。
スムーズに解約できるのか、加えて違約金は発生しないのか、気になる部分ですよね。

そこで本記事では、レンタル・リースしたプリンター・複合機を解約する際の流れを解説します。プリンター・複合機のレンタル・リースを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

レンタルしたプリンター・複合機はいつでも解約できる

レンタルしたプリンター・複合機は、解約のタイミングが自由です。解約にあたり違約金も発生しません。
解約したいと思ったタイミングで、業者に連絡しましょう。

ただしほとんどの場合、「解約の場合、◯ヶ月前に連絡」のように、連絡のタイミングが定められています。事前に契約条件を確認し、余裕を持って解約手続きに進んでください。
解約の連絡をした後は、プリンター・複合機を返却します。業者が回収しに来たり、指定の場所に郵送したりするのが通常です。

購入したプリンター・複合機は廃棄か売却が基本

購入したプリンター・複合機の場合、そもそも解約という考え方がありません。プリンター・複合機を使わなくなったら、廃棄か売却が基本です。
売却を選択する場合は、一部金額が回収できます。ただし経年劣化したプリンター・複合機に買取価格の保証はなく、大きな期待はできません。

プリンター・複合機を購入する場合は、長年に渡って使い倒す心持ちが必要です。

リースしたプリンター・複合機は途中解約が困難

リースしたプリンター・複合機は原則、途中解約ができません。
リースはレンタルとは違い、業者がユーザーの代わりに製品を購入し、それを提供しています。たとえプリンター・複合機が故障したとしても、途中解約は不可能です。基本的には、契約期間満了まで使い続ける必要があります。

リースしたプリンター・複合機を途中解約する唯一の方法は、違約金を支払うことです。
ただし違約金は残りの契約年数が長く残っているほど、高額となります。
またほとんどの場合、違約金は一括支払いです。リースしたプリンター・複合機を途中解約しようとしても、大きな出費となってしまいます。

なお一般的に、プリンター・複合機のリース契約期間は3〜5年程度です。プリンター・複合機をリースする際は、長くに渡って使い続ける前提で契約しましょう。

プリンター・複合機を安価に利用する方法

https://printing.ink-revolution.com/

プリンター・複合機を安価に利用したい場合は、「プリント革命」がおすすめです。

プリント革命は、プリンター・複合機を月額契約でレンタルできるサービスです。
リースのように途中解約による違約金がなく、1ヶ月前の連絡でいつでも解約できます。プリンター・複合機のスペックに過不足を感じた際は、途中で機種変更も可能です。

「プリンター・複合機を導入したいけど、長期の契約は不安」という場合は、安価で手軽なプリント革命を検討してみてください。