スタートアップにリースではなくプリンターレンタルをおすすめする理由

近年は多くのサービスが登場し、人材の流動性が高まったことで、次々に新規事業を興すスタートアップが日本でも登場しています。

起業の際に必要となるのが、プリンターのようなオフィス機能の拡充です。今回はスタートアップにはリースのプリンターではなく、レンタルのプリンターをおすすめする理由についてご紹介します。

スタートアップは初期費用がかかる

スタートアップは花のあるプロジェクトの一つとして注目されており、毎年数々の新興企業が数億円規模の資金調達を受けて展開しています。

しかしこれだけの資金調達を必要としているのは、やはり運転資金の負担が非常に大きいことにあります。

注目度が低くても、開業には数百万円の資金が必要

そもそも会社の起業は、例え数億円の資金調達がないレベルの注目度であっても、非常に多くの資金を必要とする場合が一般的です。

例え10人以下の少人数で賄う小規模な起業であっても、開業資金として200万~500万円程度の予算を確保しなければならず、特に環境の整備が必要な初期費用は大きな割合を占めます。

参考:創業融資ガイド「起業に必要な資金はいくら?会社設立や事業の種類で見る開業費用の例」

起業に必要な資金はいくら?会社設立や事業の種類で見る開業費用の例

長期経営を実現するため、少しでも無駄なコストは減らすべき

そのため、例え銀行から数千万円の借り入れに成功しても、早期に事業を軌道に乗せられなければ、瞬く間に経営破綻に陥ってしまうケースも少なくありません。チャンスがあっても、体力がなければそのチャンスが来る前に倒れてしまうのです。

そのため、少しでもチャンスをモノにするためには長期的な経営体制を維持し、余計なコストの負担を抑える必要があります。プリンターのように、事務にかかる費用は真っ先に削減を検討したいところです。

プリンターのリース契約がおすすめできない理由

プリンターのリース契約は、多くの企業が採用している運用方針ですが、スタートアップにはお勧めできません。

長期契約が前提

その理由の一つが、リース契約は数年単位の長期契約が必要で、中途解約もできない点です。

リース契約は月々の負担や初期費用は安いものの、長期的に一定額の負担が発生するため、その必要がなくてもプリンター代を払い続けなければなりません。中途解約もできず、無駄な維持費の発生を誘発します。

コストは割高となる可能性も

リース契約は定額で利用できるため、負担が月によって大きくなる心配はありませんが、最終的なコストは割高になる可能性もあります。

リース契約には手数料や保険料もかかるため、結果的に経営を圧迫していたということに後から気づいてしまうのです。

毎月定額で使えるプリンターレンタルのメリット

一方、短期契約が可能なレンタルプリンターの場合、コスト面でのメリットが目立ちます。

1日単位の短期契約が可能

レンタルでプリンターを利用する場合は、リースとは違い短期契約が可能です。最短1日の利用からスタートできるため、必要な時に借りて、それ以外の時は返却するという使い方もできます。

印刷し放題でコストパフォーマンスも高い

また、プリント革命のレンタルプランでは、コピーも好きなだけ行えるという、定額プリントプランを採用しています。

紙代やインク代を気にすることなくプリンターを利用可能なため、気兼ねなく利用できるのも嬉しいところです。

おわりに

スタートアップは規模が小さいだけに、事業が軌道に乗るまでの出だしが肝心です。そのためには支出を最低限に抑えることが必要ですが、プリンターもレンタル利用にすることで、負担の圧迫を抑えることができるでしょう。