複合機リースの相場はどれくらい?仕組みは?

現代のビジネスオフィスに、複合機は不可欠になっています。
コピー、FAX、プリンター、スキャナを1台でこなすOA機器の中心ですね。

会社を立ち上げたばかりで、調べてみたら本体価格は100万円以上!近所にコンビニがあるからイイや・・・。
あんな高額なモノが、何故どこのオフィスにも導入されてるんだろう?
答えは簡単!それは多くの会社がリースで使っているからです。

初めての興味を持った方にはリースは解りにくい事が多く、敷居が高いですよね。
簡単に複合機のリースについてご説明いたします。

リース料の相場は?

複合機をオフィスに入れる方法としては、購入・レンタル・リースの3通りがあります。

購入は初期投資が嵩む上に、減価償却処理が必要です。保守・メンテについては、自分で手配し都度費用を負担することになります。

レンタルは主に短期間借りるイベントなどに向いています。ただ、最近はレンタルも新しい流れ「サブスク」が登場して、レンタル期間中はプリントし放題が登場しています。リースでの複合機導入をお考えでしたら、こちらも検討することをオススメします。

リースは、法定耐用年数5年をベースに期間5年から6年の契約を結んで、月額料金を支払っていきます。銀行から融資を受けて購入する事との違いは、リースは全額経費として処理が出来る事です。

複合機のメーカーの違いや、印刷スピード能力によって本体価格が異なります。
事務用品機器大手アスクルの調査によれば、コピー機本体リース料は平均で期間5年20,000円になっています。
過去の付き合いや実績等を考慮して、都度リース会社は調査した上で金利を設定します。そのため同じ機種でも契約する会社によって、支払い金額は変わってきます。契約期間でも金利の部分は変わります。長期間の契約では金利は安くなる傾向があります。

選ぶ機種によって月額リース料は変わってきますが、大まかな相場は以下になります。

リース料の相場

1分間に印刷可能枚数目安 20枚程度 30枚程度 40枚程度 50枚程度
月々の印刷枚数目安 2,000枚 4,500枚 8,000枚 20,000枚
5年リース時の相場 12,000円/月 17,000円/月 20,000円/月 23,000円/月

複合機のリースは、使う枚数によって見合ったスペックを選ぶことが大切です。

カウンター料とは?相場はどれくらい?

月々のリース料は、あくまで機種本体の価格に対する支払いです。
インクやトナー等の消耗品代・保守部品交換費用・メンテ修理代は含まれていません。

リース契約では多くの場合、このようなランニングコストを「カウンター料」として支払う事が一般的です。これは、カラーとモノクロに分けて1枚当たり何円という契約です。カウンター料の中には消耗品(トナー・インク・感光ドラムなど)と保守メンテ費用(定期メンテナンス・部品代・修理費用・出張費など)が含まれています。

では、一枚も印刷しなかったらカウンター料は0円かというと、「最低利用料」が多くの場合設定されています。印刷枚数とカウンター料のかけ算をして、到達しなかった場合は最低利用料が適用される契約です。

複合機の支払料金の内訳としては、リース料金にカウンター料金を加えた金額が全てになります。

カウンター料も一定ではありません。契約を結ぶ企業やメーカー・実績等で変わってきます。枚数によっても違いはありますが、枚数が多くなればトナーなどの消耗品や保守費用も嵩むので、印刷枚数が少ない場合と比較して大きな違いが無い事が多いです。

アスクルのアンケート調査によると、カウンター料金の平均はモノクロで2.3円・カラーで13.4円になっています。

複合機リースが向いている会社、不向きな会社

リースされる複合機は、A3対応の大型複合機がメインになります。

複合機リースが向いている会社

カウンター料金は1枚当たりの単価なので、印刷するサイズは問いません。
名刺サイズでもA3サイズでも同じ料金です。A3サイズをコンスタントに数多く印刷するなら、リース+カウンター料金契約は大きなメリットが生まれる可能性大です。

複合機は精密機械であり、プロによるノウハウでのメンテナンスが欠かせません。サイズを問わず毎月コンスタントに大量に印刷するなら、カウンター料金で機械の管理・消耗品の手配まで丸投げ出来る事で、費用対効果でメリットが大きくなります。

複合機リースが不向きな会社

コピーやプリント印刷する機会が比較的少ないなら、大型複合機をリースするメリットは殆どありません。A4サイズ対応の中型・小型複合機を購入・レンタル契約する方が費用は確実に抑えられます。

業務内容によっては、大型複合機だけでは効率が落ちること(順番待ち・取りに行く手間暇など)もあります。
その場合は、複数台の中型or小型複合機・プリンターの購入やレンタルを加える事で、大幅に業務改善した事業所が多数あります。あわせてご検討ください。