印刷頻度が高い人向けのプリンターの選び方

自由な働き方を標榜する働き方改革によって、テレワークが増加しています。
自宅をミニオフィス化するのに、まず必要なのはパソコンです。
それと共にプリンターのニーズも増えています。

今まで殆ど自宅で印刷する機会が無かったのに、テレワークになった途端に、印刷頻度が高くなった方も多いと思います。
年に数回しか使用しなかった時には、全く気にならなかった事でも、印刷頻度が高くなると多くの不満点が出てきます。

使用頻度によって、適切なプリンターは変わってきます。
印刷頻度が高い人のプリンター選びを解説します。

用紙カセットに入れられる最大枚数をチェック

印刷する枚数にもよりますが、印刷すればするほど用紙とインク・トナーは消耗します。
用紙を補給するタイミング頻度が、用紙カセットの最大枚数で変わってきます。

サイズの制約から小型のインクジェットプリンターを選択した場合、最大給紙枚数は50枚程度が一般的な枚数です。
同じ物を大量に印刷する場合、最大給紙枚数が大きければ放って置いても作業は進みますが、小さい場合は作業の途中で印刷は中断して、紙の補給を煩雑にする必要が出てきます。

同じ物の大量印刷でなくても、次々に印刷をこなす必要があれば、すぐに用紙切れを起こす事で効率が悪くなります。

本体のサイズは大きくなりますが、インクジェットプリンターなら200枚~300枚程度の最大給紙枚数を持つ機種がオススメです。
レーザープリンターは、サイズが大きくなる事も有って、最大給紙枚数は300枚~500枚程度が主流になっており、どれを選んでも問題ありません。

印刷の度にかかるファーストコピータイムをチェック

コピー機能やスキャナー機能・FAX機能が必要な方は、プリンター単独でなく複合機を選択すれば場所もとらずに、購入費用も多くの場合に抑えられます。

使いたい時に、素早い反応を見せてくれるプリンターは、頼もしい相棒になります。
その場合の指針になるのは、コピーなら「ファーストコピータイム」印刷では「ファーストプリントタイム」になります。
機器が立ち上がっている状態から、最初の一枚目が出てくる時間を表しています。

節電機能が働いて休止状態になっているプリンターが、復帰するのに必要な時間が「ウォームアップタイム」です。

この二つの時間が短いほど、意図を敏感に反応して作動する快適さに繋がります。
一般的にはインクジェットプリンターが速く、レーザープリンターは遅くなる傾向にあります。

レーザープリンターかビジネスインクジェットプリンターかを決めよう

印刷頻度が高いという事は、印刷枚数が多いという事です。
印刷枚数が多い場合には、家庭用のインクジェットプリンターは向いていません。

家庭用の一般的なインクジェットプリンターは、染料インクを使っています。
写真など繊細な表現をする事には向いていますが、印刷コストはどうしても高額になります。
水気にも弱く、長期保存する書類の印刷には向きません。
印刷されたばかりの用紙は、乾燥するまで一定の時間が必要になります。

置き場所や自宅の電気容量に制限が有る場合は、サイズが小さく電気使用量も少ない「ビジネスインクジェットプリンター」が最適です。
ビジネスインクジェットプリンターは、顔料インクを使用していることで、滲みが少なく読みやすい文字を印刷出来ます。
機種によっては、黒を「顔料インク」・カラーに「染料インク」を使うハイブリッドタイプもあり、一枚の書類の中に文章と写真が混在するプレゼン資料などの印刷に最適です。

印刷速度や機器の耐久性も、ビジネスインクジェットプリンターの方が家庭用のインクジェットプリンターより優れています。

印刷頻度が高く、モノクロ印刷だけで事が足りる場合は、モノクロレーザープリンターがオススメです。
レーザー方式でもモノクロなら、カラーレーザープリンターよりも機器サイズがコンパクトなります。
印刷スピードは早く、出力された印刷物のクオリティは、会社で印刷した書類と比べても遜色有りません。

フルカラーで大量印刷するなら、顔料インクを使う大容量タイプのビジネスインクジェットプリンターか、カラーレーザープリンターを選択すれば、消耗品の交換作業の頻度が大幅に軽減されます。

しかし、消耗品は自分で準備しておく必要があり、手配が遅れれば作業が止まってしまいます。
月に500枚以上のカラー印刷を行うなら、定額制レンタルプリンターをオススメします。

プリント革命なら、プリンターの初期費用が掛からない他、追加の消耗品インク・トナーがオンラインで無料オーダが可能で、直ぐに到着します。
印刷枚数が増えても、月額料金以外の追加費用も掛かりません。

ABOUTこの記事をかいた人

enblo

名古屋在住のIT・通信・格安SIMライターです。 プリンターはDOS時代のドットプリンターから使い始めて 初期のインクジェット、モノクロレーザープリンター カラーレーザープリンターを使ってきて モノクロ複合機を経てカラーデジタル複合機リースに到達。 業務用テキスタイル熱転写プリンター 業務用テキスタイルインクジェットプリンター見学に 国内・海外工場に何度も足を運ぶマニアで 日夜情報収集に励んでいます。