インクカートリッジとトナーカートリッジの違い、説明できますか?

プリンターのインクには「インクカートリッジ」と「トナーカートリッジ」の2種類が存在します。それぞれ全く性質が異なるものですが、「違いが分からない」という人もいるでしょう。

本記事では、インクカートリッジとトナーカートリッジの違いを分かりやすく解説します。

インクカートリッジとは

インクカートリッジとは、液体状のインクを詰めたカートリッジのことです。インクジェットプリンターに採用されます。液体状のインクをノズルから紙へと直接吹き付ける仕組みです。

また一口にインクカートリッジと言っても、「染料インク」と「顔料インク」の2種類があります。

  • 染料インク:紙にインクが染み込む。写真印刷に向いている。
  • 顔料インク:紙の表面にインクが付着する。文字印刷に向いている。

インクカートリッジの形状は、薄い箱型が採用されています。トナーカートリッジと比べ、比較的サイズが小さいのが特徴です。

トナーカートリッジとは

トナーカートリッジとは、粉状のインクを詰めたカートリッジのことです。レーザープリンターに採用されます。粉状のインクを静電気で紙へと付着させ、熱や圧力で定着させる仕組みです。

トナーカートリッジの形状は、長い筒状が採用されています。インクカートリッジと比べ、比較的サイズは大きいです。

インクカートリッジとトナーカートリッジの違い

インクカートリッジとトナーカートリッジの違いは以下の通りです。

インクカートリッジ トナーカートリッジ
色の再現性 高い インクカートリッジに劣る
使える用紙 専用の印刷用紙のみ 再生紙やOA紙なども使える
印刷速度 トナーカットリッジに劣る 速い
本体価格 安い 高い
ランニングコスト トナーカートリッジに劣る インクカートリッジよりも良好

色の再現性

印刷後の仕上がりはトナーカートリッジよりもインクカートリッジの方が高精細です。とにかく綺麗に仕上げたい場合は、インクカートリッジの方がおすすめです。

使える用紙

インクカートリッジは専用の印刷用紙のみしか使えないのに対し、トナーカートリッジはさまざまな用紙が使えます。再生紙やOA紙などを使いたい場合は、トナーカートリッジを選びましょう。

印刷速度

基本的にはインクカートリッジよりも、トナーカートリッジの方が印刷速度は速いです。しかし近年普及している顔料インクは、印刷速度が速いことが特徴です。顔料インクを選べば、インクカートリッジの弱点である印刷速度はカバーできます。

本体価格・ランニングコスト

本体価格で比較すると、トナーカートリッジよりもインクカートリッジの方が安いです。しかしトナーカートリッジは大容量であるため、1度の交換で大量の印刷ができます。長期的にみたランニングコストは、トナーカートリッジの方が優れます。

まとめ

インクカートリッジとトナーカートリッジは、それぞれ特徴が異なります。どちらを選ぶべきかは、用途や作業環境次第です。インクカートリッジとトナーカートリッジの違いを把握したうえで、最適なプリンターを選びましょう。