リースプリンターからプリント革命に切り替えたときの料金比較

日本中の事務所オフィスでは、当たり前に見る大型複合機コピー機ですが、1台数十万円するのは普通で、高額機種では百万円を超える物も珍しくありません。

これほど高額な事務機器が普及している理由は、リースの利用です。
高額な機器でもリースなら初期費用が抑えられて、減価償却の処理・固定資産税不要の他、丸抱えの保守サービスで手間が掛からないからです。

機器を所有しない形態として、リース以外にレンタルがあります。
「レンタルは短期使用でしょ?」という固定概念をお持ちの方も多いと思いますが、リース契約終了時に、機器の延長やリースでの入れ替えを止めて、レンタルにスイッチする企業が増えています。

何故レンタルにスイッチするのか?その理由は費用にあります。
経費の削減は、どの企業にも共通した重要なテーマであり、印刷経費の見直しが進んでいるからです。具体的に掛かる費用を検証してみましょう。

以下に出てくる金額は、全て税抜価格です。

リース利用時の月額料金

コピー機をリースする場合にかかる費用は、以下になります。

リース料

リース期間は概ね5年程度の契約が多く、その場合機器の代金を60回に分割して、リース会社の金利・手数料を加えて支払います。
リース料は機器販売会社ではなく、リース契約を結んだリース会社に支払います。

機器の価格は、概ね印刷スピードの能力性能で変わってきます。

プリンターのスピード能力は、1分間に連続して何枚の出力が出来るか?が基準になっています。
外観から見ても同じように見えるプリンターですが、連続印刷枚数によって使われているパーツが大きく異なり、機種本体代に反映されます。

症例月間印刷枚数の意味は、ここまでしか印刷出来ない類いの数値ではありません。

月間10,000枚近くの印刷を20枚機でこなす事も、出来ない事はないのですが、純粋に10,000枚の印刷を行う時間を、連続印刷枚数から単純計算すれば、20枚機では10,000枚÷20枚=500分 になるので、8時間20分ですが、40枚機では4時間10分で行えるということです。

印刷の待ち時間が掛かっても、月々に支払うリース料金が安い方が良いという価値判断もあります。
しかし、推奨月間印刷枚数にはもう一つ意味があります。

連続印刷枚数の違いで使用しているパーツが異なる事は、能力スペックだけでなく耐久性と大きな相関関係を持っています。
法定耐用年数の5年を基準にして、症例印刷枚数×60ヵ月の枚数をメーカーでは耐久枚数と考えています。

低速機で大量印刷を続けると、概ねプリンターは不調をきたす頻度が確実に増えるのは、これが関係しています。
カウンター料金保守サービス契約をしていれば、費用負担なく修理して利用し続ける事も出来ますが、大量印刷が必要な環境で度々印刷業務が止まる事は、業務効率を大きく悪化させます。

そのため、利用方法に見合ったスペックのプリンターを選ぶ事が大切になります。

一般的によく使われるタイプの、月額リース料の相場と推奨月間印刷枚数は以下の通りです。

連続印刷枚数 月額リース料相場 推奨月間印刷枚数
20枚/分 10,000~18,000円 1,000~3,000枚
30枚/分 12,000~18,000円 3,000~6,000枚
40枚/分 16,000~23,000円 6,000~10,000枚

カウンター料金

リース契約を結んでいるコピー機の多くは、カウンター料金保守サービス契約を結んでいます。リース料とは別に、1枚あたりの単価をモノクロ・カラー別に設定していて、枚数に応じたこの費用を支払うことで、トナー等の消耗品やトラブル時や通常のメンテナンスが受けられます。

具体的なカウンター料金は、一般的に公開されていません。
販売店の営業戦略もあり、公開するメリットよりデメリットが多いからです。

カウンター料金単価は、契約ごとに大きく異なっているのが現状です。
利用している大型複合機コピー機のリース期間満了に合わせて、他社は乗り換えを促す方策を講じます。その一つがカウンター料金単価です。

リース料金やカウンター料金は、契約期間中は変更が出来ないため、印刷経費に悩んでいる企業には、安価なカウンター料金の提案が攻略する大きな武器になります。
入れ替えを検討している大型複合機コピー機の台数が多ければ、より熾烈な競合から低いカウンター料金単価が出てきます。

長年の付き合いが有る場合や、他に複数台が納入されている企業では、他社の介入を許さないために、安価なカウンター料金単価の出るケースもあります。

逆に、はじめての顧客で機種が指定されている様な場合は、無理をしたカウンター料金単価は設定しません。
実績や業務内容から多くの印刷枚数が見込めないと判断すれば、比較的高めのカウンター料金単価が設定されるケースが多くなります。

カウンター料金には、最低料金が設定されています。
印刷枚数をカウンター料金単価に掛け算した金額が、月々に支払うカウンター料金になりますが、1枚も印刷をしなかった月でも、この最低料金は掛かるということです。
最低料金は、カウンター料金単価と同様に契約によって異なりますが、概ね月額1,000円から3,000円程度の範囲で設定されることが多くなります。

富士フイルムビジネスイノベーション公式ホームページに記載があるのは、モノクロで7円から8.5円・カラーで35円から45円ですが、一般的にはモノクロで2円・カラーで20円程度がカウンター料金の相場です。

