手や衣服にインクがついてしまったときの洗浄方法

プリンター(複合機)のインクを詰め替えているときに手や衣服にインクがついてしまった方のために洗浄方法を紹介します。
「プリンターのインクが服についてしまった!」と困っている方は参考にしてみてください。

プリンター(複合機)のインクは落ちづらい

プリンターのインクが手や衣服についてしまったときは非常に落ちづらいです。
プリンターのインクの種類には染料と顔料があります。プリンターインクでの染料インクと顔料インクにはそれぞれの特徴があります。
顔料インクは用紙にインクを染み込ませずに紙の上に付着させて印刷します。塗料の粒子が水に溶け切っていないため染料インクとは違い文字や色をくっきりと表現することができます。
染み込ませないという性質状手や衣服についても洗えばある程度落ちます。
一方染料インクは印刷する際に印刷用紙にインクを浸透させることにより発色させています。
染料インクは名の通り染み込むという性質があり、衣服につくとやっかいです。

手にインクがついたときの洗浄補法

手にインクがついたときの洗浄方法を紹介します。
染料インク、顔料インクともに手についた場合は、すぐにハンドソープをつけお湯で手洗いすればほとんど落ちます。
またスポンジなどでこするとさらに落ちます。爪の間などに少し色が残りますが、人の手には油分があるため皮膚内から少しずつインクが押し出され数日中に自然と色が抜け落ちます。
重曹や除光液などを使い洗っても皮膚を傷めるだけなので止めておきましょう。
裏技としては、シャンプーがおすすめのようです。洗浄力の強いシャンプーだと落ちやすいとのことなので、どうしても気になる方はシャンプーで手を洗ってみましょう。
洗った後は手が荒れないように保湿クリームなど手のケアを忘れないようにしましょう。
※漂白剤で手を洗っても洗浄力はハンドソープと変わりませんので絶対に漂白剤で手を洗わないようにしましょう。

衣服にインクがついたときの洗浄補法

衣服にプリンターのインクが付いてしまった時は時間との勝負になります。すぐにインクを吸い取り、洗う必要があります。染み抜きのやり方と同じです。

  1. インクがついた部分の下に使わない布やタオルを敷き、インク部分に洗濯洗剤を少量つけます。洗剤を付けた部分を別の布やタオルでたたき、敷いた布やタオルに色を移していきます。洗濯洗剤以外では消毒用アルコールで代用することも可能です。
    ※色が戻らないように移す布やタオルの位置は何度か変えましょう。
  2. ある程度色が移ったら水やお湯で手洗いしましょう。強く洗いすぎると衣服を傷めます。
  3. 酸素系漂白剤で5~10分ほどつけます。

ここまででほとんど色が落ちていると思いますが、染料インクの性質上服の中まで染み込んでいる場合があります。その際は塩素系漂白を直接吹きかけ洗濯すれば落ちます。
市販で売っている染み抜き商品を使ってもよいでしょう。注意点としては、漂白剤を使うので本来の衣服の色まで落ちてしまう可能性がありますので注意が必要です。
大切な衣服の場合は自分で行わずクリーニングに出しましょう。

まとめ

今回は手や衣服にインクがついてしまった場合の洗浄方法について紹介しました。
手にインクがついた場合は自然に色が落ちていきますが、衣服についたインクは非常に落ちにくいです。
プリンターのインクの交換は慎重におこないましょう。
衣服にインクが付かないようにビニール手袋、ビニールエプロンを使用すると安心です。