プリント革命は月間印刷枚数が最多!他社レンタルサービスよりも優れている

レンタルプリンターサービスが、企業や個人を問わず盛況です。
プリンターは、購入した方が安いと判断したユーザーが、印刷枚数が増えてくると消耗品の費用が高額になり、レンタルした方が効率良く安価に済む事が理由です。

レンタルプリンターサービスを提供する会社は何社か有りますが、その考え方やシステムは各社個性があります。

月間印刷枚数を比較する場合、実際にかかる費用とのバランスが大切です。
どれだけ印刷枚数が多いプランでも、費用が高額になれば最適な選択にはなりません。

月間印刷枚数を各社比較してみます。

そもそも月間印刷枚数とは

コンスタントに印刷しないユーザーには、レンタルプリンターのメリットは有りません。
年賀状の印刷以外には、殆ど利用しない方にはプリンターを購入した方が良いです。

一定数以上の多い枚数を印刷する、少なくとも月間数百枚程度以上は印刷するユーザーに、インク・トナーの消耗品を補充購入しなくても、決められた定額月額料金で済むレンタルプリンターのメリットが有ります。

レンタルプリンターサービスを行う各社とも、基本のシステムは一定枚数までは比較的安価な料金設定Aを行い、それ以上の印刷枚数の場合には通常料金になって、事実上の印刷枚数上限無しのBとするパターンが多くなっています。

この安価な料金Aの枚数設定が、各社の考え方を良く表しています。
この設定された月間印刷枚数が、ある意味では損益分岐点と言えます。ユーザーにとっておトクに使える目安になります。

一般的な他社の月間印刷枚数

レンタルプリンターを提供する各社の料金を、順番に見ていきましょう。
最も引き合いが多いと思われる、定番のA4サイズ複合機・で条件を揃えます。

スリホ

○初期費用
0円

○比較的安価な料金設定Aの月額費用
8,000円

○Aの規定枚数
2,000枚

○規定枚数を超えた場合の事実上無制限Bの月額費用
14,800円

ウルトラプリント

○初期費用
10,000円

○比較的安価な料金設定Aの月額費用
7,500円

○Aの規定枚数
1,000枚

○規定枚数を超えた場合の事実上無制限Bの月額費用
15,000円

プリント無制限

○初期費用
20,000円

○比較的安価な料金設定Aの月額費用
7,500円

○Aの規定枚数
1,500枚

○規定枚数を超えた場合の事実上無制限Bの月額費用
14,800円

プリント放題

○初期費用
0円

○比較的安価な料金設定Aの月額費用
9,500円

○Aの規定枚数
2,000枚

○規定枚数を超えた場合の事実上無制限Bの月額費用
14,000円

エコプリ

○初期費用
25,800円

○比較的安価な料金設定Aの月額費用
プラン設定無し

○Aの規定枚数
プラン設定無し

○事実上無制限Bの月額費用
19,800円

今回はシンプルに月額印刷枚数を比較する為に、敢えて触れませんが、最低契約期間が長いほど、貸し出す企業にとってはリスクが減るため、月額料金は安く設定することが可能になります。今回上記に挙げたサービスは1年間が最も多く、最長は2年のサービスもあります。(最短は1ヵ月ですが、別途初期費用が発生します)

別途初期費用を徴収すれば、月間印刷枚数に対して安価な料金を設定することも可能になります。ユーザーには解りにくい、以前の携帯電話の契約を思わせる、別途の費用を設けるサービスには注意が必要です。

各社上限無しと記述には有っても、貸し出す側の本音の思惑は違います。
たとえば、上記にある中のサービスで「使い放題プラン は、 月間印刷枚数1,000枚~5,000枚程度のお客様におすすめのプランです。」と、記述があります。

これは、現実的には枚数上限5,000枚程度であり、レンタルプリンターを利用するユーザーの月間印刷枚数は3,000枚程度と想定して、そのユーザーは事実上無制限Bのプランの月額料金を徴収しようという思惑が透けて見えます。

プリント革命の月間印刷枚数

同じ条件で、プリント革命も見ていきましょう。

プリント革命

○初期費用
0円

○比較的安価な料金設定Aの月額費用
5,000円

○Aの規定枚数
3,000枚

○規定枚数を超えた場合の事実上無制限Bの月額費用
8,000円

全ての項目で、前述他社を寄せ付けない圧巻の数字です。

費用の安さだけでなく、注目すべきは月間印刷枚数3,000枚です。

この損益分岐点の低さは、高品質な自社開発のインクを使用する事で、トラブル発生が少なく、ローコストで消耗品を供給出来る体制が整っている事で実現しています。

プリント革命は、規定枚数内なら月額レンタル料以外に費用は一切掛かりません。
最低利用期間は1ヵ月です。(その場合でも3ヵ月分の費用が掛かります。)

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

enblo

名古屋在住のIT・通信・格安SIMライターです。 プリンターはDOS時代のドットプリンターから使い始めて 初期のインクジェット、モノクロレーザープリンター カラーレーザープリンターを使ってきて モノクロ複合機を経てカラーデジタル複合機リースに到達。 業務用テキスタイル熱転写プリンター 業務用テキスタイルインクジェットプリンター見学に 国内・海外工場に何度も足を運ぶマニアで 日夜情報収集に励んでいます。