プリント革命の月額料金

プリント革命の月額料金は、とてもシンプルです。

月額レンタル料金以外は、カウンター料金・インク・トナー代等の別途請求はありません。
月に3,000枚まではライトプランで、それ以上はプリント放題プランになります。

以下は、コピー機能を備えた複合機タイプを抜粋した一覧です。

ビジネスインクジェット レーザー複合機
A4対応 A3対応 A4カラー A4モノクロ
プラン名 BIJ-E25 BIJ-B18 CL-B30 ML-C15
連続印刷枚数 24枚/分 22枚/分 31枚/分 27枚/分
ライトプラン 16,000円 12,000円 20,000円 10,000円
プリント放題プラン 25,000円 18,000円 30,000円 15,000円

プリント革命では、大型複合機コピー機を扱っていません。

中型の複合機コピー機までの取り扱いですが、CL-B30プランは1分間にカラーモノクロとも31枚の印刷が可能で、大型複合機コピー機にも決してスピードは劣らず、A3用紙を使用しないオフィスでは、大型複合機からの乗り換えに最適です。

プリント革命の方が圧倒的に経費削減になる

具体的に掛かる、月額費用を比較してみましょう。

月間印刷枚数3,000枚の場合

リースの場合

毎分20枚程度の能力があるコピー機のリース料相場は10,000~18,000円ですから、リース料を14,000円とします。カウンター料金はモノクロ2円・カラー20円で計算します。

モノクロのみ 20,000円
リース料14,000円+カウンター料金2円×3,000枚=20,000円

カラーのみ 74,000円
リース料14,000円+カウンター料金20円×3,000枚=74,000円

モノクロ、カラー半々 47,000円
リース料14,000円+カウンター料金2円×1,500枚+カウンター料金20円×1,500枚=47,000円

レンタルの場合

A3対応のBIJ-B18プランは22枚/分の能力があります。

月額レンタル料は12,000円です。
全部カラー印刷でもモノクロ印刷でも同じ金額です。

月額印刷枚数10,000枚の場合

リースの場合

毎分40枚の機器を20,000円でリースした場合、同様の計算は以下になります。

モノクロのみ 40,000円

カラーのみ 220,000円

モノクロ、カラー半々 130,000円

レンタルの場合

CL-B30プランで計算してみましょう。

月額レンタル料は30,000円です。
全部カラー印刷でもモノクロ印刷でも同じ金額です。

具体的に掛かる月額費用を比較すれば、リースするよりもプリント革命でレンタルする方が圧倒的に安く、大幅な経費削減に繋がります。

レンタル中型複合機2台導入でも大きなメリット

月に10,000枚を印刷するケースでは、印刷速度の効率は計算に入れていません。
リースの大型複合機コピー機が毎分40枚の印刷が出来るのに対して、レンタルプリンターのCL-B30プランは、毎分31枚の印刷能力なので、同じ業務をこなすのに1.3倍の時間が掛かる事になります。これではフェアな比較とは言えません。

また、オフィスで利用する用紙サイズの大半はA4ですが、A3を利用したい時にもCL-B30プランはA4までなので対応していません。

レンタル中型複合機2台で得られるメリット

毎分40枚の大型複合機コピー機のユーザーが、毎分31枚の中型複合機に切り替えれば、処理能力から業務効率が落ちることも考えられます。

そこでもう一台、BIJ-B18プランを追加します。
CL-B30プランでは対応出来なかったA3サイズに対応しているビジネスインクジェット複合機です。

BIJ-B18プランの印刷スピードは、毎分カラーで20枚・モノクロで22枚なので、2台導入する事でCL-B30プランの31枚と合わせて、毎分50枚以上の処理能力になり、大型複合機1台の時よりも業務効率は上がる計算になります。

単純な処理能力の向上だけでなく、印刷機器が2台に分散する事で導線の集中が避けられ、印刷待ちを減少させるなどに加えて、故障時のリスクヘッジにもなります。

印刷費用の比較

カラーでコンスタントに月1万枚を印刷する事業所では、カウンター料金単価も優遇されている事があります。下を見てカウンター料金単価を1枚10円で計算してみます。

○リース時の印刷経費

(カウンター料金)100,000円+(リース月額料金)20,000円=120,000円が印刷経費

○レンタル中型複合機2台の印刷経費

(月額レンタル料CL-B30プラン)30,000円+(月額レンタル料BIJ-B18プラン)18,000円=48,000円が印刷経費

高性能な大型複合機コピー機を利用している事業所では、プリント革命のレンタルプリンターサービスに切り替える事で、経費負担は半額以下になり業務効率が向上します。

 

今すぐだせる!
30秒でカンタンに無料お見積り!

プリンター/複合機を入れ替えることはコストの見直しの第一歩です。

ご担当者様情報とご希望のプランを選択するだけですぐにお見積りをメールでお送りします。

ABOUTこの記事をかいた人

enblo

名古屋在住のIT・通信・格安SIMライターです。 プリンターはDOS時代のドットプリンターから使い始めて 初期のインクジェット、モノクロレーザープリンター カラーレーザープリンターを使ってきて モノクロ複合機を経てカラーデジタル複合機リースに到達。 業務用テキスタイル熱転写プリンター 業務用テキスタイルインクジェットプリンター見学に 国内・海外工場に何度も足を運ぶマニアで 日夜情報収集に励んでいます。