テレワークにオススメの複合機・プリンターを選ぶ3つのポイント

コロナの影響で在宅でのテレワークに就いている方でもプリンターの必要性を感じている方は多いのではないでしょうか?

今回は会社の業務にあわせて購入する際の複合機・プリンター選びのポイントを教えます。

自宅でも設置場所が必要ないプリンターを見つけることも出来るようになりますよ。プリンター選びで大事なことは「予算」「機能」「設置スペース」たった3つだけなんです。

予算とランニングコストを考える

家電を選ぶ際に一番大事なポイントは予算ですね。予算はランニングコストに注目することで、本体価格以上の価値を手に入れられることが多いです。

プリンターをあまり使っていないと感じている方は本体価格の安い品を選ぶべきでしょう。

安ければ4,000円代でも新品のプリンターが購入可能です。

会社では毎日10枚も20枚もプリントアウトしていて、紙に記載しながらテレワークでも仕事をしたいと思う方もいるかもしれません。

多めに印刷をしたい方はランニングコストも考えたうえで少し高品質なプリンターを購入するのがいいでしょう。

予算を決める時のチェックポイントは以下にまとめておきます。

本体価格 ①    必要な機能はあるか?

(A3、スキャナー、FAXなど)

②    ランニングコストの違いは?

ランニングコスト ①    一か月で使う枚数は?

②    インク代は?

③    電気代は?

 

機能と必要性を考える

機能で選ぶときのポイントはたった3つです。「プリントの質」「スキャナー機能」「FAX機能」この3つが必要かどうか確認しましょう。

例えば、営業職でお客様との書類のやりとりがある方であれば、文字のにじみが出ないレーザープリンターや顔料インクを採用したプリンターで、印刷品質までこだわった製品にする必要があります。

実際にチェックをしていきましょう。

プリントの質は必要か?

社内へ送付するだけあれば印刷の品質が落ちていても問題ないことが多いですが、お客様先に書類を発送する業務がある方は注意をしなければなりません。

一般のインクジェットの弱点に水濡れに弱い点があります。もちろんお客様先に送る書類が濡れるような出し方をあなたがしないことは分かります。しかし、お客様側がそこまで注意を払うかまでは分かりません。多少の濡れであっても文字が見えなくなって困るのが一般のインクジェットプリンターなんです。

お客様に書類を送付する方はレーザープリンターや濡れてもにじまない顔料インクを採用するなど品質へのこだわりが必要になります。

スキャナーは必要か?

スキャナーがなくてもスマホで書類を撮影し電子メールで送ることで事足りるだろうと思いますが、2点気になる点があります。

  • 免許証の複写のような申請書類も写真で可能か?
  • お客様先に電子メールで書類を送付することはないか?

もし、上記に当てはまっていて出社して対応することが難しいようであればスキャナーは必須になります。

FAXは必要か?

今時FAXだなんて・・・。いや、いるんですよ。年配のお客様であれば今でもFAXへのこだわりが強い方もいます。

ほとんどの場合では必要ありませんが、FAX機能のついた複合機もあるため、年配の方を相手にすることが多い方は備えておきたい機能です。

プリンターのサイズ

自宅で使用する場合は、置き場所に困らない製品サイズであることも大切です。

複合機やプリンターはサイズが大きいので場所をとって邪魔になるんですよね。

FAXを自宅に置きたくないというわがままな方もいるかもしれませんが、実はわがままさんの願いを叶えるいい品もあるんですよ。モバイルのプリンターなのですが高さ3cmほどの薄型ながらA4用紙の印刷もできるので、使用頻度が少ない方であれば機能性は十分だと思います。

普段は机の引き出しにしまっておくことも可能なのでプリンターを設置したくない人にはモバイルプリンターがオススメです。

A3用紙を大量に使う予定でプリンターを設置する場合は小型化が難しいので、はじめから大型のプリンターを置くスペースを作りあげる必要性も考えておきましょう。

テレワークでのプリンター・複合機は機能性を考えて

プリンターを単体で買ったあとで、実はスキャナーやFAXが必要になることも考えられます。

機材がひとつ増えることで設置場所が増えるだけでなく電源コード、USBコードの接続などのごちゃごちゃ感も出てきます。はじめから必要な機能をつけておけばよかったと後悔のないように複合機・プリンターの購入を考えましょう。