家庭用プリンター・コピー機の廃棄方法と注意点!

家庭用プリンターやコピー機が壊れたとき、あるいは新しいものに買い替えるので古いものが不要になったときに、どう廃棄すれば良いのか悩む方は少なくありません。

廃棄方法を間違えると市区町村から苦情が来たり、大事なデータが外部へ流出する危険性があるので注意が必要です。

今回は家庭用プリンター・コピー機の廃棄方法と注意点をご紹介します。あわせて「ちょっとお得になる方法」も説明しますので、ぜひそちらも参考にしてください。

家庭用プリンター・コピー機は一般的には粗大ごみ扱い

家庭用プリンター・コピー機は一般的には粗大ゴミ扱いとなり、手数料を支払った上で回収の手続きを済ませておかないと破棄できません。

たとえば愛知県名古屋市の場合ですと、30cmを超える家庭用プリンター・コピー機は粗大ゴミとして破棄するルールになっています。

ただし、30cmを超えない場合は「不燃ゴミ」として破棄できますが、プリンターとしてはかなり小型ですから「一般的には粗大ゴミ」となるわけです。

家庭用プリンター・コピー機を粗大ゴミとして破棄するには、受付窓口に電話をして回収の申し込みを行い、コンビニなどで手数料納付券を購入した後、指定した日時に手数料納付券を貼り付けた家庭用プリンター・コピー機を指定収集場所に出すという流れとなります。

手数料納付券の価格は250円ですから、家庭用プリンター・コピー機を粗大ゴミとして破棄する場合は250円の費用が必要ということです。

家庭用プリンター・コピー機を廃棄するときはデータの処理に注意!

家庭用プリンター・コピー機を破棄するときに注意しなければならないのは「データの処理」です。

電源をOFFにしてコンセントを抜いただけで破棄すると、プリンター・コピー機の内部に入っているデータがそのまま残っています。

通常なら粗大ゴミの処理場へ行きますが、もしその前に何者かに盗まれてしまうと大事なデータが外部に漏れてしまう危険性があるのです。

プリンター・コピー機の中には他人の住所など個人情報が登録されている場合もありますから、必ず内部データを削除し、初期化を行ってから粗大ゴミとして処分してください。

データの削除・初期化の方法はプリンターの取り扱い説明書に記載されているので、そちらを参考にしましょう。

家庭用プリンター・コピー機を破棄するときはリサイクルショップを活用すればお得になるかも

小型の家庭用プリンター・コピー機であれば不燃ゴミとして破棄できる可能性がありますが、粗大ゴミとなると手数料が必要です。

そこでぜひ知っておいていただきたいのが、リサイクルショップの活用。リサイクルショップに不要になった家庭用プリンター・コピー機を持っていくと、状態が良ければ有料で買い取ってくれます。無料買取だったとしても粗大ゴミの手数料分浮きますからお得ですよね。

ちなみに、リサイクルショップによっては壊れていても「ジャンク品」として無料買取してくれる場合があります。

粗大ゴミとして出す前に、リサイクルショップで引き取ってもらえないか一度問い合わせてみると良いでしょう。

リサイクルショップを活用する場合も、データの削除と初期化が必要なのでその点は忘れないでください。

まとめ

家庭用プリンター・コピー機を破棄するときは、ゴミ置き場にポンと置いておくだけでは回収してもらえません。

一般的には粗大ゴミ扱いとなり、手続き方法は市区町村ごとに異なりますから、事前に調べておくことをおすすめします。

家庭用プリンター・コピー機はリサイクルショップで買取してもらえる場合もあるので、粗大ゴミの手数料を浮かせたい方は一度見積もってもらってはいかがでしょうか?