プリンターのインクは血液よりも高い?節約の方法はあるのか

プリンターを利用していると、インク代の高さが気になることも多いでしょう。たしかにプリンターのインク代は非常に高く、決して無視はできません。

本記事では、プリンターのインク代が高い理由や、節約方法について解説します。プリンターのインク代の高さが気になっている人は、ぜひご一読ください。

日本のプリンターのインク代は世界一

日本のプリンターのインク代は、一般的に流通しているもので50~100円/mlです。この価格は血液よりも高いと言われています。

もちろん製品によってバラつきはありますが、家庭用プリンターの場合、A4用紙1枚あたりを印刷するのにかかる費用は10〜20円程度です。何百枚、何千枚と印刷をしたら、その費用は決して無視できません。安いプリンターを購入したのに、数年後にはインク代が本体価格を上回るケースもあるでしょう。

実はプリンターのインク代が高いのは、日本特有の問題です。他国では日本の市場価格の1/10以下でインクが販売されていることもあります。

プリンターのインクが高い理由

プリンターのインクが高い理由には、プリンター各社のビジネスモデルが関係しています。

実はプリンター本体に関しては、部品代に対して比較的安く価格が設定されています。プリンター本体を安くする代わりに、インク代で利益を出しているのです。

プリンターのインクは消耗品であるため、本体を使い続ける限り定期的に買い足す必要があります。近年は非純正品のインクも増えていますが、基本的にはメーカーが指定する純正のインクを使わなくてはいけません。つまりプリンターの本体を安く販売しても、メーカーは長期的に利益を得られるのです。

日本製のプリンターを使っている限り、インク代の高さは避けて通れません。

プリンターのインク代節約よりもレンタルの方が効率的

プリンターのインク代は非常に高いので、「何とかして節約したい」と考える人も多いでしょう。しかしプリンターのインク代を節約するのは非現実的です。節約する方法があるとすれば、日頃から印刷物を減らしたり、カラー印刷をモノクロ印刷に置き換えたりするくらいでしょう。非純正の安いインクを使う選択肢もありますが、万が一故障した際に保証対象外となるため、おすすめはできません。

そこでおすすめなのが、プリンターをレンタルできる「プリント革命」です。プリント革命は、インク代が月額料金に含まれます。つまり何枚印刷しても、インク代が追加で発生しません。プリンターのインク代に神経質になる必要がない点が魅力ですね。実際にプリント革命を導入し、72%のコストカットに成功した事例もあります。

またプリント革命には、契約期間の縛りがありません。解約したい1ヶ月以上前に連絡すれば、違約金なしで解約できます。とにかく手軽にプリンターを導入したい場合にも、プリント革命はおすすめです。