保守について「オフィ助」と「プリント革命」を比較します

オフィスにある大型複合機コピー機の多くはリース契約で、カウンター料金保守サービスを利用するケースが圧倒的に多くなっています。

カウンター料金保守サービスは、消耗品のインクやトナーの補充からメンテナンスに加え、トラブル時の対応もしてもらえます。カウンター料金を支払ってでも、「手間いらず」にコピー機・プリンターを使える事が選ばれる理由です。

サブプリンターを導入する場合にも、同様のサービスに近い「手間いらず」を当然求めたい企業のニーズに、レンタルプリンターサービスは最適です。

レンタルプリンターサービスの保守について、「オフィ助」と「プリント革命」を比較しながら解説いたします。

一般的な保守サポート

リースの場合

リース契約をしている大型複合機コピー機の多くは、カウンター料金保守サービスを利用しています。モノクロ・カラー別に1枚あたりの締結した単価設定に沿って、リース料とは別にカウンター料金を支払います。

カウンター料金保守サービス契約期間中の使用者は、煩わしい管理から全て開放されます。
印刷する度に減っていくトナーの消費のチェック・トナーが切れるのに備えて予備を手配購入・汚れや微調整などのメンテナンス作業・トラブル時の対応等、全て新たな費用が発生する事無く、サービスが受けられます。

購入した場合

機器を購入すれば、すべての管理を行わなくてはなりません。
日々消耗するインクやトナーの量を管理し、適正な在庫を揃えておく必要があります。

トラブル時の対応は、購入してから1年以内の保証期間はメーカーに対応してもらえますが、メーカーに故障した機器を送って修理を依頼する場合、多くの場合に代替機は期待出来ません。

消耗品が切れて在庫が無い場合や、トラブル発生時には業務効率を著しく阻害する恐れがあります。

通常時のサポート

プリンターのレンタルサービスを利用した場合の保守について、見ていきましょう。

機器トラブルが発生していない時のサポートは、消耗品の補充です。

オフィ助

オフィ助が行うレンタルプリンターサービス「エコプリ」は、ビジネスインクジェットプリンターをA4サイズ対応・A3サイズ対応の2機種を用意しています。

レンタルサービス契約者は、存分にプリントを行う中で消耗していくインクが切れる前に、「電話」「メール」「FAX」のいずれかの方法でインクを注文します。

平日であれば、当日の14:00までの注文は翌営業日に届きます。

プリント革命

プリント革命では、ビジネスインクジェットプリンターの他に、レーザー方式の複合機プリンターまで用意しています。

契約者様マイページからインク・トナーの数量を入力するだけで、簡単に追加注文をすることができます。

平日であれば、当日の12:00までの注文は最短翌日に届きます。

 

レンタルプリンターサービスを利用する事で、インク・トナーの補充手配の手間暇が大幅に削減され、カウンター料金保守サービスに近いサービスを享受出来る事が、オフィス導入に選ばれる大きな理由の一つです。

トラブル時のサポート

オフィ助

オフィ助が提供するレンタルプリンターサービス「エコプリ」では、センドバック保守が付いています。

トラブル時には電話で遠隔サポートが受けられ、駄目な場合は機種の取り替えに応じています。

プリント革命

レンタルプリンター専業ならではの、積み重ねてきたノウハウが豊富にあります。

トラブル解決にあたる専門スタッフに情報は広く共有されていて、電話サポートによる解決率は9割以上に上ります。
よくある質問でも、プリンター複合機のトラブルについて対処方法を提示しています。

万が一解決出来ない場合(機器故障等)では、正常に作動する代替品を無料で即手配します。

保守費用は、月額レンタル用に含まれているので、トラブル時に別途費用は掛かりません。

有償になりますが希望される方には、サポートスタッフの出張サービスも行っています。

まとめ

オフィスの業務効率を上げるのに、レンタルプリンターサービスがお役に立ちます。

インクやトナーの消耗に対する対応・トラブル時の対応などの手間が購入時に比べて大幅に削減出来て、カウンター料金保守サービスに近い「手間いらず」でプリンターを使用する事が出来ます。

保守サービスのクオリティで、レンタルプリンターサービスを選ぶなら、プリント革命がお勧めです。

今すぐだせる!
30秒でカンタンに無料お見積り!

プリンター/複合機を入れ替えることはコストの見直しの第一歩です。

ご担当者様情報とご希望のプランを選択するだけですぐにお見積りをメールでお送りします。

ABOUTこの記事をかいた人

enblo

名古屋在住のIT・通信・格安SIMライターです。 プリンターはDOS時代のドットプリンターから使い始めて 初期のインクジェット、モノクロレーザープリンター カラーレーザープリンターを使ってきて モノクロ複合機を経てカラーデジタル複合機リースに到達。 業務用テキスタイル熱転写プリンター 業務用テキスタイルインクジェットプリンター見学に 国内・海外工場に何度も足を運ぶマニアで 日夜情報収集に励んでいます。