プリンター・複合機の集約印刷機能とは|印刷コストは減るがデメリットも?

近年のプリンターや複合機には、集約印刷機能が搭載されています。一方で集約印刷機能のことがよく分からず、未だに使ったことがない人もいるでしょう。

本記事では、プリンター・複合機の集約印刷機能について解説したうえで、メリット・デメリットを紹介します。集約印刷機能のことがよく分かっていない人は、ぜひ参考にしてください。

プリンター・複合機の集約印刷機能とは?印刷ページを集約できる!

プリンター・複合機の集約印刷機能は、複数ページを1枚の用紙に集約する機能です。たとえばWordで2ページ分の文章を作成した際、1枚の用紙に対して2ページを横並びで配置します。2ページに限らず、4ページや8ページなどの多数ページも1枚の用紙に集約できます。

またプリンター・複合機の集約印刷機能は、コピーにも対応可能です。複数枚の書類がある場合、集約印刷機能で1枚の用紙にまとめられます。

複数ページを集約し、用紙枚数を1枚で済ませられるのが集約印刷機能です。

プリンター・複合機の集約印刷機能のメリットは「経費削減」

複数枚の用紙を集約印刷機能でまとめると、インクと用紙の量を節約できます。通常は複数枚分のインク量と用紙枚数が必要なところ、1枚分で済むからです。結果的に、印刷にかかる経費削減につながります。

印刷にかかる経費は、削減できるに越したことはありません。特に印刷枚数が多いときほど、集約印刷機能でインク量と用紙枚数を抑えるべきです。

プリンター・複合機の集約印刷機能のデメリットは「見づらさ」

集約印刷機能で複数枚のページを1枚の用紙にまとめると、その分文字や図は小さくなります。たとえば2ページを集約しようとすると1/2倍、4ページを集約しようとすると1/4倍のサイズまで小さくなります。集約しようとするページが多ければ多いほど、印刷された紙面は見づらいです。

特に人に見せるための書類の場合、集約印刷は向きません。見やすさを求めるなら、1枚1枚の印刷の方が向いています。

プリント革命なら刷り放題で全て解決!

プリンターや複合機の集約印刷機能は経費削減につながりますが、印刷された紙面の見やすさは落ちます。そこでおすすめなのが、プリント革命です。

プリント革命は、プリンターや複合機を月額でレンタルできるサービスです。最安で月5,000円からプリンターや複合機をレンタルできます。レンタルを申し込むと、最短で翌日にプリンター・複合機が届きます。

最大のメリットは、何枚印刷しても料金が変わらない点。つまり集約印刷せず、1枚1枚印刷しても、印刷費用は一定です。また保守代やカウンター代なども発生せず、サイトに記載された料金のみが発生します。料金設定が明瞭なので、気軽に利用できますね。

印刷経費を抑えつつ、紙面の見やすさも重視したいなら、印刷し放題のプリント革命を利用しましょう。