レンタルプリンターサービス「プリント革命」が最安値級な理由

レンタルプリンターサービス「プリント革命」は、なんと言っても利用料金が安いのが魅力です。

ただ安いだけでなく、魅力的な特徴があっての最安値級ですから、レンタルを検討している方はもちろんのこと、リース契約や購入を検討している方にもおすすめ。

では具体的にどう言った点がお得なのか説明していきます。

プリント革命の料金プラン

まずはプリント革命の最安値級の料金プランについてみていきましょう。

ビジネスインクジェット複合機 プリント放題

プラン

ライトプラン 初期費用・その他月額費用
BIJ-E25 エプソン ¥25,000 ¥16,000 0円
BIJ-B18 ブラザー ¥18,000 ¥12,000 0円
BIJ-C15 キヤノン ¥15,000 ¥10,000 0円
BIJ-C12 ¥12,000 ¥8,000 0円
BIJ-C8 キヤノン ¥8,000 ¥5,000 0円
レーザー複合機
CL-B30 ブラザー ¥30,000 ¥20,000 0円
ML-C15 キヤノン ¥15,000 ¥18,000 0円

これを見るとわかるように、プリント革命の料金プランには「プリント放題」プランと「ライトプラン」の2つのプランが用意されています。

この2つのプランは大量にプリントしたい場合はプリント放題、そこまで極端にプリントしない場合はライトプランと、使い方に対して最適な料金設定となっています。

具体的にはプリント放題プランが月刊1万枚。ライトプランでも3,000枚まで印刷可能となっているのです。

プリント革命は月間印刷枚数が業界最多

このプランについて見ていくにあたって、まずは月刊印刷枚数について説明していきましょう。

月間印刷枚数とは

月刊印刷枚数とは、文字通り月に印刷する枚数のことです。

この枚数が多ければ、消耗品であるインクの料金高くなり、月間で大量に印刷する場合、このインクのコストがネックになります。

月間印刷枚数が1,000枚と3,000枚ではコストは三倍も違う

一般的なオフィスの場合、月刊印刷枚数は概ね1,000枚以下となっています。

月に1,000枚プリントする場合、20日で割れば1日に50枚程度の印刷となります。

感覚的には多くの場合、せいぜいこの程度の印刷枚数ではないでしょうか。

しかし業務用にもっとたくさん印刷する場合もあるはずです。

1日100枚を1ヶ月毎日30日間印刷すれば、月刊印刷枚数は3,000枚になってしまいます。

当然ながら枚数が3倍になれば、インク代も3倍になり、そのコストは決して見過ごすわけにはいかないはずです。

そこで利用したいのが、プリント革命のプランです。

少し多めとも思える月間3,000枚までの印刷でも、ローコストなライトプランで利用でき、さらにそれ以上印刷する場合でも、プリント放題プランであればなんと1万枚までプリントできてしまうのです。

表をご覧いただければわかる通り、プリントし放題プランはライトプランと比較して1.5程度の料金設定となっています。

これでプリント枚数が一気に1万枚まで増えるわけですから、そのコスパは圧倒的と言えるでしょう。

プリント革命の契約期間は月ごとに更新制

ただ月額料金を安く抑えているということだけがプリント革命の特徴ではありません。

一般的にローコストでレンタルする場合、実は長期契約しかできないなどの「縛り」の条件があるものですが、プリント革命は好きな時に1ヶ月単位で好きな期間プリンターが利用できるのです。

年単位の契約ではないから必要な時に使える

プリント革命の契約は、原則使い始めてから1ヶ月単位となります。

もし1ヶ月単位でなく1年単位でしか契約できないと、たとえば繁忙期だけ使いたい、イベント時に使いたいといったニーズには答えられなくなります。

あるいは急に印刷する必要がなくなったときにも、1年契約であれば残りの期間全く無駄な費用を支払わなければなりません。

リースのような5年契約だと辞めたいときにやめられない

さらにこれがリース契約のような5年契約といった長期契約だったとしたらどうでしょう。

色々な理由で解約したいと思っても、一旦リース契約をしてしまうと5年間基本的にはリース料を支払い続けなければなりません。

リースの途中解約は違約金がかかる

もちろんリース契約であっても、形式的には途中解約も可能です。

しかしリース契約を解約する場合、違約金が発生してしまいます。

この違約金は状況によっては、残債と同程度の金額を一括で払わなければならないなど非常に負担になってしまいます。

コストが定額制なので気兼ねなく印刷できる

このようにインク代、そして月間のプラン費用において非常に負担が軽い、リーズナブルなプリント革命のレンタルプリンターですが、コスト削減できることで、印刷による業務改善もしっかり実現できます。

コストの削減のために印刷を減らすことはしないでいい

いままで印刷1枚ごとにカウントされ、印刷代がどんどん増えてしまうような使い方をしていた場合、ついコストが頭に浮かび枚数を遠慮しながらプリントしていたという経験はないでしょうか。

しかしプリント革命を利用すればそのような心配をせず、思っただけの印刷が可能となり業務効率や営業効果もぐんと上がるはずです。

むしろ必要なものを印刷できるので業務効率もUP

プリント枚数を気にしながら印刷していると、必要な書類の印刷ができなかったり、資料が不足してしまうことも頻出します。

プリント革命で印刷すれば必要な文を気にせずに印刷できますから、書類の欠けや不足がなくなり、業務もすっきり捗るはずです。

安定したインク品質、すぐ届くいプリンターやインク、安心のサポート

コストダウンと業務改善を両立できるプリント革命ですが、ひょっとしたら「安かろう、悪かろう」ではあるまいかと心配されるかもしれません。

しかしプリント革命はコストやインク使い放題だけではなく、しっかりとした品質とサポートを提供しています。

インクはインク革命の安定品質のインクを使用

まずはインクの品質に対してのこだわりです。

プリンターにとってインクの品質は非常に重要であることは、プリント革命としても十分理解しています。

満足いただける印刷クオリティをキープする安定品質のインクを使用することで、お客様の満足をいただいています。

自社倉庫からの発送で注文後すぐ届く

インクの発想は外部サービスを使ったオペレーションではなく、自社工場から直接奥役様の元へ発送します。

そのためインクを注文してからのリードタイムが短く、インク切れの状態を最短にできます。

もし自社に倉庫がない場合、一旦お客様からの注文を受けた後に、インクメーカに注文して発送してもらうという二度手間により、お客様がインクが使えない状態が長引いてしまいます。

そのような状況を避けるため、インクが無くなったらできるだけ早くお手元にお届けするための努力でもあります。

解決率90%以上のサポート体制

プリント革命の保守契約は月間の利用料金の中に含まれています。そのため別途料金は必要ありません。

さらにプリント革命の保守は「遠隔サポート」となり、電話やメールで対応します。

これは無駄に全国に拠点を配置することなく、迅速に遠隔サポートすることでコストをカットしつつ、スピーディーなトラブル解決を実現しています。

その証拠となるのが解決率が90%を超えているという数字に現れているでしょう。

万一遠隔サポートで解決しない場合は、代わりの機種を迅速に発送するという対応をしてくれます。