プリンターをリース・購入・レンタルした場合のランニングコストを比較!

ランニングコストとは、プリンターを購入・導入したあとにかかる費用のことで、どの方法でプリンターを導入するかで費用が変わってきます。

ランニングコストをおさえたいと考えているなら、どの導入方法が一番安いか知りたいはずです。

今回はプリンターをリース・購入・レンタルした場合のランニングコストを比較していきます。最もコストが低いのはどれなのでしょうか?

プリンターをリースした場合のランニングコスト

プリンターをリースした場合、ランニングコストに含まれるのは、

  • インク、トナー代
  • 印刷用紙代
  • 電気代
  • 保守点検料
  • カウンター料

です。

インク代とトナー代はリース料金に含まれているケースが多いため、今回は無料として計算します。

印刷用紙代とカウンター料は印刷枚数ごとに異なるので、月3,000枚カラー印刷をしてカウンター料が15円/枚だったと仮定して考えると、「印刷用紙代=3,000円」「カウンター料=3,000枚x15円=45,000円」です。

電気代は稼働率によって変わりますが相場は200円ほど。保守点検料もリース会社によって異なりますが、相場はカラー印刷1枚あたり20円なので「3,000枚x20円=60,000円」となります。

リース契約の場合のランニングコストを合計すると、

「3,000円+45,000円+200円+60,000円=108,200円」

です。

プリンターを購入した場合のランニングコスト

プリンターを購入した場合、ランニングコストに含まれるのは、

  • インク、トナー代
  • 印刷用紙代
  • 電気代
  • 保守点検料

です。

インク、トナー代はプリンターの機種によって異なりますが、相場は10,000円程度。保守点検料はメーカーが用意しているものを利用している場合のみ発生するもので、こちらもメーカーごとに差はありますが、相場は10,000円前後です。

プリンターを購入した場合のランニングコストを合計すると、

「3,000円+200円+10,000円+10,000円=23,200円」

となります。印刷用紙代と電気代はリース契約のときと同じです。

プリンターを購入するとイニシャルコストがかかりますが、ランニングコストは比較的安く済むのが特徴となります。

レンタルプリンターの場合のランニングコスト

プリンターをレンタルする場合、ランニングコストに含まれるのは、

  • インク、トナー代
  • 印刷用紙代
  • 電気代

です。

月額料金をランニングコストに含めて計算する場合もありますが、厳密に言うとランニングコストに含まれる費用ではないので今回は省いています。

プリンターをレンタルした場合、インクとトナー代は月額料金に含まれていることが多いので0円です。そうなると印刷用紙代と電気代のみなので、3,000円+200円で3,200円がランニングコストとなります。

ランニングコストが安いのは「レンタルプリンター」

それぞれのランニングコストを比較すると、3,200円で済むレンタルプリンターが最も安いとわかります。ランニングコストは毎月かかるものなので、起業したばかりの会社や毎月の経費を削減したい会社にはレンタルがおすすめです。

ただし3年、5年と長い期間使うのなら、購入やリースのほうが安い場合もありますので、イニシャルコストも含めて比較してみてください。

まとめ

プリンターにかかるランニングコストは、レンタルだと印刷用紙代と電気代のみなので最も安いとわかりました。

これから会社を立ち上げる人や短期間利用したい人にとっては、レンタルプリンターが最も低コストなので、ぜひ利用を検討してみてください。

レンタル会社「プリント革命」なら7日間無料お試しができるので、一度利用してみたいと考えているならぜひ問い合わせしてみてくださいね。