CADプリンターとは|用途、通常のプリンターとの違いなど徹底網羅

CADで作成した設計図面を印刷する際は、サイズが大きいため普通のプリンターは使えないことが多いでしょう。

そんなときに必要なのが「CADプリンター」です。CADプリンターはCADで作成した図面はもちろんのこと、販売促進に使用する大判の広告やポスターも印刷できます。

今回はCADプリンターとは何なのか、何に使うのか、購入時の注意点には何があるのかなどを詳しく説明しましょう。

CADプリンターとは

CADプリンターは普通のプリンターでは印刷できない、大判の用紙で印刷できるプリンターです。

普通のプリンターだとA3が一番大きい用紙サイズですが、CADプリンターはA2以上の用紙で印刷できます。

CADプリンターは大判プリンターと呼ばれることもあります。

CADプリンターの用途

CADプリンターはその名のとおり、CADで作成した図面を印刷する際に使うプリンターです。

しかし、「CADプリンター」という名称で売っているわけではなく、大判プリンターとの名称で売られているため、CADで作成した図面を印刷するため「だけ」のプリンターではありません。

そのため、図面だけでなく先程説明したように、販売促進用のポスターや広告なども印刷が可能です。

ただし、大判プリンターの中にCADで作成した図面を印刷するのに適した機種というのは存在しています。大判プリンターは機種ごとに得意不得が異なっており、色味やスピードはメーカーや機種によって差があります。

CADの図面を印刷する目的で導入するのなら、印刷したい図面に適しているか、印刷スピードは問題ないかをあらかじめ確認をしてから購入する必要があると覚えておきましょう。

CADプリンターを導入するにあたっての注意点

先程、CADプリンターを導入する際の注意点を簡単に説明しましたが、もう少し詳しく説明しておきましょう。

設置場所をよく考えること

CADプリンターはA2以上のサイズの用紙を使って印刷を行うため、プリンター本体のサイズが普通のプリンターよりも大きいのが特徴です。

一般的なスプリンターと同サイズ程度のつもりで購入してしまうと、いざオフィスに設置しようとしたら、サイズが大きくて置けないとの問題が発生する可能性は否定できません。

そのため、事前にCADプリンターのサイズを調べておき、オフィスに置けるかどうかをチェックしておきましょう。

設置可能なことを確認した上で、作業しやすい場所に置けるか、印刷に支障がない場所に置けるかどうかもあわせて確認してから導入を決めることをおすすめします。

予算も事前に確認しておく

CADプリンターはサイズが大きいだけでなく、価格も一般的なプリンターよりも高めの設定となっています。何色使って印刷するかによって価格に幅がありますが、安くても1台30万円、高いと100万円を超えます。

購入しに行ったはいいけれど予算オーバーで買えないといった問題が発生しないよう、CADプリンターの予算を明確にし、欲しい機種がだいたいいくらぐらいなのかも事前に調べておきましょう。

ちなみに、印刷スピードはハイスピードのほうがビジネス向きです。モノクロ印刷で問題ないなら使用する色の数は少なくても良いですが、カラー図面が必要なら色の数は多いほうが鮮やかに印刷できます。

単純に価格だけで決めるのではなく、どの機能を重視するのか、どのスペックなら快適に印刷できるのかを考えた上でCADプリンターを購入しましょう。

制作物のサイズに適しているか

CADプリンターを購入する前に、製作物のサイズに適しているかも確認しておかなければなりません。

たとえば縮小図面で問題なく、A3サイズで印刷すれば良いなら、わざわざCADプリンターを購入しなくても一般的な大型プリンターで事足ります。

A2サイズ、A1サイズで印刷する必要があるならCADプリンターが必要ですが、A0サイズ以上のものを原寸で印刷するなら、CADプリンターでも対応できない可能性もあるので注意が必要です。

製作物を印刷する場合の用紙サイズと、CADプリンターで印刷できる用紙サイズは必ず確認し、場合によっては普通のプリンターでまかなうことも視野にいれましょう。

CADプリンターのメリット

ではここから、CADプリンターならではのメリットをご紹介していきます。

大きな用紙で図面を印刷できる

原寸大がA2サイズの図面をA3サイズまでしか印刷できないプリンターで印刷しようとすると、図面を縮小して印刷しなければなりません。

複雑でない図面ならそれでも問題ないでしょうが、複雑な図面では見づらくなってしまいます。A3サイズを2枚使えば原寸大で印刷できますが、2枚の用紙をセロハンテープなどでくっつける手間がかかるでしょう。

その点、CADプリンターであれば縮小しなくてもA2サイズやA1サイズなど大きな用紙で印刷できます。

原寸大で印刷すれば図面が見づらいといった問題は起こらないでしょうし、2枚の用紙をくっつけて図面を見るという手間もかかりません。

図面が見やすく使いやすい

大判プリンターのうちCADの図面の印刷に特化したものを選べば、普通のプリンターより見やすい状態で図面が印刷できます。

図面は文字のみ、写真のみの印刷データより複雑なので、普通のプリンターでは文字が潰れて見にくい可能性があるのです。

小さな数字や図形がびっしりと書かれたような図面だと、文字一つ一つができる限りにじむことなくクリアに印刷されている必要があります。

大判プリンターの中でもCADの図面に適したものを選べば、どんな図面でも見やすく快適に印刷できるでしょう。

CADプリンターのデメリット

次に、CADプリンターのデメリットを見ていきます。

価格が高い

CADプリンターは高性能なものを選ぼうと思うと、100万円を超えるケースは少なくありません。普通のプリンターを同じ費用感で購入しようとすると、予算を大幅にオーバーしてしまいます。

CADの図面に適した大判プリンターを購入するなら、最低でも50万円、高いと100万円を超えることは考慮しておくべきでしょう。

プリンター本体のサイズが大きい

先程も説明したように、大きいサイズの用紙で印刷できるということは、プリンター本体のサイズも大きいということです。狭いオフィスでは、置き場所がないために導入したくてもできない場合もあります。

プリンターを置く場所はあっても、印刷された用紙が排出される場所が確保できない可能性もあるでしょう。

このようにCADプリンターは本体サイズが大きく、印刷時にも場所が必要なため、設置できる場所が限られてしまうのもデメリットの一つです。

まとめ

CADプリンターは大半プリンターの中でも、CADで作成した図面を印刷するのに適した機種のことを指します。

一般的にはCADプリンターという名称では売られていないため、大判プリンターと記載されたもので、CADの図面の印刷に特化したものを自分で選ぶ必要があると覚えておきましょう。

CADプリンターはA2以上の大きな用紙に印刷できる反面、本体サイズが大きく印刷時にも場所をとります。本体価格も高めに設定されているため、オフィスに置けるかどうか、予算内で購入できるかどうかを事前に確認しておいてください。

印刷物によっては一般的なプリンターでまかなえるケースもあるため、本当にCADプリンターが必要かどうかもよく検討してから導入することをおすすめします。