プリンターの印刷速度は大量印刷か、素早く一枚かを確認しよう

「早いプリンターが欲しい!」
忙しい人ほど、そんなニーズを持つのは当然です。

しかし、よくよく話を聞くと「目の前で待たせるお客さまに申し訳ない」というケースと、「会議の時間が迫っているのに、資料の印刷が終わらずにイライラする」というケースの2つに分かれます。

プリンターの印刷速度の速さの基準は「素早く1枚を出したい」という事と、「大量にする印刷の時間を短縮したい」という事が有ることを知った上で検討してください。

プリンター選びに大切な、印刷速度にまつわる要素を解説します。

まずは大量印刷か、素早く一枚のどちらを重視するかをチェック

プリンターやコピー機の印刷速度は、早いのに越したことはありません。
印刷速度が速ければ、必然的に業務効率は上がりますし、使用するスタッフのストレスも溜まりません。

ただ、基本的に良い物は高いの原則は、やはりプリンターやコピー機にも基本的な適用されて、本体価格が高いほど高性能になる事は間違いありません。

闇雲にコストを掛けるよりも、現在の環境において必要な事は何か?
求める生産性を明確にした上での選択が賢明です。

「操作をしたら即、欲しい1枚が素早く出てくる」ニーズの判断材料は、「ウォームアップ速度」と「ファーストプリント速度」に注目してください。

「大量の印刷を素早くこなしたい」ニーズの判断材料は、「連続印刷速度」に注目してください。

大量印刷の場合は連続印刷速度を確認しよう

大量の資料を印刷する場合、印刷する機器のスペックによって終了までの時間が異なります。

パソコン等の外部からデータを送って印刷する場合は、「連続印刷速度」
コピーの場合は、「連続複写速度」に注目してください。

カタログで確認すると、プリント速度の項目にipmという単位で掲載されています。
ipm(image per minute)の数値は、国際標準化機構(ISO)が定めた条件に基づき計測された1分間の出力枚数です。

たとえば

[カラー] 約20ipm(片面)、約11ipm(両面)

[モノクロ] 約22ipm(片面)、約12ipm(両面)

という記載があった場合は、片面カラー印刷で1分間に20枚のペースで印刷出来る事を表しています。

20ipmのプリンターで200枚の印刷出力をする場合、10分で作業は完了します。
40ipmのプリンターで同じ200枚を印刷出力すれば、5分で作業は完了します。

印刷速度が上がれば上がるほど、本体価格は上がります。

モノクロでの数千枚単位の大量印刷が多いなら、デジタル印刷機も検討に値します。
最初の1枚が出力されるまでの時間は、通常のコピー機やプリンターよりも掛かりますが、印刷が始まれば、1分間に200枚程度の印刷が可能です。
200枚の印刷なら、1分で作業が完了します。

素早く一枚の場合はウォームアップ速度とファーストプリント速度

対面する窓口で使用するプリンターは、欲しい1枚を素早く出力出来る事が重要です。

印刷枚数が少ない場合は、前述の連続印刷速度よりも、「ファーストプリント速度」と「ウォームアップ速度」に注目します。

プリンターでも大型複合機コピー機でも、電源を入れて起動してからでないと動作しません。また、電力を節約するために現在の機器は、比較的短い時間でスリープモードに入ります。

ここから立ち上がる時間をウォームアップタイム・ウェイトタイムと呼んでいます。
この速度=時間は、気温によっても左右されます。内部にある定着器を暖めて使える状態にする必要があるからです。

ファーストプリント速度は、コピー機やプリンターが起動している状態で、印刷指示を行ってから最初の1枚が印刷されるまでに掛かる時間です。

ウォームアップ速度は、早いものなら10秒・標準的には30秒
ファーストプリント速度は、モノクロで3秒・カラーで4秒程度
が目安になります。

ウォームアップ速度が10秒で、ファーストプリント速度が3秒の場合、印刷指示を出してから13秒で最初の1枚が出力出来る事になります。

節電という概念からは遠ざかりますが、スピードが必要な窓口では節電モードを調節して常に待機状態にすれば、ウォームアップ時間が短縮出来て、お客さまをお待たせしません。

ABOUTこの記事をかいた人

enblo

名古屋在住のIT・通信・格安SIMライターです。 プリンターはDOS時代のドットプリンターから使い始めて 初期のインクジェット、モノクロレーザープリンター カラーレーザープリンターを使ってきて モノクロ複合機を経てカラーデジタル複合機リースに到達。 業務用テキスタイル熱転写プリンター 業務用テキスタイルインクジェットプリンター見学に 国内・海外工場に何度も足を運ぶマニアで 日夜情報収集に励んでいます。