インクジェットプリンターはレーザープリンターよりも優れている?コストを考えたプリンター選びをプロ目線で徹底比較します

家庭への普及率も高いためインクジェットプリンターはよく知られていると思います。
また、オフィスではレーザープリンターを使用している企業がほとんどだと思います。

一般的にレザープリンターは導入コストが高くて印刷スピードが早くランニングコストが安いものと導入している企業が多くありますが、その話はもう古いんです。
今では、実はインクジェットプリンターの性能は早さでもランニングコストでも本体価格でも優れているんです。
将来をみすえた設備投資のためにも、レーザープリンターとインクジェットプリンターの仕組みやコストの違いを確認してきっちりと比較してみましょう。

インクジェットとレーザーの特徴と違い

インクジェットという名前を聞いたことがあっても、仕組みまでは知らない人が多いのではないでしょうか。
インクジェットはものすごく単純な仕組みをしているので、実は簡単なんですよ。

インクジェットプリンターとは?

インクを細かな点々でプリント用紙に吹きつけているだけの簡単な仕組みがインクジェットです。
1点おもしろいポイントがあって、インクジェットでプリントアウトした写真を顕微鏡で拡大してみると、シアン、マゼンタ、イエローの3色の点々のみでできているのが見えるんです。
人間の目では色がついているように見えているのですが、実際は3色の点々の色の濃さだけで人に見える色を調整しているんです。

レーザープリンターとは?

少し複雑な仕組みをしているのですが、感光体と呼ばれるローラーが入っているのがレーザープリンタのポイントです。
感光体にレーザーで印刷したい内容を転写するので、トナー(インク)を感光体ローラーに一度つけてからプリント用紙に熱転写することで印刷しています。

プリンターの仕組みの違い

  • インクジェットプリンター:用紙に直接インクを飛ばして付着する。
  • レーザープリンター:感光体ローラーを利用し、感光体にレーザーでトナー(インク)を付着させてから用紙に転写する。

インクジェットとレーザーの性能とコストの比較

2020年の最新のプリンターを調査したカタログ値を基に記載をしています。
どちらもオフィスでの多用が可能なCanonのビジネスプリンターです。

性能とコストの比較

  インクジェットプリンター

EW-M973A3T

レーザープリンター

MF644Cdw

連続複写速度 24枚/分 21枚/分
ファーストコピー 6秒 11.4秒
本体代金 27,494円 47,000円
印刷コスト/1枚 カラー 約7.6円

モノクロ 約2.2円

カラー 約18.0円

モノクロ 約3.4円

消費電力 約27W 約870W

数値で比較すると本体価格も含めてすべての点でインクジェットプリンターのコストはレーザープリンターの技術を追い抜いていることが分かります。
特に熱を利用するレーザープリンターでは消費電力の差がおおきくあらわれます。

オフィスのプリンターを利用してプリント用紙がほかほかに温まっている経験はあるかと思います。
熱転写でプリントするレーザープリンターは電力消費も激しいのが難点です。
インクジェットプリンターでは電力消費も少なくすみます。

10年前では10~20円のコストだったカラープリントでさえも最新機種ではわずか7.6円までランニングコストは下がりました。
もう少し高級なプリンターであれば2~3円でカラープリントができる機種もあるほどに技術は進歩しています。

ランニングコストでもインクジェットプリンターが割安

レーザープリンターのランニングコストが優れていると言われていたのは一昔前の話です。

2018年にはエプソンがレーザープリンターから事業撤退しているとおり、ビジネス用のインクジェットプリンターの切り替えへ世の中は動き出しています。
仕組みが単純であるインクジェットプリンターは改良による効果が驚くほど期待できる製品で、印刷スピードでもコスト面でも今後の改良が期待されます。