プリンターで「純正品ではありません。」と表示されるときの原因と対策

プリンターを利用していると、しばしば「純正品ではありません。」という表示が現れます。突然の警告に驚く人がいるかと思いますが、実はそこまで警戒する必要はありません。

「純正品ではありません。」の警告が出た際の対処法について、ご紹介していきます。

「純正品ではありません。」と表示される原因

そもそも、このような表示がPCやプリンターに出現する理由はどこにあるのでしょうか。

純正のインクを使用していないため

純正品ではありません。という警告は、その通りメーカーの純正ではないインクを使用した時に現れる表示です。

メーカーはプリンターの販売に合わせて純正インクも行なっているのですが、これらとは異なる非純正のインクを使うことで、こういった表示が現れます。

純正かどうかはICチップで把握している

インクが純正であるかどうかはプリンター内部のコンピューターが把握しているのですが、決め手となるのがICチップの存在です。

純正のインクには、それのIDとなるICチップが埋め込まれています。ここにはそのインクが純正であることを示すデータが刻まれていますが、非純正のものにはICチップが搭載されていません。

その結果、プリンターはこのインクが純正ではないと検出し、あのような警告を表示するのです。

「純正品ではありません。」と表示された時の対処法

次に、プリンターから純正ではないという警告が表示された時の対処法について、見ていきましょう。

互換性のあるインクであれば心配の必要なし

結論から言うと、例え純正品ではないという警告が表示されても、プリンタ本体が問題なく動くようであれば特段機にする必要はありません。

表示がいささか大げさであるため、初めて表示された人にはショックかもしれませんが、プリントアウトのパフォーマンスには影響しないため、気にすることはないでしょう。

逆に、この警告が表示されながらプリンターに不具合が起きている場合には、別の箇所にトラブルが発生している可能性もあります。他にチェック項目がないか、確認しましょう。

どうしても気になる場合は純正インクの利用を

非純正のインクを使用していると、毎回警告が出てきてしまうので、非常に煩わしい思いをするかもしれません。どうしても警告表示が気になる場合には、大人しく純正インクの利用をおすすめします。

<h2>「純正品ではありません。」の表示はあくまでも純正利用を促す対策

インクが純正ではないことを示す警告は、様々なメーカーのプリンターで表示されるポピュラーなものです。

プリンターメーカーはインク代が売り上げの基本

このような警告を表示する理由として、メーカーの売り上げを落とさせないためという思惑があります。

プリンターメーカーはあくまでもプリンターではなくインクでの売り上げ確保を想定したビジネスモデルであるため、純正インクが売れなければ利益を確保できません。

そのため、多少大げさにでも非純正インクの使用を咎め、ユーザーに純正インクの使用を推奨しているのです。

非純正のインクの利用で消費者に大きなデメリットはない

ただ、例え非純正のインクを使用していても、互換性がありパフォーマンスに問題がなければ、消費者は特段デメリットを受ける心配はありません。

もちろん粗悪品のインクを使って故障すれば、カスタマーサポートを受けるのが難しくなってしまうものの、毎日の利用となればインク代も侮れません。

非純正インクは価格が安いので、大量の印刷が必要な人にとっては頼れる製品です。

おわりに

純正品の利用を促す警告は煩わしいものですが、実害はなく、無視しておいても構わない表示です。

過度な心配はせず、引き続きプリンタを利用すると良いでしょう。