インクジェットプリンターとは?そのメリットとデメリット

パソコンから印刷するのに使うプリンターは、一般的に使われている物で大きく2つのタイプがあります。インクジェットプリンターとレーザープリンターです。

それぞれの方式に、印刷機能のみに特化したプリンターとFAX・コピー機能などを備えた複合機があります。

プリントアウトされた結果に大差が無くても、それぞれ得手不得手があるのは確かです。
今回は、インクジェットプリンターを軸に検証します。

インクジェットプリンターとは?

インクジェットプリンターは、インクを直接印刷対象に吹き付けて印刷します。
何十色のカラーインクを使える機種もあり、相対的に色の再現性が高く色彩豊かです。写真の印刷に向いていて、家庭用のプリンターで多く使われています。

インクジェットプリンターの印刷工程を簡単に説明します。

産業用のインクジェットプリンターを除き、通常は色を付けたり印字するのに必要な量のインクを噴出させる「オンデマンド」という印刷方式が大半です。

プリントヘッドにインクが充填されます。
そのインクを放出させるために圧力をかけますが、その方法はメーカーにより大きく2つに分かれます。

  • 「ピエゾ方式」は、電圧が加わることで体積が変化するピエゾ素子を使って噴出させます。
  • 「サーマル方式」はヒーターで加熱して気泡を発生させることで噴出させます。

プリントヘッドには複数のインクノズルが作られていて、印刷される媒体をプリンターが縦方向への動かすのに連動して、左右に動いてインクを塗布します。

インクジェットプリンターは、上記の様な工程で行われます。

構造がシンプルなだけに、プリントヘッドの制御技術や画像処理など高い技術が必要になります。

インクジェット、レーザーとの違いとは?

簡単に二つの種類のプリンターを比較できるように表で解説します。

インクジェットプリンター レーザープリンター
家庭用に最適 ビジネス用途に最適
写真の鮮やかさならインクジェットプリンターです。
同じ原稿を大量にかつスピーディーに印刷するならレーザープリンター。
同一原稿を大量に印刷する用途に適していない 同一原稿を大量に印刷する用途に適している
一枚だけプリントアウトするなら、ウォームアップの必要の無いインクジェットプリンターの方が早い場合が多いです。
フチ無し印刷が出来ます フチ無し印刷は出来ません
導入コストも交換部品(消耗品)も安価 導入コストも交換部品(消耗品)も高価
インクジェットプリンターは消耗品が安いですが、交換頻度は高くなります。
レーザープリンターは消耗品が高額ですが、交換頻度が低く手間が掛かりません。
印刷する対象が幅広い 印刷できる用途が紙に限られる
インクジェットプリンターは、紙では無い光学ディスク等にも印刷できます。
レーザープリンターは再生紙を使っても滲みにくいです。
構造が単純 構造が複雑
軽量コンパクト 大きく重くなりがち
消耗品はインク 消耗品はトナーと感光体

インクジェットプリンターのメリット、デメリットとは?

印刷する仕組みが全く異なるインクジェットプリンターとレーザープリンターですが、お互いの弱点を克服すべく技術の進歩を遂げて、その差が少なくなっています。
それでも、向き不向きはあります。
インクジェットプリンターのメリットとデメリットを考えてみます。

インクジェットプリンターのメリット

ウォームアップが不要

インクジェットプリンターは直ぐに印刷にかかれますが、レーザープリンターではウォームアップの時間の時間が必要です。一枚だけ即座に出すならインクジェットプリンターにメリットがあります。

フチ無し印刷が可能

年賀状やカタログ等の全面印刷が必要な場合はインクジェットプリンターです。
レーザープリンターでは、その構造上フチがどうしても出来ます。

消耗品の価格が安い

導入コストも、消耗品コストもインクジェットプリンターは安価です。

消費電力が少ない

レーザープリンターと比較すれば消費電力が少なく、定着工程が無い為、印刷物は熱を持ちません。

紙以外にも印刷可能

印刷媒体が平坦である必要は無く、紙以外にも印刷が可能な機種もあります。

インクジェットプリンターのデメリット

印刷速度が遅い

インクジェットも昨今早くなってはいますが、トータルではレーザープリンターの方が早く、特に大量印刷ならレーザープリンターです。

インクが乾く時間が掛かることがある

インクジェットプリンターに適した印刷用紙でないと、滲みやすい事もあります。

メンテナンスが必要

未使用期間が長くなると、インク詰まりが発生する事があります。
クオリティを保つためには、定期的なヘッドクリーニングが必要です。

消耗品の交換頻度は高くなる

インクジェットプリンターで継続的に大量に印刷すると、ランニングコストは大きくなる可能性があります。一回の消耗品交換につき長持ちはしません。出力枚数が多くなる場合は、費用も手間もレーザープリンターにメリットが出てくる事が多いです。
また、再生インクなどサードパーティー製の消耗品を使用することで、大幅にコストが削減できます。

ABOUTこの記事をかいた人

enblo

名古屋在住のIT・通信・格安SIMライターです。 プリンターはDOS時代のドットプリンターから使い始めて 初期のインクジェット、モノクロレーザープリンター カラーレーザープリンターを使ってきて モノクロ複合機を経てカラーデジタル複合機リースに到達。 業務用テキスタイル熱転写プリンター 業務用テキスタイルインクジェットプリンター見学に 国内・海外工場に何度も足を運ぶマニアで 日夜情報収集に励んでいます。