プリンターの耐久枚数と月間印刷枚数からみるプリンターの寿命

プリンター・コピー機などの事務機器は、減価償却の会計処理に用いられる耐用年数が5年になっています。

プリンターを製造するメーカーも、5年間をプリンターが使える一つの基準としているケースが多いです。

では、5年が経過した場合は使えなくなるのか?と問われれば、決して一概には言えません。
メーカーは寿命という言葉は使っていませんが、耐久性の指針として「印刷枚数」もしくは「年数」の早い方となっています。

プリンターが使用不能になる寿命の要素は、印刷枚数と耐用年数の2つがあります。

今回は、印刷枚数からプリンターの寿命を解説します。

プリンターは耐久枚数が設定されている消耗品

プリンターやコピー機は、使えば使うほど消耗する精密機器です。
大きく動く可動部分を有していて、多くのパーツを高度な制御で仕事をしています。
インクやトナーなどの消耗品だけでなく、使用しているパーツ(インクジェットプリンターならヘッド・ゴムパーツなど)も劣化・消耗してきます。

メーカーは、法的な基準の耐用年数5年から逆算して、印刷速度などのスペックに応じて耐久枚数を決めています。
このスペックを利用するユーザーは、これくらいのペースの枚数で印刷を重ねるから、5年経過した時点では、これくらいの枚数を印刷するだろうという仮定です。

それに応じて耐えうるパーツのグレードを用いるため、年数が規定の5年にならなくても、一定枚数に到達すれば寿命という考え方をしています。
そのため低スペックの機種では、「印刷速度を我慢してでも低コストで導入」したプリンター・コピー機では、5年を持たずに使えなくなる事態が発生します。

耐久枚数はメーカーやプリンターによって大きく異なる

一般的な家庭用インクジェットプリンターは、耐久枚数が2万枚程度に設定されている機種が多くなります。
耐用年数は5年ですので、コンスタントに印刷すれば1ヵ月に300ページ強になります。

インクジェットプリンターは、印刷ヘッドの寿命がプリンターの寿命に直結するケースが多くなります。5年以内ならメーカーはパーツを確保しているので修理は可能ですが、メーカーの修理代と要する時間を考えれば、寿命と考える場合が多くなります。

レーザー方式のプリンターや複合機は、比較的耐用枚数が多くなります。
レーザー中型複合機の場合は、10万ページから30万ページと言われています。

同じメーカーのレーザープリンターでも、耐久枚数は大きく異なります。
たとえば、ゼロックス(富士フィルムビジネスイノベーション)のDocuPrintシリーズは、耐用年数は全て5年になっていますが、耐用枚数は最小機種で5万ページ(A4横)・最大機種で300万ページ(A4横)と大きな差が有ります。

耐久枚数が多いほど、印刷速度が速く高額な機種になります。

月間印刷枚数とプリンターの寿命

印刷枚数が多い場合は、印刷速度の速い高スペックの機種を選択すれば、使える期間は長くなります。

しかし、大量に印刷を普段からする環境では、プリンターはより消耗品であるという考え方が強くなります。

耐用枚数が20万枚のビジネス複合機を導入した場合に、月間印刷枚数から導かれる寿命までの年数を計算してみます。

○月間印刷枚数3,000枚の場合

多くの場合一般的なオフィスでは、月間の総印刷枚数は3,000枚程度までで収まります。
1ヵ月の実働日を20日とすれば、1日あたりの印刷枚数は150枚です。
実際にプリンターが稼働している時間を単純計算すれば、20枚/1分間の機種では、1日の稼働時間は7分半になります。
ウォームアップの時間等を考慮しても、トータルで10分少々程度ですね。

この場合は、200,000枚÷3,000枚=66.6ヵ月なので、年数にすれば5年半になります。

おおよそ、メーカーが想定した年数と枚数バランスで、プリンターは寿命を迎えることになります。

○月間印刷枚数10,000枚の場合

コンスタントに月間10,000枚を印刷する現場は、一般企業では多く有りませんが、建設業など紙印刷を多用し、FAXも多く使うオフィスでは、決して珍しくありません。

1ヵ月の実働日を20日とすれば、1日あたりの印刷枚数は500枚です。
実際にプリンターが稼働している時間を単純計算すれば、20枚/1分間の機種では1日に25分になります。
ウォームアップの時間等を考慮すれば、トータルで40分程度になりますから、1日の業務時間8時間とすれば、結構頻繁に動いている印象になります。

この場合は、200,000枚÷10,000枚=20ヵ月なので、年数にすれば1年と7ヵ月程度で、耐用年数の5年には大きく届かない期間で寿命を迎えます。

○月間印刷枚数30,000枚の場合

コンスタントに月間30,000枚を印刷する現場は、大きな調剤薬局や広告代理店などが想定されます。

1ヵ月の実働日を20日とすれば、1日あたりの印刷枚数は1,500枚です。
実際にプリンターが稼働している時間を単純計算すれば、20枚/1分間の機種では1時間15分になります。
ウォームアップの時間を考慮すれば、トータルで2時間弱程度と考えられて、1日の業務時間8時間とすれば、ずっとフル稼働で動いている様な印象になります。

この場合は、200,000枚÷30,000枚=6.6ヵ月なので、年数にすれば7ヵ月程度で、1年は保たずに寿命を迎えます。当然、耐用年数の5年には大きく届きません。

ABOUTこの記事をかいた人

enblo

名古屋在住のIT・通信・格安SIMライターです。 プリンターはDOS時代のドットプリンターから使い始めて 初期のインクジェット、モノクロレーザープリンター カラーレーザープリンターを使ってきて モノクロ複合機を経てカラーデジタル複合機リースに到達。 業務用テキスタイル熱転写プリンター 業務用テキスタイルインクジェットプリンター見学に 国内・海外工場に何度も足を運ぶマニアで 日夜情報収集に励んでいます。