プリント革命が最速でプリンターやインクをお届けできる理由

インターネットで買い物をすることが、日常になりました。
目的の商品を効率よく探すのに、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のショッピングモールが良く利用されています。

商品を注文したら、1日でも早く到着して欲しいのは、ユーザーの共通した願いです。
しかし、注文を受けた商品を速やかに出荷する事は、実は簡単ではありません。

プリント革命が業界最速で、プリンターやインクをお客さまにお届けできる理由を解説します。

プリント革命では平日12時までのご注文は当日発送しています

2020年6月に市場調査機関のMMD研究所株式会社が発表した、ショッピングモールのメイン利用率は、Amazonが52%・楽天市場は28%・Yahoo!ショッピングは11.3%と、Amazonが席巻しています。

Amazonが圧倒的有利なポジションを構築出来た理由は、注文商品を迅速に発送出来るシステムに拘るからです。自社で在庫を持つ商品を、自社で管理する倉庫に入れて管理する(自社在庫以外の商品を、預かって出荷している物もあります)事で、圧倒的なレスポンスを実現しています。

一部のモールでは、Amazon追撃のために、外部ロジスティクス企業と提携したり、一部に自社倉庫を画策したりしていますが、現状は全くと言って良いほど機能していません。
自社でロジスティクス・物流を構築するのには、多くの資金とノウハウに加えて、時間が必要です。

自社で在庫を持たない販売形態では、注文が付いたら別の企業にオーダーを出して、保管してある別企業の倉庫に連絡が入って、多くある注文の順番を待って、商品の中から目的物を探して、出荷手配をするプロセスが必要になります。

レンタルプリンターサービスを提供する主な企業の、追加インクの注文を受けてから発送までの期日を見てみましょう。

スリホ 3営業日以内に発送
ウルトラプリント 当日又は翌営業日
プリント無制限 翌日以降の平日
プリント放題 平日16時までのご注文で関東圏であれば当日発送
エコプリ ほとんどのところは注文した翌営業日発送

プリント革命では、平日の12:00までのご注文は”即日”発送、最短翌日にインクが届きます。

システム化されたロジスティクス

プリント革命の商品発送システムは、自社在庫を自社倉庫で管理し発送するという意味では、前述のAmazonに非常に近い考え方です。

しかし、プリンターレンタルに関わる物量だけでは、多額の資金が必要になるシステム化されたロジスティクスは、とても採算が合いません。
それが可能になるのは、運営会社に秘密があります。

プリント革命を運営するのは2009年創業の株式会社シー・コネクトです。
株式会社シー・コネクトは、高品質・低価格な互換インク・リサイクルインクをはじめ、互換トナー・リサイクルトナーを販売する「インク革命」を運営しています。

「インク革命」は5万社以上の法人と取引実績があり、個人を合わせると38万を大きく超える会員数で、販売件数は1,100万本以上を誇ります。
実に34秒に1本の割合でインク・トナーが販売されています。

株式会社シー・コネクトの特徴の中に、「内製化」があります。
膨大な在庫の中から迅速に出荷が可能になる、システム開発やロジスティックスも内製化しています。

日々進化を遂げる「インク革命」のロジスティクスは、現在全国70%のお客さまに夜7時までの注文を翌日にお届け・関東関西の対象地域に関しては、朝9時までの注文を当日お届けするサービスを展開しています。

プリント革命が、業界最速でプリンターや追加インクをお届けできる理由は、この内製化した、高度にシステム化されたロジスティクスを利用しているからです。

東京、大阪の2拠点からの発送

物流倉庫は、必ずしも都心に置く必要はありません。
土地の比較的安いエリアにある方が、断然維持コストは安くなります。

しかし、株式会社シー・コネクトは、高度にシステム化されたロジスティクスを最大限に活かすため、東京と大阪の2箇所に敢えて居住者や企業の多いエリア選んで、ロジスティクスセンターを設置運営しています。

東京ロジスティクスセンターは東京都江戸川区に、大阪ロジスティクスセンターは大阪府寝屋川市にあり、全国への迅速な発送を可能にしています。

プリント革命が最速でプリンターやインクをお届けできるのには、ちゃんと理由があります。

今すぐだせる!
30秒でカンタンに無料お見積り!

プリンター/複合機を入れ替えることはコストの見直しの第一歩です。

ご担当者様情報とご希望のプランを選択するだけですぐにお見積りをメールでお送りします。

ABOUTこの記事をかいた人

enblo

名古屋在住のIT・通信・格安SIMライターです。 プリンターはDOS時代のドットプリンターから使い始めて 初期のインクジェット、モノクロレーザープリンター カラーレーザープリンターを使ってきて モノクロ複合機を経てカラーデジタル複合機リースに到達。 業務用テキスタイル熱転写プリンター 業務用テキスタイルインクジェットプリンター見学に 国内・海外工場に何度も足を運ぶマニアで 日夜情報収集に励んでいます。