ビジネス=レーザープリンターはもう古い!用途にあったプリンターを選ぼう

ビジネス用のプリンターと言えば、一昔前までは「大型レーザー複合機」が主流でした。

しかし今では「ビジネスインクジェット複合機」が登場し、レーザーではなくインクジェットのほうを導入する企業が増えています。

大型レーザー複合機のほうが本体代が高いぶん高性能でビジネス向けな気がしますが、なぜ今ではビジネスインクジェット複合機を導入する企業が増えているのでしょうか?

その理由を順を追って見ていきましょう。

一昔前のオフィスでは大型レーザー複合機が主流だった

一昔前のオフィスでは、大型レーザー複合機をビジネス用に導入するのが主流でした。

レーザープリンターよりも1台あたりの費用が高いため、1ヶ月の支払い料金をおさえるためにリース契約を結び、契約期間を設定して利用していました。

大型レーザー複合機はトナーを使って印刷しますが、トナーはインクよりも取り扱いに注意点がいくつかあります。

たとえば、粉状なので傾けないよう水平に交換しなければならないこと、使用済みのものはゴミとして破棄でないことなどがインクとの違いです。

その反面、写真やカラーのプレゼン資料を普通紙に印刷しても画質が良いことなどのメリットもありました。

しかし実際には、メリットのために大型レーザー複合機を導入していたというより、インクジェットプリンターでビジネス用として手頃なものがなかったというのが導入理由かもしれません。

今日ではビジネスインクジェット複合機が登場

近年では、家庭用ではなく、ビジネスで使えるインクジェット複合機が登場しました。

プリンター本体の料金はレーザーよりインクジェットのほうが安価ですから、画質やスピードに問題ないと判断した企業はコスト削減のためにも、ビジネスインクジェット複合機を選ぶようになったのです。

しかし、「レーザー=オフィス用」「インクジェット=家庭用」とのイメージをお持ちの方は、本当にビジネスインクジェット複合機が、オフィスで使うのに問題がないのか疑問に思うかもしれません。

ビジネスインクジェット複合機の利点

ではここから、ビジネスインクジェット複合機のメリットを2つご紹介していきましょう。

高画質、高性能、高スピード

ビジネス用のインクジェット複合機は家庭用とは違い、大型レーザー複合機に匹敵する性能を持っています。高画質ですから、商品写真やカラーの会議資料、顧客向けの資料も問題なく印刷可能です。

スピードに関しては、モノクロ印刷のスピードが家庭用より早いのが特徴となります。

もちろん家庭用のモノクロ印刷がものすごく遅いというわけではありません。

しかし、早ければ早いほど業務効率はアップします。オフィスで印刷する資料の半分以上がモノクロですから、オフィスにとってモノクロ印刷が高スピードというのはメリットとして大きいはずです。

そのほか、大型レーザー複合機と比較して消費電力が低いのもメリットと言えるでしょう。

インクジェットプリンターの欠点を克服したビジネスインクジェットプリンター

ビジネスインクジェットプリンターは、家庭用のものをビジネス用に改良したものです。そのため、家庭用の欠点を克服した性能となっているのが特徴と言えます。

先程も説明したとおり、家庭用のインクジェットプリンターは、モノクロ・カラーともにハイスピードとまでは言えません。そのままのスピードだと、業務効率が重要なオフィスでは使い物にならないでしょう。

そのため、モノクロ・カラーともに高スピードで印刷できるよう改良しました。平均的な数字で見ると、家庭用はモノクロ印刷が1分に1枚印刷できます。ビジネスインクジェットプリンターは1分で24枚印刷できますから、その差は歴然でしょう。

また、印刷コストに関しても、家庭用のものより低コストになるよう改良されています。家庭用のインクジェットプリンターでは、カラー印刷1枚につき12円前後の費用がかかりますが、ビジネス用は約6円なので半分のコストです。

大型レーザープリンター1台は中型ビジネスインクジェット2台に替えよう

しかしながら、どんなときでもビジネスインクジェット複合機が大型レーザー複合機より優れているというわけではありません。

大量にモノクロ印刷を行うときは、さすがに大型レーザー複合機には勝てないのです。そうなると「やはりレーザー複合機のほうが安心できるのでは」と思うかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、中型のビジネスインクジェットプリンターを2台導入する方法です。おすすめする理由を2つご紹介しましょう。

理由①:値段はビジネスインクジェット2台の方が安い

どの大型レーザー複合機を導入するかによって1台あたりの値段は異なりますが、中にはビジネスインクジェット複合機の相場と変わらない40,000円前後で購入できるものもあります。

そうなるとやはりレーザー複合機を選んだほうが、業務に支障がでないのではと思うかもしれません。しかし、印刷コストはインクジェット複合機のほうが安いのです。

たとえば1ヶ月3,000枚印刷したとしましょう。この場合の印刷コストはインクジェット複合機で約4,500円、レーザー複合機で26,400円となります。どうでしょう、レーザー複合機のほうが、6倍以上も印刷コストが高いことがおわかりになるでしょうか。

もし、大量印刷する際の印刷スピードが気になるのなら、ビジネスインクジェット複合機を2台導入したほうが低コストで済みます。

本体代は2台で80,000円ほどかかりますが、印刷コストは3,000枚で月9,000円/2台。レーザー複合機を半年以上使う予定なら、ビジネスインクジェット複合機2代のほうが印刷コストが安く済みます。

理由②:故障時のリスクヘッジになる

大型レーザー複合機1台しかないと、故障した際に代わりに使えるプリンターがありません。直るまで、あるいは代替え機が届くまでは印刷できないため不便ですし、業務に支障が出ることは目に見えています。

そこでビジネスインクジェット複合機が2台あれば、故障していないほうを使えるのでリスクヘッジになりますよね。2台同時に壊れるということはまれでしょうから、2台あれば対応できると考えて良いです。

家庭で使うのなら、そこまで頻繁に使わないことが多いので壊れてもコンビニのコピー機などで対応できます。毎日印刷を行うオフィスでは対応できないため、ビジネスインクジェット複合機2台の導入がおすすめです。

理由③:2台あれば待たない、並ばない、混ざらない

ビジネスインクジェット複合機が2台あるとリスクヘッジになるだけでなく、他の人が使用していても待つ必要がありません。複合機の前に並んで待たずに済み、業務効率はレーザー複合機1台だけの場合より良くなるでしょう。

その他、複合機が1台しかないと、他の人の印刷物と混ざってしまうトラブルもありがちです。パソコンで印刷ボタンを押し、すっかり忘れてしばらく経ってから複合機のところへ行ったら、自分の印刷物がぐちゃぐちゃに置かれていた、なんて経験は少なくないでしょう。

ビジネスインクジェット複合機が2台あれば、利用者が分散されるので他の人の印刷物と混ざるトラブルも少なくなります。

まとめ

少し前まではオフィスと言えば大型レーザー複合機が主流でしたが、今ではビジネスインクジェット複合機を導入する企業が増えてきました。

2台導入したとしてもレーザー複合機より印刷コストは低いですから、ぜひこの機会に導入を検討してみてください。

プリント革命ではビジネスインクジェット複合機も多数取り揃えていますので、気になる機種があればお試し期間だけでも利用してみてはいかがでしょうか。