オフィスで大活躍の複合機ってどんな種類があるの?タイプ別に解説します

いつもコンビニやオフィスで当たり前に見る複合機ですが、実際にはどんな種類が取り揃えられているのでしょうか。
複合機の歴史は古く、初期はコピーとFAXが一体となったモデルが発売されていましたが、ITテクノロジーの進化によりスキャンやHDDなどの機能も取り入れられるようになり、その名の通り複合的なツールを集約した機器となっています。

現在コンビニに設置されている複合機は、驚くほどの多機能、かつ高性能な機器にまとめられています。
この記事では、複合機の中でもオフィスやコンビニに置かれている大型複合機について解説しています。大型複合機の具体的な機能が知りたい方は是非、参考にどうそ。

大型複合機の驚くべき性能

皆さんがもっとも目にするであろう大型複合機は、コンビニに設置されている機器です。
何気に設置されていますが、あの複合機はとても高性能で色々な事ができる機器なのです。
モノクロ・カラーの印刷を基本として、それに付随するFAX、スキャン、記録媒体からのプリントアウトなど様々な使い方に対応しています。
主な機能は

  • 複写機
  • プリンター
  • イメージスキャナ
  • FAX

となっています。ITテクノロジーの発展により追加された機能として特徴的なものはHDDです。これによりデータ保存が可能となりました。
パソコンからデータを全て暗号化してプリントアウトできるようになりましたので、セキュリティ面もより強化されています。

大型複合機を使うメリット

とにかく多機能で何でもできて、かつ高性能な大型複合機ですが利用するメリットとしては以下のような点が挙げられます。

  • 設置場所をまとめられる
  • 機器の購入費用やランニングコストが低くなる
  • インターフェースや電源供給をまとめられる

多機能な大型複合機を使うメリットは、スペースの確保の容易さです。
複合機でなければスキャナ、FAX、プリンターなど色々な機器をそれぞれ設置する必要がありました。場所も取りますし、配線も煩わしくスマートではありませんし、管理も面倒です。

色々な機器を複合機にまとめてしまえば管理も楽になりますし、場所もとらず配線もスマートです。
機器購入費用やランニングコストもバラバラに機器を運用するより、低コストで済みます。

大型複合機を使うデメリット

オフィスでの運用には万能を誇る大型複合機ですが、デメリットはないのでしょうか。
大型複合機を運用するにあたって考えられるデメリットを挙げてみました。

  • 故障・修理時に全ての機能が使えなくなる
  • 各機能の使用頻度が高いと逆に生産性が落ちる

複合機に限った話ではありませんが、オールインワン製品に見られるデメリットとして故障の時に色々なものが使えなくなって困るという点が挙げられます。
身近なところでいうと、スマホが故障すると色々なものが一気に使えなくなり、複合機と同様のデメリットを孕んでいます。

対策方法としては、最初から複数台で運用する、という方法です。オフィスの規模にもよりますが複数台あれば一つが故障してもなんとか業務を続行できます。
各機能の使用頻度が高くて生産性が落ちる問題も複数台の運用で解決されますが、それなりのオフィス規模でないと割にあわないことがデメリットとなります。

オーバースペックでないか十分吟味しましょう

大型複合機の特徴や強みを見てきましたが、いざ運用する場合は使いこなす事ができるか、という点をよく考えましょう。
なんでもできるような複合機が必要なのか?という点を十分に考える必要があります。

実際に使う事になった場合、故障のリスクを考えると複数台運用がいいでしょう。故障したら代替え機を貸してもらえますが、設置までの時間がかかりますのでその間業務が停止してしまします。
相互的な観点からみて割に合うのかどうか?を十分にご検討ください。