コンビニ複合機じゃダメ?コンビニ印刷のメリット・デメリット

「ビジネス利用とはいえ小規模だったらコンビニの複合機でいいんじゃない?そのほうが安上がりかもしれないし」

複合機やプリンターの運用について、コンビニで足りるならそのほうがいいんじゃないの?とお考えの方もおられると思います。
確かに印刷の枚数が少ない場合はコンビニのほうが安上がりです。しかし、一定の枚数を超えるとコンビニの複合機を使うのは割に合わなくなります。

この記事では、コンビニ複合機の機能と、メリット・デメリットをまとめています。コスパの良い運用方法をお探しの方にとって役立つ記事となれば幸いです。

高性能なコンビニの複合機

ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、コンビニの複合機はとても高性能で、その上印刷もきれいです。
コンビニの複合機でできる主な項目を以下に挙げてみました。

  •  コピー
  •  FAX
  •  写真プリント
  •  ネットワークプリント
  •  行政サービスとの連携
  •  PDF印刷
  •  スキャン
  •  メディア接続

通常の印刷やスキャン、FAXに加え、ネット上の画面の印刷、PDF印刷、記録媒体からの印刷、行政サービスとの連携などありとあらゆることができます。
機能としては、オフィスの複合機と同等かそれ以上ではないでしょうか。

CDROMやUSBメモリを接続できる点は、自宅にプリンターがない一般ユーザーにとって大変ありがたいものです。
印刷頻度が少ないユーザーは、近くにコンビニがあればわざわざプリンターを持つ必要がなくなります。

基本となる印刷の質も良く、ハイレベルな画質となっています。
コンビニの複合機には多数のメリットがあるため、印刷しようとコンビニへ行くと結構な確率で先客がいます。

コンビニ複合機のメリット

コンビニの複合機を使う上でのメリットは、リース代金や購入費用がかからず、ランニングコストもかからないという点です。
たまにしか印刷しない、という使い方であればコンビニの複合機を使ったほうがコスパよく運用できます。

あまり知られていないですが、マイナンバーカードがあればコンビニの複合機から、住民票などの証明書の取得できます。わざわざ役所で申請して待つ必要がありません。
このように、複合機そのものの性能がよく多機能という点も見逃せないポイントです。

コンビニ複合機のデメリット

多機能で印刷の画質もいいコンビニの複合機ですが、デメリットもいくつか挙げられます。まず1つ目は、印刷コストが高いという点です。

  •  白黒 10円~40円
  •  カラー 50円~80円

となっています、あまり印刷をしない場合は問題ないのですがまとまった枚数を印刷するとなるとコスパが悪くなります。
業務で印刷が発生する場合は、プリンターのレンタルかリースを考えたほうがいいでしょう。

そして、案外メリットとなるのが移動の手間です。近くにコンビニがある場合でも、都度印刷しにコンビニに行くのはかなりの手間になります。コンビニの複合機は待つことも多いので余計に手間に感じてしまうことでしょう。
できれば避けたい情報の持ち出しや、複合機に忘れ物をしてしまう事も気になる点です。

印刷の機会が増えてきたらレンタルかリースを選択

コンビニの複合機は印刷以外にもFAX,スキャン、ネットプリントなどかなりの機能が搭載されており、印刷の画質も申し分なく活用しない手はありませんが、印刷代の高さと手間がデメリットとなります。

印刷枚数が少なくてもコンビニまでの移動や待ち時間の手間がありますので、業務内で少しでも印刷する機会があれば、プリンターのレンタルかリースを考えたほうが結果的にコスパがよくなるかもしれません。
複合機のような多機能なものでなく、印刷用プリンターのレンタルであれば都度コンビニを使うよりはコストを抑えることができるでしょう。