プリンターインクの目詰まり解消の仕方、ヘッドクリーニングのやり方を解説

忙しい時に限って起こりがちなプリンターインクの目詰まりですが、原因を把握しておけば、迅速な対応ができるようになります。

ヘッドクリーニングのやり方と合わせて、確認しておきましょう。

プリンターの目詰まりの原因

プリンターの目詰まりの原因には、いくつかの種類があります。一つずつチェックして、当てはまるものを見ておきましょう。

インクの水分が蒸発

プリンターが目詰まりを起こす原因として最もポピュラーなのが、プリンターヘッド部分の乾燥です。プリンターヘッドが乾燥すると、インクがノズルの部分で乾燥してしまい、正しくインクを紙に吹き付けることができなくなります。

ボールペンなどを使っていても、たまにボール部分の感想でインクが出なくなることがあります。プリンターヘッドの感想も、似たような症状と言えます。

ホコリの混入

プリンターヘッドのノズルにホコリが混入しても、目詰まりを起こしてしまいます。基本的にノズルの位置は常にホコリの侵入を許さない角度に保たれているのですが、何らかのトラブルの表紙にホコリが付着することがあります。

プリンターが紙詰まりを起こして機能を停止した時など、目詰まりを起こす前にプリンタにトラブルがなかったか、思い出してみましょう。

レーザープリンターで目詰まりを解決

あまりに頻繁に目詰まりが起きてしまう場合には、プリンターの寿命という可能性もあります。そんな時は、レーザープリンターへの買い替えも検討すると良いでしょう。

レーザープリンターはインクジェットプリントとは異なり、トナーを熱で紙に定着させる手法を採用しています。そのため、インクが目詰まりを起こしてしまうということは起こり得ないため、目詰まりの悩みからも解消されるでしょう。

くっきりとした表現力とスピーディな印刷も頼もしいので、業務用で活用する機会が多い場合にはありがたい製品です。

ヘッドクリーニングのやり方

目詰まりの発生は、ヘッドクリーニングを行うことで解消、および予防することができます。その方法について、確認しておきましょう。

PCからの操作が基本

ヘッドクリーニングの方法は、プリンターによって異なるものの、基本的にはPCからの操作で行うことができます。

プリンターにはヘッドクリーニング機能が標準装備されているので、デバイス関連の操作をメニュー画面から選ぶことで、手軽に行えます。

通常のクリーニングと強力なクリーニングの2種類を選ぶこともできるため、目詰まりの状態に合わせて使い分けましょう。

製品によってはプリンター本体から行える

また、プリンター本体にヘッドクリーニングのボタンなどが用意されている場合は、直接機器の操作で行うこともできます。

プリンターを確認し、クリーニングボタンがないか見ておきましょう。

ヘッドクリーニングの注意点

ヘッドクリーニングは定期的に行うべき作業ですが、注意点もあります。

手動での清掃は控えるのが吉

まず、基本的にヘッドクリーニングはあらかじめ搭載されている機能の範囲内で行いましょう。ウェブで検索すると、自らプリンターを分解し、手動でノズルを洗浄する方法などもありますが、やたらと行うと故障の要因となるため、お勧めしません。

どうしてもヘッドクリーニングに満足できない場合は、修理に出す必要があります。

洗浄用のカートリッジの用意を

ヘッドクリーニングは、その都度通常の印刷よりも大量のインクを消費します。インク代は決して安くなく、強力なクリーニングほど多くのインクを使用するため、頻繁に行うと負担が大きくなります。

クリーニングに際しては、洗浄用のカートリッジも存在します。こういった製品を活用し、効果的なヘッドクリーニングを行いましょう。

おわりに

ヘッドクリーニングは、目詰まりの解消には欠かせない機能です。目詰まりの原因を特定し、適切な方法でクリーニングを行いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

enblo

名古屋在住のIT・通信・格安SIMライターです。 プリンターはDOS時代のドットプリンターから使い始めて 初期のインクジェット、モノクロレーザープリンター カラーレーザープリンターを使ってきて モノクロ複合機を経てカラーデジタル複合機リースに到達。 業務用テキスタイル熱転写プリンター 業務用テキスタイルインクジェットプリンター見学に 国内・海外工場に何度も足を運ぶマニアで 日夜情報収集に励んでいます。