コピー機、複合機の助成金。中小企業経営強化税制(経営力向上計画)

国(中小企業庁)は、中小企業をサポートする制度や政策を展開しています。
その中の一つに「中小企業経営強化税制」があります。

設備投資をする中小企業に対して、一定の条件を満たして申請することで優遇が受けられます。新しい機器で生産性を上げたくても、かかる費用の問題があって設備導入出来ない中小企業の前向きな姿勢の後押しをする税制です。

コピー機・複合機もその対象になります。具体的に見ていきましょう。

中小企業経営強化税制とは?

中小企業経営強化税制とは、平成29年に始まった中小企業等経営強化法の認定を受けた、経営力向上計画に基づいて新たな設備を収得して、指定された事業に利用する条件で即時償却または収得価格の最大10%税額控除の優遇が受けられます。

2020年12月10日に令和3年度税制改正大綱が公表され、2021年3月31日末までとなっている適用期限が2年間延長され2023年3月31日までになりました。
上記期間内に収得して使用することが定められています。
詳細は中小企業庁のホームページで確認してください。

対象になるコピー機・複合機は新品のみで、中古品は対象外になります。新品でも「生産性向上設備の要件」を満たすことを示す書類(メーカー側から出ます)が提出出来ない物は対象外です。書類については、購入対象の営業マンに相談すれば対象機種を提示してもらえますし、契約に至れば当然提出を要求できます。
最低価額は30万円以上が対象です。この金額は1台あたりで、5万円の機種を6台入れても対象外になります。

生産性向上が大前提になりますが、必ずしも最新型である必要は無く、現在使っている機種も申告内容には不要ですので、生産性向上を杓子定規に考える必要はありません。

併せて経営力向上計画の申請書を提出して承認されれば、優遇適用になります。
申請書は、最寄りの商工会議所・商工会・税理士さん等で支援が受けられます。

適用対象となる企業

適用対象となる企業は、税務申告で青色申告書を提出しているのが必須条件です。
また、対象は中小企業のため規模の制限があります。
資本金・出資金の額が1億円以下の法人、資本金や出資金が存在しない場合では常時雇用者数が1,000人以下の法人・個人事業・協同組合などです。

大規模法人(資本金1億円超過)の子会社等は対象外です。
指定事業に供する設備に限られます。

具体的な指定事業の内容は以下の通りです。
製造業、建設業、農業、林業、漁業、水産養殖業、鉱業、採石業、砂利採取業、卸売業、小売業、一般旅客自動車運送業、道路貨物運送業、倉庫業、港湾運送業、ガス業、料理店業その他の飲食店業(一定の類型を除き料亭、バー、キャバレー、ナイトクラブ、その他これらに類する事業を除きます。)、海洋運輸業及び沿海運輸業、内航船舶貸渡業、旅行業、こん包業、郵便業、損害保険代理業、情報通信業、駐車場業、学術研究、専門・技術サービス業、不動産業、物品賃貸業、広告業、宿泊業、洗濯・理容・美容・浴場業、その他の生活関連サービス業、医療、福祉業、社会保険・社会福祉・介護事業、教育、学習支援業、映画業、協同組合(他に分類されないもの)、他に分類されないサービス業(廃棄物処理業、自動車整備業、機械等修理業、職業紹介・労働者派遣業、その他の事業サービス業)

電気業、水道業、鉄道業、航空運輸業、銀行業、娯楽業(映画業を除く)等は対象になりません。

受けられる優遇内容

購入の場合の優遇は、即時償却(耐用年数に応じた減価償却の必要が無く、一括で全額経費として計上出来るので、利益を圧縮し支払い税額を圧縮する節税効果があります)または、拾得金額の10%税額控除のどちらかが選択出来ます。

リースの場合は、全額支払いするわけではないので、選択出来るのは税額控除のみです。
資本金3,000万円以上の企業の税額控除は7%で、それ以下の企業は10%です。

具体的な金額メリットをシミュレーションしてみます。
たとえば、125万円のコピー機・複合機の場合、中小企業の実効税率を34%と仮定します。

  • 即時償却の試算
    減税概算額は125万円×34%で、425,000円になります。
  • 税額控除
    資本金3,000万円超1億円以下の場合、税額控除は7%です。
    減税概算額は125万円×7%で、87,500円になります。

資本金3,000万円以下の場合、税額控除は10%です。
減税概算額は125万円×10%で、125,000円になります。

 

ABOUTこの記事をかいた人

enblo

名古屋在住のIT・通信・格安SIMライターです。 プリンターはDOS時代のドットプリンターから使い始めて 初期のインクジェット、モノクロレーザープリンター カラーレーザープリンターを使ってきて モノクロ複合機を経てカラーデジタル複合機リースに到達。 業務用テキスタイル熱転写プリンター 業務用テキスタイルインクジェットプリンター見学に 国内・海外工場に何度も足を運ぶマニアで 日夜情報収集に励んでいます。