VPN接続をしてプリンターのセキュリティーを上げよう

VPNは社内と社外をセキュリティの高いネットワーク接続をするための方法です。このVPN接続は、プリンターだとどうなるのか気になるかもしれません。

今回はVPNとはいったいどのようなものなのか。そしてVPNを利用する際にプリンターにどのようなメリットがあるのかを解説していきましょう。

VPNとは

VPNとはバーチャルプライベートネットワーク(Virtual Private Network)の略で、日本語にすれば「仮想専用ネットワーク」という意味となります。

専用ネットワークとはインターネットなどの誰もが使える回線ではなく、独自の回線を使って接続するネットワークのことですが、遠く離れた場所でこの専用ネットワークを作るためには独自の回線を物理的に敷かなければなりません。

そうなるとそのコストは膨大なものとなり、現実的にはかなり難しくなります。

そこで汎用的なインターネット回線をヴァーチャル、つまり仮想化して専用回線のように使えるようにするのが、このVPNというわけです。

VPNの種類

VPNは大きく分けて二つの種類があります。

ひとつはインターネット回線を擬似的な専用回線として利用する方法。そしてもう一つがインターネット回線を使わずに閉じた回線を使って接続する方法です。

既存のインターネット回線を使う「インターネットVPN」

通常のVPNは既にインフラが確立している一般的なインターネット回線を使ってセキュリティの高いVPN接続をする、インターネットVPNと呼ばれる方式が使われています。

外部と社内を直接専用回線で繋ぐのではなくインターネット回線を使うため、コスト的にリーズナブルに抑えられ、通常VPNはこのインターネットVPNが使われています。

高額な回線を利用するIP-VPN

IP-VPNはみんなが使っているインターネット回線とは異なる、事業者が持っている「閉じた回線」を利用するVPNです。

閉じた回線を占有すればほかに情報が漏れにくくセキュリティは向上しますが、回線を占有するコストが高くなります。

プリンターをVPN接続することでの利点

では、VPNを使っている時にプリンターを使うメリットとは何があるのでしょうか。

外部からのネットワークプリントの情報漏洩が防げる

そもそもVPNとは社内ネットワークに外部から接続する際、一般のインターネットに情報が漏れないようなセキュアな通信をするための方法です。

プリンターを使う時にVPNが何に役立つかといえば、それは外部から社内ネットワークに接続してネットワークプリンターを使いたい時に、プリントの情報が外部に漏れにくくなるというのがメリットとなります。

なお勘違いされがちですが、同じ部屋などにある社内のプリンターに接続する場合は、このVPNは関係ありません。

特に外出先のフリーWi-Fiなどを利用する場合

プリントする場合に送られるのは原則的にプリントするためのデータですから、漏洩の心配はそこまで大きくないことがほとんどです。

しかし外出先から社内のネットワークに接続する時に気をつけたいのが、フリーWi-Fiを利用するシーンです。

フリーWi-Fiは情報をハックするのには使いやすい環境で、情報漏洩の危険が非常に高い仕組みと言えます。

そのようなフリーWi-FiでもVPNを使えば高い確率で情報漏洩を防止できます。

プリンターをVPN接続することでのデメリット

では一方、VPN接続する際になどのようなデメリットがあるのでしょうか。

VPNに関して詳しく理解していないと、VPN接続をするために社内で専門のスタッフがエンジニア的な知識で対応しないといけないと考えてしまうかもしれませんが、実はそんなことはありません。

VPNの中でも最もよく使われるインターネットVPNは、使用する回線が通常のインターネット回線となりますので、接続方法も一般のインターネット接続と大きく変わりません。

料金が格段に高くなる専用回線や通信業社の閉じた回線を使用するタイプのVPNの場合は、若干接続設定が変わる場合もありますが、いずれにせよ回線敷設の担当者はともかく、ネット接続するユーザーが専門的な知識を持つ必要はないと言って良いでしょう。

情報システムの専門知識が必要な場合がある

VPNは通常のインターネット接続とは異なり、VPN専用のネットワーク接続設定が必要です。

そのため、普段通りの設定しかわからないユーザーはVPNに接続する際に戸惑う場合もあり、そうなるとネットワークに接続できないため外出先からのプリントができなくなってしまうかもしれません。

VPNは情報システムの専門知識というほどの知識を必要というわけではありませんが、最低限外部からVPNで自社に接続するための設定程度は理解しておく必要はあるでしょう。

ただしネットワークの担当者などは情報システムの専門知識的なものを持っていないと、社内のスタッフに接続方法を指導できないということもあるかもしれません。

サーバーやIPアドレスの知識が必要?

VPN接続をするためには自社内にVPNサーバーと呼ばれるサーバーを設置します。

これは外部からの接続を制御するためのリモートアクセスサーバーで、社内と社外のネットワークを中継するためのものです。

しかしこのサーバーは原則的には社内で設置するものではなく、VPNを契約した回線業者が用意します。

そのため仮にVPN接続にする場合でも、ユーザーがサーバーに関する知識を持たなければならないというわけでもありません。

接続設定では一般的なインターネット接続の際に設定することもある「サーバー名」「IPアドレス」を入力しますが、こちらも一般的なインターネット接続の設定と大きく変わることもありません。

VPNでのインターネット接続の設定方法はVPNを提供する事業者からマニュアルなどが提供されます。

それに従って設定することになりますので、「サーバー」「IPアドレス」がそれぞれどのような役割を果たすかなどの専門的な知識は全く必要なく、そういうものを指定された通りに設定すれば良い、と理解しておけば問題ありません。

VPN採用接続にした場合プリンターが繋がらないことも

VPNにインターネット接続を変更した場合、プリンターの使用に際に気をつけなければいけないポイントがあります。

基本的にVPNに変更しても社内のネットワークは変更しないことが多いため、社内でプリンターを使用するための設定などは変更しなくても大丈夫です。

ただし社外から「リモート印刷」をする場合は、外部から社内へのインターネット接続がVPNに変更された場合、それまで使っていた設定とは異なる設定をしなければプリントできないということもあります。

そのため接続をVPNに変更した場合は、今一度プリンターの取扱説明書などをチェックして、接続方法を変更するなどの対処をしておきましょう。

自社だけでなく顧客のためにも導入がベター

もし社内や取引先との守秘義務があるデータの流出が気になるのであれば、インターネットからの情報流出を防げるVPNを利用しても良いでしょう。

プリンターだけに関して言えば、VPNを利用したことによって得られるメリットは限定的です。

外出先から社内のプリンターを使いたい時に、プリンターデータが外部に漏洩することが心配であるのならVPNが必要ですが、現実的には他のセキュリティのためにVPNを導入し、その結果としてプリンター出力する際のセキュリティーも高まるということになるでしょう。